MBTI

【MBTI】16タイプ別リーダーシップの取り方を解説

私たち人間はだれでもリーダーシップを持っています。リーダーシップというとみなさんは「周りを支配する」という印象が強いでしょう。しかし、全員が支配をするわけではなく、独自の方法で周りをリードしていきます。
リーダーになるのは不得意な人、得意な人に分かれるとは思いますがどんなタイプでも
リーダーには絶対になれます。
ここからはリーダーになったときにそれぞれがどのような行動をとるのか見ていきましょう。

ISTJのリーダーシップ

ISTJは、おとなしく、物事を進める際には慎重になるようなリーダーです。ISTJは自分のチームの仲間たちがどのような方向に向かって行動を行っているか常に知ろうとしています。
ISTJは計画を立てる際にはとても詳細まで決定し、正確に決めて、物事の事実を確認することに長い時間を費やします。
チームの全員がどこに向かって進んでいくのかを確実に分かるようにしています。
何らかの意思決定をする際にはさまざまな観点から物事を決定します。何ごとも客観的に見て、正しい判断をしようとしています。

ESTJのリーダーシップ

ESTJは何ごとも正しくないといけないと考えているようなリーダーです。物事を客観的にみたり、効率的に見たりすることが得意です。ESTJはリーダーとして周りの人たちに厳しい指摘をするため、そのチームは物事を早く終わらせることができます。周りの人たちからはよく支配しすぎていると思われるでしょう。しかし、本当はESTJはチーム全員と協力し、チーム全員で目標を達成したいと考えています。

ISFJのリーダーシップ

ISFJは、自分のことよりも他人のことを大切にするようなリーダーです。チームの人たちをとても大切にします。
一人ひとりが気楽に行動をできるような環境づくりをしようとします。また、グループ内で
揉め事などが起きないように注意もしています。行動をするときには明確な指示と目的を明らかにします。
他人の考え方を凄く大切にするため、周りから信頼を得ることができます。

ESFJのリーダーシップ

ESFJはとても勉強熱心なリーダーです。周りから意見を言われた際にもただ否定するのではなく考えを受け入れようとします。誰の話であっても必ず聞きます。
ESFJはチームの目標をとても大切にします。そして効率的に動こうとします。
何か問題が起こった時には全員が助け合って正しい方向に進んで行こうとします。

ISTPのリーダーシップ

ISTPは物静かで、周りを見る目があるようなリーダーです。
ISTPは成功をするために常に計画を練っています。計画を練るときには成功のためにさまざまな視点から物事を考えます。
ISTPは成功のためならさまざまなアイデアを取り入れます。効率的な方法を常に考えているのです。
計画の際には危険な面もしっかりと考えています。その上でより良い計画を作成して進めていきます。

ESTPのリーダーシップ

ESTPは楽しいことが好きなリーダーです。
常に楽しいことを探しています。
行動をするときには楽しいことが第一優先です。そのため、あまりひどいような言葉は言わないでしょう。周りからは好かれることが多いです。
ESTPのチームには賛否両論の声がよく上がります。リーダーがしっかりとしていないなどという悪い声がよく上がるでしょう。

ISFPのリーダーシップ

ISFPは、控えめで優しい性格なので思いやりのあるリーダーです。
周りの人たちからは静かな人だと思われています。そのため、たくさんの人脈はありませんが少数の人たちとは深い絆で結ばれています。ISFPは周りの人たちに脅迫などはしません。脅迫などをせずに人々をリードすると周りの人たちは自分で考えて行動をしてくれるようになります。
ISFPが指示を出す場合には相手の考え方を把握し、周りに対してどんな影響が出るのか考えます。

ESFPのリーダーシップ

ESFPは、周りから好感を持たれるようなリーダーです。
チームメイトの考え方を参考に行動をするため周りからは思いやりのある人だと思われています。
ESFPは環境の変化があった場合には適切に対応が可能です。
ESFPがチームメイトに指示をするときには、まずは結果を考えています。そして周りの人たちに考えを聞き、取り入れていきます。

INTJのリーダーシップ

INTJは未来への目標を明確に考えて指示をするようなリーダーです。
この未来への目標を立てるときには直感を利用します。目標は明確にしますが計画などは立てない傾向にあります。
INTJが指示を出すときには自分自身の判断によって、将来的にどのようなことがあるのか想像をするようにしています。

ENTJのリーダーシップ

ENTJは自分に自信があり、常に戦略を立てるようなリーダーです。
自信というのは顔に出たり、行動に出たりするため、周りの人たちから見てもすぐにわかります。そのため、チームメイトたちにも自信を持たせることができます。
ENTJは約束を守ることを大切にしているため、周りもそれについていきます。
マイペースな性格ではありますが、発言自体には合理性があります。
また、物事に熱中しやすい性格ですが集中力は誰よりもすぐれています。
潜在能力が高い人なので周りにはいつも期待と信頼を持たれているでしょう。

INTPのリーダーシップ

INTPは、知識が豊富なリーダーです。
発言で周りを引っ張っていくのではなく、行動で周りを引っ張って行こうとします。
チームメイトには常に自由でいてほしいと考えています。自由とは言ったものの、もし、チームメイトが危険なことをしていた場合にはすぐに手助けをします。INTPは洞察力がすぐれているため、問題が起きてもすぐに解決をすることができるでしょう。INTPは常に未来へ向けて行動を行っています。

ENTPのリーダーシップ

ENTPは、戦略的で競争を大切にしているリーダーです。常に周りの人たちとは競争をすることで成長ができると考えています。ENTPは起業家的な考えが強く、毎日色々なことに挑戦をして成長していきます。
チームメイトにも自分と同じような考えになってほしいと思っているのです。

INFJのリーダーシップ

INFJは情熱的なリーダーです。
チームメイトの話を聞くことが好きで一人ひとりの考え方を知ろうとします。
INFJは未来の目標を達成するためにさまざまな方法を考えます。完璧に物事を実行したい傾向にあり、チームメイトにもそれを求めます。

ENFJのリーダーシップ

ENFJは、チームメイトの意欲を高めることのできるリーダーです。
チームメイトが失敗したときには励まして、自分が成功例を見せてあげるようにしています。ENFJはチームメイト全員が協力して行動できるように規律を作っています。規律は必ず全員に把握をさせるようにしているでしょう。リーダーとしては怖い人ですが一生懸命行動をしたときには恐れる必要はありません。

INFPのリーダーシップ

INFPは情熱的で思いやりがあるようなリーダーです。
行動で示すよりは発言で示そうとするようなタイプです。リーダーに必要であるコミュニケーション能力に優れているため、指示は凄く的確です。発言には情熱性を感じることができます。また、思いやりも感じます。
INFPが指示を出すときには自分の決定がチームメイトの考えを変えていないかを考えます。

ENFPのリーダーシップ

ENFPは、想像力豊かなリーダーです。自分たちの発明により世界中に変化を与えたいと考えているでしょう。
チームでは全員がアイデアを出せるように話す機会を与えています。
可能性を大切にするようにしています。
ENFPはリーダーとして意見を出そうとするのではなく個人として意見を言います。多くの意見が出ることが好きで、決定をする際にはさまざまなものを合わせたりすることが多いです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。