MBTI

【16タイプ別】それぞれの性格と固定観念

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJの固定観念

退屈な働き者

間違っている理由:

ISTJは、真面目で責任感があります。組織や家族など親しい人への忠誠心が強く、自分が言った事に責任を持つので信頼されます。また一度決めたことは、困難に遭遇しても最後までやり通そうとします。しかし、ISTJは単に真面目なだけの人ではありません。仕事が一段落した後には、親しい人と世間話を楽しみます。ISTJは、特有のユーモアのセンスがあり、他の性格タイプでは絶対に思いつかないような面白いことを言うので仕事だけでなくプライベートでも周囲の人々から好かれているでしょう。

ESTJの固定観念

融通がきかない頑固者

それが間違っている理由:

ESTJは、伝統と秩序を大切にし、善悪の分別や社会的な理念を基にして家族や地域社会をひとつにまとめます。責任感も強く周囲の模範となる行動を常に心がけていますが、約束を守らない相手を厳しく叱責するなど頑固で融通がきかないと思われることもあります。しかし、ESTJは、愛する人を保護し、助けてあげることを強く望んでいます。ESTJは、他人がミスした場合には、自分が解決して良くしてあげたいという純粋な気持ちを持っています。

ISFJの固定観念

母性に溢れた家庭的な人

間違っている理由

ISFJは、忠誠心が強く、勤勉でひたむきです。また、思いやりに溢れており、人の役に立ちたいといつも願っています。目の前に困っている人がいると手を差し伸べるような母性に満ちた家庭的なタイプと見られています。しかし、ISFJは伝統と平和を維持することに大きな関心があります。居心地の良い環境を創造するという目標を実現するために物事の細部までこだわり正確にこなす集中力があります。それは、家庭内のみにとどまらず、仕事の場でも生かされます。

ESFJの固定観念

噂好きな社交家

間違っている理由:

ESFJは、他の人を幸せにしたいと常に願っています。面倒見が良く社交的なので、パーティーでは注目の的です。皆とおしゃべりしたり笑ったりして楽しみます。しかし、ESFJは、義理やうわべで人付き合いをしているわけではありません。友人の話に真剣に耳を傾けながら、詳細までしっかりと覚えていいます。それは、相手に対する誠意の現れです。ESFJは、いつでも腹を割って話し合いたいと思っています。また、物事がうまくいっていなかったり、緊張した空気が流れていたりしていたら、素早く気づいて居心地の良い雰囲気になるように努力します。

ISTPの固定観念

危険を顧みない活動家

間違っている理由:

ISTPは仕事でも私生活でも、活動的で危険な事をしていると元気になります。野外活動やスポーツが大好きです。台風がくると外に出たくなったり、ゲームでスリルを楽しむ人もいるかもしれません。しかし、ISTPは、非常に内向的です。自分の感情を他人と分かち合うのが苦手で、社交的ではありません。1人の時間を大切にしており、心静かに事実を観察して、心の中で分析や評価する事が好きです。

ESTPの固定観念

落ち着きがなく配慮に欠ける人

間違っている理由

ESTPは、いつも忙しい生活を送っている活発な人です。好奇心旺盛で、遊ぶのが大好きで、後先考えずに行動します。確かに、今この瞬間を最大限に楽しむことに集中していますが、けして周りが見えない訳ではありません。周囲の人々が何を考えているかを常に意識しています。ESTPは、いつも他人から好かれたいと思っているので、他人を傷付けたくありません。また、ESTPは、非常に知覚が鋭く、偏見のない目で物事を見る力があります。そして、小さな変化に気づく独特の才能があります。そのような能力を生かして友情を大切にしたいと思っています。

ISFPの固定観念

恥ずかしがり屋で影の薄い人

間違っている理由:

ISFPは、他人に影響力を発揮したいとは全く思っていません。また、趣味なども親しい人以外にはほとんど見せないので、何を考えているのか分からないので、影が薄いと思われているかもしれません。しかし、ISFPは、深い精神性を持っています。興味を持つ内容はそれぞれ異なりますが、絵、音楽、料理、運動など五感で感じることが大好きです。一度活動しだすと、黙々と取り組みます。ですから、芸術家や職人として素晴らしい才能を開花させて活躍している人も多くいます。

ESFPの固定観念

自由奔放で騒々しい社交家

間違っている理由:

ESFPは、仲間と一緒にいるのが好きです。日常生活を心から楽しもうとします。とにかくみんなが心から楽しめるように工夫する事にやり甲斐を感じます。同じ場所に留まったり、同じことを繰り返すのは嫌いなので、自由奔放に見えるかもしれませんが、ESFPは周囲で何が起こっているのかを認識していないというわけではありません。ESFPは、他人をよく観察しています。そして、自分の意見を押し付けたりしません。機転もききますし、思いやりもあるので、多くの人に好かれるでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。