MBTI

【MBTI】INFJが知らずのうちに溜めてしまっているストレス

INFJはたくさんのストレスを抱えています。しかし、INFJはストレスが溜まっていてもあまり、気が付かない傾向にあります。
ストレスが溜まるとどうなっていくのか紹介していきます。

INFJにストレスを与えてしまう原因

①たくさんのものを取り扱う
②理不尽な人の下で無理矢理働く。
③人と接する時間がとても長い
④慌ただしいような環境
⑤自分の考え方を否定される
⑥嘘をつかないといけない
⑦よく物事に対して対立が起きる環境

MBTIの筆者は日頃のストレスによって私たち人間は隠されている人格を引き出すと発言しています。
支配的な内向型の4つの中でも、内向型の直観型は過度に社会との交流があるとストレスがたまります。内向型の直観型がストレスをためるときの原因は他人のうるさいことが原因です。
自分自身の時間に付け込まれると感じたり、物事を中断されるとストレスを感じます。

ストレスはなぜ気が付かない?

INFJは少しずつストレスが溜まっていたりするような場合にはあまり気が付かない傾向にあります。少しずつ溜まっているため本人的にはあまりストレスを感じていないかもしれません。しかし、このストレスを溜めている期間が長ければ長いほど注意をしなければなりません。
ストレスはあまり気が付かないかもしれませんので、時々日常生活を振り返ってみることが大切です。

ストレスが溜まっていてる人の見た目

ストレスが溜まっているINFJは突然、おかしな行動を取ります。
長い時間人と目を合わせることができなかったり、周りに共感することが怖かったりします。
行動としては危険なことを躊躇なく行います。

一人の時間が大切

INFJには一人でいる時間がとても大切です。
それはどんな状況であっても同じです。たとえ結婚して子供がいても一人の時間は時には必要でしょう。

あるINFJの女性を例に上げて見てみましょう。この女性には5人の子供と旦那がいます。
結婚して子供がいると毎日とても忙しく落ち着いた静かな時間を作ることはできません。
今までは一人の時間はあったかもしれませんが今では終日、育児と仕事に追われる毎日です。

朝起きて子供を学校に送り出し、昼間は1番小さい幼児の子の育児で空いた時間に仕事をします。毎日同じことの繰り返しです。到底一人になることなどはできません。
また、本当であれば仕事か育児のどちらかに集中したいものです。どちらかを中断させられることがイライラをためさせます。

子供はとても大切なものです。しかし、1番大切なのはやはり自分です。子供のために自由がないのは嫌でしょう。時には昔の生活に戻りたいと感じることもあるかもしれません。
日常はストレスが多いかもしれませんが赤ちゃんは言うことを聞かないのでしょうがないです。

どうにかしてストレスをためないように時間を有効活用する必要があります。
子供が寝ている時間などを利用して一人の時間を作り出し、ストレス解消に取り組みましょう。

ストレスが溜まったときには甘いものが良い

ストレスが溜まったと感じることができれば、チョコレートなどの甘いものを摂取すると良いでしょう。
もしかしたら、忙しくて昼ごはんを食べいる暇がないこともあるかもしれません。
そういう時にはナッツバーなどもおすすめです。

ストレスが溜まると爆発してしまう

旦那が夜遅くに帰宅し、酔っ払っている姿などを見ると、私は子育てを24時間頑張っているのにと怒りが込み上げてくるときがあります。
物音で子供が起きてしまったときにはもううんざりしてしまいます。
感情をコントロールすることができなくなるのです。
普段冷静に見えるような人であってもストレスが溜まってしまうとこのように爆発してしまう可能性もあります。
特に育児に対してのストレスは溜まりやすい傾向にあるので注意が必要です。

ストレスは管理しなければならない

INFJであっても他の人であってもこれは同じことですがストレスを溜めないということは不可能です。ストレスが溜まったときには爆発する前に家族など信頼のできる相手に相談をするようにしましょう。そうすることでストレスの原因が分かるかもしれません。根本的に改善をすることができればストレスは減っていくでしょう。

しかし、中にはあまり深刻に受け止められずにストレスが解消しない場合もあります。INFJ自身にできることは原因の追求です。原因を追求しなければ今後ストレスは溜まり続ける一方です。

面倒なことかもしれませんがこれはしょうがないことです。
ストレスは溜めないということは無理なのでどのように対応をしていくかが課題となります。INFJはストレスのことについて真剣に考え過ぎて、爆発してしまう傾向にあります。
本当にストレスの原因を考えすぎることは解決になるのでしょうか?
そんなことはないと思います。

ストレスはINFJは気が付かないことも多くあるかもしれませんが意外とそれは悪くないことなのかもしれません。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。