MBTI

【MBTIタイプ別】ベストな励ましの方法【NT & NFタイプ編】

もし友人が落ち込んでいる時には、どのように励ませばよいのでしょう?慰めるなどの、情緒的な対応でしょうか。それとも、共に困難を打開するための作戦を練ることでしょうか。

パーソナリティタイプによって、励ますための方法は異なります。対応を間違えてしまえば不信感を買ってしまったり、誤解から相手を傷付けてしまうことにつながってしまうでしょう。いざという時に適切なサポートを出来るように、パーソナリティタイプ別のベストな対応をチェックしてください!

ENFPを励ます場合

落ち込んでいるときのENFPは、普段ならば携えているはずの熱狂性を失ってしまいます。落ち込んでいるときの彼らは可能性や希望を探求することを放棄し、将来には何一つ希望が無いと嘆き、全てのアイディアは無意味だと感じ、計画は何もかもが失敗して、頓挫すると考えてしまうようになるのです。

そんなときのENFPにすべきなのは、彼らが挙げた過去の業績を褒めること。そして「今までも上手くいってきた、今回だって大丈夫だよ!」と励ますことです。その後は彼らに、思考と感情を整理するための時間を与えるようにしましょう。

ENTPを励ます場合

ENTPはストレスがかかったり落ち込んだりすると、社会的にも物理的にも、引きこもりがちになる傾向があります。彼らは、彼らが持つ革新的なセンスやクリエイティブさが活かせない環境に自身が置かれていると感じたとき、彼らは自分自身で想像力と創造性を抑えてしまうのです。

この状況に陥ったENTPに行うべき最善の方法は一つだけ。ENTPを一人にさせ、思考を整理するための時間を与えましょう。これはもしかすると、励ましのようには見えないでしょう。けれども嘘を見抜くことが得意なENTPに上辺だけの慰めの言葉を与えることは、逆に彼らの状態を悪化させることに繋がります。

INFPを励ます場合

落ち込んだ時のINFPはどこまでも陰鬱な気分に陥り、引きこもりがちになる傾向があります。そんな彼らは、自分の身に降りかかっている状況を感情的に処理するために、一人きりになれるスペースと時間をしばしば必要とします。

なので落ち込んでいるINFPには、前向きになるよう促したりすることは避けましょう。しかし一方でINFPは、黙って話を聞いてくれる友人を求めているふしもあります。一人きりにすることもINFPには有効ですが、甘いお菓子をつまみながらINFPの愚痴を聞くことも、INFPを落ち着かせる方法として有効です。

INTPを励ます場合

周囲の人々に対する幻滅に苛まれているINTPは、一人になれる空間と時間だけを必要とします。落ち込んで混乱している時の彼らは、慰めも励ましも求めていませんし、とにかく誰とも関わりたくないのです。この状況下にあるINTPは感情の嵐の中にいるようなものであり、その嵐の中に更なる感情を持ちこむ他者は煩わしくてたまらないのです。

しかし、INTPに対して人々ができる最大限のことがひとつあります。それは単に、「あなたの考えは一理あると思うし、あなたの意図は理解している」とINTPに伝えることです。

ENFJを励ます場合

ENFJが苦労に見舞われているとき、または慢性的なストレスにさらされているとき、ENFJは孤立する可能性があります。彼らは特に自己批判的な傾向の持ち主であり、彼らは問題に遭遇するとなにかと自分自身を責めがちです。そして解決策を見出そうとするあまりに、細部にばかりこだわり、その結果としてより神経質になってしまったりすることもあります。

ENFJがこの段階にいるときは、ENFJに普段通り寄り添うようにしましょう。しかしENFJに対して、解決策を提供しないことが重要です(新たな解決策の案を与えると、ENFJは考え込んでしまい、それにより気分が悪くなります)。

ENTJを励ます場合

ENTJは落胆すると、人々から離れて孤立する傾向があります。彼らは仕事の遂行に執着するようになりますが、ストレスが多いほど、精神的に忙しなくなります。多くの場合、彼らは感情のコントロールを失い、無力感やいらいらを感じるでしょう。そんな時に彼らが一番望んでいないのは、「今はどんな気分ですか?」などと気持ちを尋ねたり、「落ち込まないで、前向きになろう?」と悪意なく苦しめたりする人です。そのような対応に見舞われた時、ENTJはストレスから怒りを覚えるでしょう。

彼らは冷静さを取り戻すため、一人になれるスペースと時間を必要とします。ただしこれは、落胆しているENTJに対して他者は何も打つ手がない、という意味ではありません。ENTJが物事を整理している間にあなたは、あなたが出来る最低限の手助けを静かに行ってください。

INFJを励ます場合

INFJは人々に落胆したり、極度のストレスを感じたりすると、対人関係を避けるようになります。この段階にいるINFJは非常に繊細で、他者の感情に飲み込まれることが多く、小さなノイズの音にさえも悲鳴を上げたくなるでしょう。そんな状態にあるINFJには、批判しないことが重要です。INFJはすでに、自身を批判している可能性が高いからです。

混乱してるINFJには思考整理するために、一人になれるスペースと静けさを与えてください。そうして暫く時間が経ってから、INFJに対して話しをしたいかどうかを尋ねるようにしましょう。話を聞く際には聴くことに専念し、判断や忠告をすることは避けましょう。彼らの話に共感を示すことは非常に有効です。

INTJを励ます場合

過度にストレスを受けているINTJは「他者を自分の世界から隔離し、未来と可能性が渦巻く自分の世界に籠る」か「自分に甘くなって他者に厳しくなり、衝動的にスリルを追い求める行動をとる」という2つの方法のいずれかを起こします。

INTJがこの状態にある場合、彼らには一人になれるスペースを与えることが重要です。彼らには感情を整理し、彼らの内側でうごめく思考の渦を落ち着かせるためにも、少しのあいだ人々から離れる必要があるのです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。