MBTI

【MBTIタイプ別】どんな母親になるのか?【SJタイプ編】

パーソナリティタイプが、育児のスタイルにどのような影響を及ぼすのか。あなたは疑問に思ったことはありますか?

世間には今も多くの育児書があり、そして最近は育児に悩むママさんが集うSNSなどがありますが。まだどこかに「夫にも子供たちにも献身的である母親像」を理想象とする雰囲気が蔓延っていて、それを理想的だとは思わない人々を疎外する空気があったりします。

例えば、タイプコードに「I」を持つ内向的な性格のママさんは、午後のママ友会に内心は「面倒くさいなぁ……」と感じているかもしれませんし。タイプコードに「N」を持つ直感的なママさんは、自分独自のやり方を貫きたいのに、周囲にあーだこーだと文句を言われて、苦労していることがあるかもしれません。

それでは、それぞれのタイプはどのようなママさんになるのでしょうか? チェックしてください!

免責事項:
この記事では、精神状態が安定していることを前提にして、解説しています。過度なストレスがかかっている等が原因にあり、メンタルヘルスに不調をきたしている場合は、想定していません。また、すべての人が今回の説明に100%当てはまるわけではありませんので、ご留意ください。

SJタイプの場合

SJタイプに見られる一般的な特徴は、以下の通りです。

  • ルーティーンやルールを設定することを好む
  • 家族に対して誠実に尽くす
  • 責任感があり、信頼できる
  • 屋台骨のような役割を果すことが多い

ISTJ – 厳格な母親

ISTJをパーソナリティタイプとして保有するママさんは、子供たちへの愛を、安定した日常と安全な環境を作り出すことで、示そうとします。

彼女たちは計画性が高く、それは子供のライフプラン設計においても同様です。子供たちの人生が決してコントロール不能にならないようにするため、彼女たちは日頃からよく気を付けているでしょう。

子供たちがトラブルに見舞われないようにするために、彼女たちは子供たちを厳しく躾け、宿題をちゃんと行うよう促し、勉強に励むよう檄を飛ばし、良い大学に進学するよう忠告します。簡単にいうと「口うるさい」傾向のある彼女たちは、子供たちから厳しい母親と思われがちでしょうが、これらは全て愛ゆえの行動なのです。

また彼女たちは、いずれ大人へとなる子供たちが道を誤らないように、常に正しくあれと説き、教えます。他者を尊敬し、一生懸命に働き、誠実な市民であってほしいと、ISTJのママさんは子供たちに強く願うでしょう。

そんなISTJのママさんは、子供たちが起こす気まぐれに振り回されたときに、ひどく混乱するでしょう。癇癪を起こして泣いて駄々をこねる声に、おもちゃが散らかった部屋……無秩序さは、彼女たちが最も嫌うものです。

なので無秩序な子供たちに秩序を与えるべく、彼女たちは駄々をこねる子供たちにルールの大切さを懇々と説き、ルールに従うよう強く求めるでしょう。

2歳前後にあらわれるイヤイヤ期や、思春期にあらわれる反抗的な態度は、どんな親御さんでも苦労するものですが。ISTJのママさんは、特に苦痛を感じてしまうかもしれません。

ISFJ – 穏やかな母親

ISFJをパーソナリティタイプとして保有するママさんは、言葉や体を巧みに活用して、子供たちに愛を示すことに長けています。

ISFJは一言で言うなら、思いやりに溢れた優しい母親でしょう。子供たちを両腕で包み、子供たちの考えや感情に耳を傾け、絵本を読み聞かせる時間を愛するのが、ISFJのママさんです。

そしてISTJのママさんほどではないものの、こちらも最低限の躾けは徹底し、そして日常の中にはルールを設定します。何時に起きて、何時に朝食を食べて……とスケジュール通りに日常を動かすことを好みます。

躾けに関しては、箸の綺麗な持ち方を根気強く教えたり、公共の場では静かにするよう注意したり、嘘は吐いてはいけないと、本当に必要なものに絞って行うでしょう。代わりにISFJのママさんは自分を律し、子供たちにとっての良いお手本となれるよう努めます。

ただしISFJのママさんは優しいがゆえに、叱りつけることを苦手としています。子供の感情を害することに対して苦痛を感じるため、子供たちが間違ったことをしているならば正さなければならないと分かってはいても、なかなか声を荒らげることができません。

特に、子供たちが思春期を迎えた頃には、「現実を見なさい!」等と思うように叱ることはできず、親としての葛藤が増えるでしょう。

そんな彼女たちは与えた愛に、同じぐらいの愛や感謝を返してもらうことにより、安心感を覚えます。もし仮に家族が、ISFJのママさんの思いやりや、世話と努力を認めてくれない場合、彼女たちは非常に落ち込み、孤立感を味わうでしょう。

