MBTI

INFJとINTJが外向的なタイプと誤解される理由

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

内向的なタイプの中には、外向的と間違われやすい性格タイプがあります。特にINFJとINTJは外向的なタイプと誤解されることが頻繁にあります。温かい人柄、社交性の高さ、お喋り好き、社会への適応能力から外向的と誤解される理由のひとつでしょう。今回は、INFJとINTJが外向的と誤解される理由を特徴を示しながら論理的に解説します。

直観タイプはお喋りです

直感タイプは一般的に感覚タイプよりもお喋りであると言われています。これは、直感タイプの抽象的な発想を表現するためには言語が重要な役割を果たすからです。ですから、直観タイプはあらゆる種類の言語に惹かれ、習得しようとする傾向があります。

特に、INFJとINTJはどちらも、内向的直観を主要な機能としています。内向的直観は何かを閃くと、その説明に必要な背景と映像が頭の中に浮かびます。さらに、相手が完全に理解していなない場合は、自分と同じレベルで相手も理解できていると確信するまで何度も説明します。この点で、相手がINFJとINTJは忍耐強い先生のようです。そんなINFJとINTJは、多くの時間を物事の洞察に費やしているので、最終的な自分の考えに耳を傾けてくれて、議論出来る相手に出会うと興奮します。例え少数の人々であっても、自分の考えが正しく評価されていると実感出来ます。会話はこれを実現する手軽で信頼できる方法です。そして、話すことは、自分の考えを理解してもらうだけでなく、自分の考えを整理する助けとなります。自分だけの力で処理しようとするのではなく、問題を議論することで様々なことが解決します。

INFJとINTJは問題の根本的な原因を解明したいと思っていますが、その原因となる抽象的な概念を言語化することで理解を深めます。この過程で話すことはINFJとINTJが直面する問題を軽減するのに話すことが大いに役立つようです。しかし、論理的に理解しようとしている途中に話をすることは苦痛でイライラする可能性があります。INFJとINTJは、物事を完全に理解すること大切にしているので、完全に理解出来ない場合は途中でやめることは出来ません。

判断型タイプは時として饒舌

判断型タイプは、対人コミュニケーションにおいて大変正直です。物事には全て白黒つけたいという衝動を持っています。ですから、問題を曖昧なまま放置したり、土壇場で計画を変更することに抵抗を感じます。そのため、特に幼い頃は自分が判断したことは躊躇しないではっきりと口にします。外向的なタイプは一般的に自分の感情やアイデアを発展させるために他の人々との会話が必要不可欠です。

精神的な内部の世界よりも人や物の外界により焦点を当てるので、非常に行動指向です。目標を明確にし、意欲を持ち、意思決定や計画策定を進める準備ができているように見えます。このように、自分の判断や思考を比較的頻繁に口にする点で、判断型タイプのINFJとINTJは外向的と誤解されやすいのです。ただし、外向的なタイプのように何もかも話すという訳ではありません。INFJとINTJは長時間の会話ので沈黙することは頻繁にあります。ただし、時には水を得た魚のように当然饒舌になることがあます。

温かい人柄と情熱、社会的関心

INFJはすべての内向的なタイプの中で、最も外向的なタイプと言われています。なぜなら、INFJは会話が上手なことに加えて、温かい人柄と情熱という2つの外向的な特徴を持っているからです。それは、INFJの補助機能が外向的感情であることからきています。外向的感情は社会的調和に優れており、他人に対して細かい気配りをしたり、場を和ませることができます。そんなINFJが社会的調和を促進する道具の一つが情熱です。何気ない会話の中であってもINFJは周囲の人々の情熱をかき立てます。前向きなエネルギーを集約して、より良い方向に導きます。

論理や事実に偏ることなく暖かく思いやりのある言葉で、相手に伝わるように話すことができます。とはいえ、INFJの主機能は内向的直観であり、周囲の世界に無関心で、孤立しているように見えることがあります。しかし、社会的な状況下では、他人が必要としているこを的確に捉えて素早く応対します。このように外向的感情と内向的直観という2つの機能が引き起こす相反した反応は、INFJにストレスをもたらす原因となっています。

一方、外向的感情を持たないINTJは通常、周囲の人々の情熱を掻き立てるような役割を果たすことはありません。INTJは特別温かい人柄ではありませんが、自分が気にかけていることには情熱を持って取り組みます。また、INTJは、初対面ではあまり感情を表さないタイプなのですが、議論をすることが大好きなので、夢中になったことには、目を輝かせて話し始めます。議論においても公平性を忘れないので、周囲の意見や発言を妨げないように意識します。どんな意見も否定しないで、賛否両論を自身で理解した上で自分の意見を発言する社会性があります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。