MBTI

ENFPの問題解決能力について【16性格分類】

みなさんは争いをしたことある人がどのくらいいると思いますか?
大きい小さいはともあれ争いをすることは必ずにあります。切ってもきれない関係といっても過言ではないでしょう。

争いは色々な環境においておきます。職場であったり、家族であったり、友人間であったり、恋人間であったりとさまざまです。
私たち人間はさまざまな性格の人がいて、お互いが相手のことを理解し、ある一定の距離感を保っていないと最初は口だけだった争いも暴力に発展することもあります。最悪、もう2

度と同じ関係に戻れなくなる可能性もあります。
争いは激しくなる前に心を落ち着かせることを心がけましょう。
ここからは争いが激しくならないよう性格のタイプを見ていきましょう。ここではENFPの問題解決方法について見ていきます。

ENFPと争い

ENFPは争いが起こっているとき、余計にイライラする傾向にあります。もちろん他のタイプの人間も争いは嫌います。どんな人間であっても争いを良い事と捉える者はいないでしょう。争いは本当にめんどくさいことです。暴力などが発生してしまうことがあるくらいです。もし争いが好きだと誰かに言ったならばその人は白い目で見られるでしょう。
嫌いでありながら、ENFPは最終的には争いに関係のあるひとたち全員から正直な意見を聞き、争いを解決に導きたいと考えています。積極的にコミュニケーションを取ろうと行動を行うのです。

ENFPは最初のうちは苛立ったりして争いに対して、感情的になることがあるかもしれません。
この感情はだんだんとおさまります。苛立ちはなくなり、全員が公平になるようにしたいと思うようになります。そして、すべての人の意見に耳を傾けることができるようになるのです。

ENFPは自分の考え方の一つが何か悪いことに使用されたとき、怒りを覚えます。そして、自分の価値観を守るために、相手と戦います。
相手に管理をされたり、ルールを作られることにより、自分の感情を抑えられることがENFPは苦痛です。感情が爆破しそうになりそうなときもあるくらいです。
疲労がたまったり、誰かから過度に圧力をかけられたとき、ENFPは怒りやストレスを感じます。そして争いを引き起こす原因となります。

ENFPの争いの原因は?

ENFPはとても活発な性格の持ち主です。常に物事に対して意欲的に取り組むことができます。学生時代のときには勉強や部活動などに熱心に取り組んでいたはずです。
ENFPは物事に対して素晴らしいほどに集中することができます。その集中力は素晴らしく、他人の言っていることが聞こえなくなるくらい没頭することができます。周りからしてみると無視をされたと思われることもあるくらいです。無視をする最低なやつと思われることもあるかもしれませんがENFP自身には悪気は一切ありません。

その他にも空腹や、喉が乾いたこと、疲れ、病気などにも気づかないことがあるくらいです。周りから見ればおかしな人と思われることもあるでしょう。中には馬鹿というような悪い言葉を使う人もいるはずです。

争いによってENFPは問題を解決するための方法やたくさんのアイデアを出すことに集中し、体の変化にあまり気づかないのです。

ENFPは争いが長期間に及んだりしてたくさん、悩みすぎると時間の経過につれて疲労がたまり、栄養失調などの病気になる可能性もあります。そのため、ENFPは自分自身の健康に注意しないといけません。しかし、自分で気がつくことは難しいので定期的に健康診断などを受けるようにしましょう。自分の身は自分で守りましょう。
ENFPは没頭することによって争いを生み出してしまうことが多いのです。

ENFPが争いに対応する方法

MBTIによると、ENFPのタイプは適応する力が優れている傾向にあると言われています。ENFPは争いが起こったとき、争いに関するすべての情報をに収集したいと考えます。
ENFPは物事について行動するときには個人的に動く傾向にありますが、意見に対してはさまざまな違う意見を参考にし、公平に判断を行おうとします。争いに関わる人全員の意見を必ず聞くようにするでしょう。そして客観的に物事を見れます。争いに関係のある人全員の個人的な意見は必ず考慮します。

争いをしている人の意見は自由に交換させて調和する方法を見つけ出そうとします。
ENFPは争いに新しい解決策を発見するために、たくさんの時間を費やします。どんな立場の人間の意見に対しても心を開いて会話をするようにします。一般的には立場が違う人の話はあまり聞かないことが多いかもしれませんがENFPはそんなことは一切しません。

ENFPはよくニュースなどに取り上げられているいじめや虐待のような行為を発見した場合には見逃すことができません。強い関心を持ち、対応を行います。このような行為は絶対に許すことができないのです。正義感が非常に強いです。
争いに関して、ENFPがストレスを溜めている時には考え方がいつもと変わることがあります。

いつもであればENFPは争いに関係ある人すべての意見を参考にします。しかし、ストレスがある場合には、焦ったりして意見を全く聞かずに勝手に解決策を見つけ出したりすることがあるでしょう。
ストレスには十分な注意が必要です。
周りが見えなくなってしまう可能性があります。

争いにおいてENFPが求めること

争いにおいてはENFPは簡単な解決策を求めるのではなく、新しく発見したような解決策を求めます。そして解決策を考えるにはたくさんの時間を使います。
ENFPは価値観を大切にするのです。
また、解決策を見つけ出すときには全員が納得できるように努力します。
争いに関係ある人にはいつも心を開いてほしいと感じています。心を閉ざしたままではなかなか問題は解決されません。誠実さが重要となってくるのです。
また、一方的に価値観を否定することなどは絶対にしません。考え方は十人十色です。どんな人の意見でも考慮したいと考えています。
解決策を出すときには論理的な部分と感情的な部分がどちらも同じ割合くらいになる
ように心がけるようにしています。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。