MBTI

【MBTI】ESTJのTe-Neループ: ループの意味と解消法

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

過度なストレスが掛かった時に起こる「ループ」。外向的な性格タイプの場合、このループは「外向的な心理機能にのみ目を向けるようになる」ことを意味します。

このループというものにはしばしば「制御不能で不安定な状態」というような悪印象が付き纏いますが、これは必ずしも悪いことばかりのものではありません。ループによって、目の前にある課題を乗り越えられる可能性が出てくることもあるからです。

とはいえ、このループというものが精神面に過度な負荷をかけるのは事実。ループの最中にある時は、心理機能の処理において普段ではあり得ないような強い偏りが発生するため、ループが長引けば長引くだけ精神面に不調をきたす可能性が出てきます。なのでこのループを解消する手立てが、時として必要となるでしょう。

ESTJは過度なストレスが掛かった時、Te-Neループを発現させ、外向的な心理機能のみに依存するようになり、内向的な機能を無視するようになります。これによりESTJは、過去の実例を軽視するようになり、誤った判断をしやすくなるでしょう。

このループは初めの方こそ、ESTJにそこまでの影響や被害を与えません。しかしループの期間が長くなれば長くなるほど、失敗の数が増えれば増えるだけ、ESTJ自身を苛立たせるようになります。

普段のESTJは、内向的感覚(Si)に強く依存している

本来であれば、補助機能である内向的感覚はESTJにとって欠かすことが出来ない心理機能です。内向的感覚から過去の経験や実例を引き出すことによって、ESTJは最善と思われる決断を下すことができるようになるのです。

内向的感覚は、過去にあった状況と、現在の状況を比較する心理機能です。過去の失敗から学習し、同じ轍を踏まないよう注意を促す働きをしています。この心理機能は「失敗」という無駄なプロセスを省くことに貢献してくれるため、合理性と効率を重んじるESTJには必要なものであるはずなのです。

しかしループによってこの心理機能が停止すると、ESTJは”可能性”という不確定要素にばかり目が行くようになり、現実を見失いやすくなってしまいます。また「過去を振り返る」というクールダウンが行えなくなるため、ろくに考えもしないまま行動を起こしてしまい、失敗が増えていくでしょう。

「Te-Neループ」にある時のESTJ

ループに陥った時のESTJは、外向的な心理機能にのみ集中するようになります。優勢機能である外向的思考(Te)、第三機能である外向的直感(Ne)にのみ依存するようになり、これにより彼らはどことなくフワッとしたような浮ついた雰囲気を纏い始めるでしょう。

ESTJのループには、普段よりも視野が格段に広がり、多くの可能性に目を向けられるようになるというメリットがある反面、現実的な計画を立てるという能力が欠けてしまうというデメリットが発生します。つまり「あまり深く考えず、直感的に行動を起こす」という、普段のESTJとは正反対な状態になってしまうのです。

外向的思考を優勢機能として保有するESTJは、非常に野心家でありアクティブで、まず行動を起こすことを尊びます。この「行動を起こす」ことを好む傾向と、際限なく可能性を探求する外向的直感が合わさることにより、先述のような状態が発生してしまいます。これによりESTJは、複数のプロジェクトを同時多発的に進行させるような逼迫した状態を作り出してしまい、これがミスの温床となるでしょう。

また普段のESTJは非常に自信家で、自分が正しいと感じたものは押し通すタイプであり、それゆえ他者からの評価をあまり気にしません。しかしループの影響下にある時はこの態度が一変し、他者の評価を気にするようになるでしょう。ESTJは、他者から称賛と賛同が与えられることを望むようになります。これは自分自身だけでは自身が保てなくなっている状態の裏返しです。

このように、ループにより内向的な心理機能が停止すると、ESTJからは「理路整然としていて、現実をちゃんと見ている」というようなESTJらしさが失われてしまいます。好奇心と行動力にブレーキを掛ける存在が無くなるのですから、失敗の山を築き上げるような結果に繋がりかねません。

失敗が重なれば重なるだけ、ESTJは徐々に自信を無くしていき、自分一人では自身を保てなくなります。そうして次第に他者から与えられる評価に依存するようになり、その行動は「いかに自分が素晴らしい存在であるかを、周囲の人間にアピールする」ことが目的にすり替わっていき、徐々に横暴になっていくでしょう。これはESTJらしいとは言えない状態です。

ループから逃れる方法

ESTJがTe-Neループから脱出するためにすべきことは、補助機能である「内向的感覚」に集中することです。

過去に目を向け、実証例のある手堅い手段を引き寄せる「内向的感覚」は、ESTJが冷静さを保つ上では欠けてはならない要素です。

また内向的感覚には「自分自身に集中する」という側面があります。ループの影響下にある時のESTJは、どうしても外界にある可能性にばかり気を取られてしまい、自分自身を見失いやすくなりがちです。そのため「大切な思い出を振り返る」というような内向的感覚を刺激するような行為は、ESTJを冷静な状態に戻すキッカケになり得ます。

立ち止まり、一歩下がって過去を振り返り、過去の教訓を思い出して、自分が誰であるのかを再認識する。――内向的感覚によってもたらされる冷静さは、現実的な視点と合理性を養います。気が散っていると思える時こそ、過去に目を向けましょう。これによりESTJはループを脱却できるようになります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。