MBTI

【MBTI】16タイプの感情について

私たち人間の性格は感情と非常に関係性が深いです。誰かの感情を理解しようとするとき、多くの人は相手の性格と結びつけます。しかし、それは本当に正しい情報なのでしょうか?ただの思い込みの可能性だってあります。私たちの人生では必ず感情を感じる機会があります。すべのてのタイプにおいて感情を感じる大切さは同じでしょう。
しかし、性格別で感情を感じる方法は異なります。今回はMBTIのシステムでそれぞれの人格タイプがどのように感情を感じるのか見ていきます。

ENFPの感情

どんなことに対しても可能性に期待して、思いやりのあるENFPは、感情をより深く感じる
ために、常に孤独になりたいと考えています。
ENFPは感情よりもアイデアに熱中する傾向にあるため、感情のことを気にしないことがあります。
ENFPが孤独な時間を得ることに成功し静かな時間を作れたとき、ENFPはとても充実していると感じます。
ENFPは時間を1番大切にしているのです。

ENTPの感情

新しいものを作るのが得意で常に競争的意識の高いENTPは、常に周りの人からは対立してくる嫌な人だと思われます。
しかし、ENTPは本当は共感的な良い人です。
このタイプは競争心が強いため嫌な人だと見られがちですが周りのことをよく理解しており、情報をより正確かつ迅速に見つけることが可能です。
ENTPは誰もが気づかないことさえにも気づくことができるような天才タイプであると言えます。
一方で自分のことになるとあまり感情を理解することができません。

INFPの感情

内気な性格であるINFPは、常に調和を大切にしています。分析能力に優れている性格のタイプで相手がほんの少しだけ見せた感情であっても見抜くことができたりします。
このような慎重な性格はINFP自身の人生にも表されています。INFPは絶対に信頼をしたような人にしか感情をあらわにしません。

INTPの感情

物事の真相を追い求め、常に深くまで知ろうとするINTPは、ほぼすべてのエネルギーを使用し、思考を明確化して、周りの人たちから
論理的な一致を得ようとします。INTPは自分自身の感情を表現することが苦手です。
そのため、他人が感情を表現しているところを見るのも嫌いです。
INTPがうまく感情を表現できるのは感想を言うときで物語や歌を聞いたりしたときが1番感情表現が上手です。

ENFJの感情

ENFJは情熱的な性格の持ち主で感情を理解することに意欲的です。
ENFJは他人の感情を簡単に理解でき、周りの考え方も知るのが上手で多くの人たちをまとめることが得意です。
しかし、自分自身の感情を分析するのはすごく苦手です。これには理由があり、ENFJは心の中について考えるよりも外を常に見ているからです。他人には目が行っていますが、自分のことはあんまり気にするタイプではないでしょう。

ENTJの感情

幻想的な性格のENTJは分析を得意としています。すぐに感情を理解できるわけではなく、一日中静かな空間で集中することによって感情を見つけ出すことができるような人物です。ENTJは他人の生活を改善させ、新しい道へと導くような力を持っています。

INFJの感情

優れた洞察力から先を見る力が強いINFJは、
常に将来への可能性を発見したいと考えています。
自分の感情は常に自分の中にあるというよりかは外にあり、先を見据えて行動を起こし、他人を驚かせようとしています。
また、INFJは他の人の感情も認識することが得意です。
INFJはその感情を自分自身で吸収し、他の人の感情を自分の中に取り入れる工夫ができます。

INTJの感情

INTJは、周りからはあまり感情のないタイプだと思われています。しかし、実際にはそのようなことはありません。周りの人たちが理解しているより感情は持っています。
INTJは他の人たちよりも感情について敏感です。自分の価値観や倫理を常に大切にしています。

ESFPの感情

心温かく、冒険が好きなESFPは内気な性格に見られることが多く、周りからはあまり感情を把握されることはないかもしれません。
しかし、内気そうな性格の裏には感情的な部分が存在します。1度物事を受け入れ、静かな時間になったときにESFPは価値観などから次の行動を考えます。
ESFPは他人への思いやりが強く、おかしな扱いをされている人を見つけたときには激しい感情を表に出すことがあります。
このタイプはデモを起こすことのできるような人物です。

ESTPの感情

説得力が高く、自分に自信を持っているESTPは現実主義者です。このタイプは新しいことに挑戦し、問題を解決していきたいと思っています。ESTPは周りからは自信をすごく持っている天才でカリスマと呼ばれることがよくあるでしょう。ESTPは周りの人たちの感情にはいち早く築き、共感をしてあげることができます。しかし、他人を気にしすぎるあまり自分載感情には少し鈍感です。

ISFPの感情

思いやりの気持ちの強いISFPは、周りで発生した出来事すべてを同じように評価をします。誰かに特別に情熱を注ぐなどというような行為は決して行いません。そのため、周りの人たちからは安全性な人だと思われます。
自分の感情も他人の感情も平等にみることのできるような人間です。

ISTPの感情

観察力の高いISTPは、周りからは問題解決能力が高いということで覚えられています。
しかし、感情面で見るとISTPは最悪で、常に闇の中で生活しています。感情が爆発すると現実から逃げ出そうとして、趣味に没頭します。自分の感情を優先にしているため周りの人の感情はあまり理解してあげることはできません。

ESFJの感情

ESFJは情熱的な性格で周りにすごく興味を持っており、感情面では認識度が高いです。
ESFJは他人の感情をいとも簡単に知ることが
できるため、人に指示を出したりすることが得意です。
しかし、ENFJは自分の感情については他人の感情を見るときとは異なります。
全然、関心を持たないのです。

ESTJの感情

勉強家でやる気の高いESTJは、目標を作成し、それに向かって努力をするような人間です。自分自身の感情は表にたくさん出しているわけではなく、明白には見えません。ときどき見えるかもしれませんがほとんどの場合はプライベートだとESTJが考えているため顕にしません。他人の感情にもあまり興味は持たないでしょう。

ISFJの感情

良心的なISFJは、心の温かさや思いやりを周りに出します。操り上手な性格のため、他人の感情を理解するのは非常に早いです。
自分自身の感情はいつもはすごく表に出しているわけではありませんが、親しくなったり
、ISFJが上機嫌になったら見ることが可能です。

ISTJの感情

頭の良いISTJは、組織においては達人と呼ばれています。
ISTJは価値観が非常に強いため、反対するような状況が訪れたときにだけ感情を表に出します。他人の感情は愛する人などの興味がある人のものしか理解をしようとはしないです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。