そしてISFJのママさんは、かなり心配性です。特に子供たちが小さいうちは、子供たちの安全面において気が気でないでしょう。GPSや通報機能のついた子供用の携帯電話やスマートフォンアプリなどを、積極的に活用してみると、少しは気が楽になるでしょう。

ESTJ – 教育熱心な母親

ESTJをパーソナリティタイプとして保有するママさんは、精力的に子供たちを連れて外へと出かけ、子供たちにもコミュニティに参加するよう促し、子供たちに責任感を芽生えさせ、連帯の必要性を教えます。これがESTJのママさんなりの愛のカタチです。

彼女たちは自分の子供を、社交的で、責任感があって、チームワークに慣れた、優秀な人物に育てたいと考えています。親が子供たちに何を期待しているのかを、ESTJのママさんは子供たちが幼いうちからよく言い聞かせているでしょう。

彼女たちは、スパルタ的な英才教育を行う教育ママになる傾向があります。日常の中には厳格なルールを設定しますし、躾けもキッチリと行い、世に出しても恥ずかしくない人物に子供を育て上げるために、マナーも徹底的に仕込むでしょう。また彼女たちは、子供を習い事に通わせることに積極的です。

彼女たちは教育熱心で厳格な母親でありますが、愛を忘れることはありません。そもそも教育熱心な姿勢は、子供たちへの愛から来るものなのですから。子供たちが将来、規律のある勤勉な人物となり、充実した生活が送れるようにするため、彼女たちは子供たちに使いこなすべき道具を教え、必要となるスキルを授けているのです。

またESTJのママさんは感情に流されることはあまりなく、常に冷静です。もしも子供たちがママさんに助言を求めてきた際には、彼女たちは常識的な答えを真っ直ぐ返すことができます。

そんなESTJのママさんは論理的で合理的であることが多く、まだ論理的な思考が発達していない子供には戸惑うことがあるでしょう。特に、ESTJのママさんは将来のことを思い、子供を習い事に通わせますが、しかし子供の判断基準といえば「楽しいから続けたい」か「楽しくないから、やりたくない」というのが普通。習い事はイヤ、と子供に泣かれてしまった時には、ESTJのママさんは取り乱してしまうかもしれません。

また子供の性格が、理屈や合理性よりも、感情や直感を重視するタイプであった場合、親子関係がギクシャクしてしまう傾向にあるようです。その場合は、子供自身の願望を尊重することと、期待と現実の折り合いの付け方を、ママさんが学んでいく必要があるでしょう。

ESFJ – 献身的な母親

ESFJをパーソナリティタイプとして保有するママさんは、変わらぬ愛情と温かさ、そして一貫した献身を与えることで、子供たちへ愛を示します。

ESFJのママさんを簡潔に言い表すなら「温厚でタフ」となるでしょう。彼女たちは基本的に子供と関わることが大好きですし、ちょっとのことでは動じない寛容さも兼ね揃えています。なので、何かと危なっかしかったり、イヤイヤが次から次へと飛び出てくるような幼児期を、最もタフに乗り越えられるのが、ESFJのママさんたちなのです。

彼女たちは、明るく穏やかで、心優しく、誰の目から見ても「愛情深い」と映るような母親です。自分の子供は勿論、他の家の子供たちにも優しく接しますし、他の母親たちとも穏やかな会話を楽しむことができます。

また彼女たちは、子供たちには社会の一員であるという自覚を持ってほしいと考えています。なので、子供たちを色々なところに連れ出しては、公園で同世代の他の子供たちと遊ばせたり、お祭りやワークショップといったイベントに参加させたりして、他者と関わる機会を積極的に設けていくでしょう。ただし子供が内向的な性格である場合、これは却って悪影響を及ぼすことがあるので、外で遊ぶ時間と家で過ごす時間のバランスをとる必要があります。

ESFJのママさんは、子供たちがより多くの友人を持つことを奨励します。ただし「悪い友達」を持つことは良しとしないため、子供たちが思春期に差し掛かったあたりで、子供の友人関係についてアレコレと口を出すようになっていくかもしれません。

そしてESTJのママさんは子供の躾けに関して、必要最低限のことを行います。多くのことを暖かく受け入れる彼女たちですが、社会常識とモラル、マナー、そして法律は守るようにと子供たちには教えるでしょう。

そんな彼女たちは時として、過保護になってしまうことがあります。小学校中学年ぐらいから、子供には少しずつ選択権を与えて、自分で自分のことを決める機会を与えるようにした方が良いでしょう。自立心を培う機会を、子供から奪ってはいけません。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。