MBTI

【MBTI】各16タイプと休日の過ごし方について

休日はどんな人であっても嬉しい日のはずです。どのように過ごそうか考える人も多いのではないでしょうか。家族のために時間を使う人、友達と一緒に遊ぶ人、恋人との大切な時間を過ごす人などさまざまな人がいます。
時々、休日が嫌いという人もいますがそれはただ、内気な性格であまり人と関わりないからです。
ここからは休日に各性格のタイプがどのように過ごしているのか見ていきましょう。

ESFJの休日の過ごし方

ESFJはどんなときでも調和を大切にします。
それは休日であっても変わりません。
休日にはよく、大人数で集まるようなことをします。特に家族との時間を大切にしたいと考えています。
ESFJは周りの人たちが楽しんでいる姿をみることが好きです。
このような姿を見ることでリラックスすることができます。

ISFJの休日の過ごし方

ISFJも家族との時間を大切にしています。特に1対1で人と会話をすることが好きです。
休日にはよく、食事会などを行います。どんなに疲れていたとしても積極的に食事の準備をしたり、お話好きな人の話を聞いたりして、サポートに徹します。

ESTJの休日の過ごし方

EST​​Jは、休日であっても仕事の日と同じような時間に起床し同じルーティーンで生活を行います。その後、パーティーや集まりなどに参加をする傾向にあります。
このような場面では運営側にESTJは徹する傾向にあります。
休日はみんなの楽しそうな姿を見たいと考えています。

ISTJの休日の過ごし方

ISTJは休日は静かに過ごしたいと考えています。大人数での集まりは嫌いなので休日は信頼している人と一緒に過ごしたりします。
2人きりであれば、たくさんの人からがいるようなスポーツ観戦でも大丈夫です。

ENFJの休日の過ごし方

ESFJと同じように、ENFJは調和を大切にしており、休日は楽しい時間を過ごしたいと考えています。ESFJは全員が楽しめるように努力をしたいと考えています。努力をしすぎて、ENFJは休日がストレスになることがあります。周りを楽しませようと自分にプレッシャーをかけるのは良くないです。
遊びですので完璧を求め過ぎないようにしましょう。

INFJの休日の過ごし方

INFJは、浅いような人間関係がとても嫌いです。上辺だけの関係性はINFJを退屈させてしまいます。
INFJは、自分意外の誰かのために、休日を台無しにするようなことはしたくありません。そのため、信頼のある人との交流を求めます。たくさんの人がいるような場所は向いていないと言えるでしょう。

ENFPの休日の過ごし方

ENFPはお祭りなどの騒ぐようなことが大好きです。休日は愛する人と過ごすことが多いでしょう。会話などをとても楽しむ傾向にあり、日常的な些細な話がだいすきです。
パーティーなどは嫌いな人が多いです。

INFPの休日の過ごし方

INFPは、静かな状況が好きです。今まで休日にしたことなどを思い出して、再び実践することが多いです。
パーティーなどは比較的好き傾向にありますが周りの人たちが自己中心的な考え方であると思ったとき、今後はその集まりを嫌がります。
INFPと一緒に行動するときには退屈させないということが最も重要になってきます。

ENTJの休日の過ごし方

ENTJは信頼できる友人や家族と休日過ごすことが楽しいです。しかし、会話の内容が日常的な些細なものになればすぐに退屈をしてしまいます。
ENTJは強制されることが嫌いです。予定などは崩したくなく、常に休日はスケジュールの管理をしっかりしています。
そのため、楽しい時間をすごしているときに変な発言をしてENTJを怒らせたりしないでください。

INTJの休日の過ごし方

INTJは休日についてあまり良いイメージを持っていません。
INTJは休日を家族や友人と過ごしたいと考えるいる人もいれば、嫌いな人もいます。
INTJは基本的に、休日であれば、さまざまなことに挑戦します。
しかし、INTJはお金に関して非常に貪欲です。休日は楽しいですがお金を使うのが嫌なのです。
そのため、休日には良いイメージを持っていないのです。

ENTPの休日の過ごし方

ENTPは、自分が興味のあることなどについての会話を楽しみます。休日には趣味などに没頭することが多いでしょう。
そのため、たくさんの人たちの集まりは好みません。大好きなことを休日は行うのです。
もし、大勢の集まりにENTPがいた場合には、
興味がありそうな話をしてあげると良いでしょう。

INTPの休日の過ごし方

INTPは休日には過去に楽しかったことをする傾向にあります。
基本的には休日はノープランで楽しもうとします。
INTPは家族と過ごすことはあまり好きではありません。時間を縛られるのが嫌いです。大好きなゲームを行ったり、読書をしたり、自分にあった方法でリラックスをします。
誰かに休日の予定を決められるのは嫌いで、常に自由を求めています。

ESFPの休日の過ごし方

ESFPは、新しいものが大好きです。1度はまったら没頭する傾向にあります。
休日は多くの人が集まる場所で楽しみます。
目立つことが好きなのでイベントにおいては前に出て活躍をするでしょう。
ESFPは物事になんでも関与したいと常に考えています。

ISFPの休日の過ごし方

ISFPは、多くの人と交流をするよりも特定の人物と一対一に交流をしたいと考えています。
その方がより話題について具体的に話すことができるからです。
休日には大勢ではなく、一対一の静かな環境が作れるところにいきたいと考えています。

ESTPの休日の過ごし方

ESTPは、多くの人たちがいる集まりが好きです。そのような場面では積極的に前に出るのではなく、静かに行動をしています。
ESTPは休日においしいものを食べることでモチベーションがあがります。
ご馳走があるようなところに休日は来店する傾向にあります。

ISTPの休日の過ごし方

ISTPは、休日には自由時間が欲しいと思っています。計画をたてるのも嫌いです。
ISTPは常にプレッシャーとなるようなことを好みません。責任を感じたくないのです。
これは休日においても全く同じです。そのため、伝統行事などはもちろん嫌いです。時間に捉えられてしまうからです。
親しい友人と食事に行くことは好きかもしれませんが念入りに計画を立てるのはやめておいたほうがよいでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。