MBTI

16タイプの変化に対する適応能力

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

生活や仕事の変化を自然に受け入れて、上手に適応するタイプの人がいる一方で、変化を恐れるあまり、新しい環境に適応するのが難しいと感じるタイプの人もいます。MBTI性格のタイプに基づいて、変化に対する適応能力を検証します。

INFJ

INFJは、状況の変化に対する優れた適応応力を持っています。そして、周囲の人々に対しても快適な環境を作るために努力します。しかし、そんなINFJも変化を恐れる場合があります。あまりにも大きな環境の変化は負担に感じてしまうでしょう。また、INFJは変更点があまりにも多すぎると不安になります。INFJは、できるだけ円滑に変化を受け入れられるように最善を尽くしますが、かなり葛藤することになるでしょう。

ENFJ

ENFJは快適に過ごせるように変化に適応できるように最善を尽くします。しかし、ENFJは、規律を守って暮らすのが好きなため、他人にも秩序や約束を守って欲しいと考えています。ですから、ENFJは、できることなら大きな変化はあって欲しくないと考えています。そのためENFJは、上手に変化を受け入れる方法を見つけて、快適に過ごせる方法を模索することが重要です。

INFP

INFPは変化する必要性を感じなければ、それほど熱心に変化に適応しようとしませんが、時として、新しい経験を求めて自ら変化することがあります。INFPは、新しい経験ことを楽しみ、感動したいと願っています。さらに、INFPは退屈を嫌うので、同じ状況に閉じ込められていると感じるよりもむしろ変化を経験したいと思います。ですから、INFPにとって、変化に適応するのは簡単なことでしょう。特に、輝く未来にに向かっている場合はなおさらです。

ENFP

ENFPは、多くの場合、文句を言ったり、気にしたりすることなく、自然に変化を受け入れるでしょう。なぜなら、ENFPは、変化を楽しむ傾向があるので、変化が何もない状況よりも、変化がある方が良いと考えているからです。ENFPは、人生の変化を楽しみ、新しい変化を快く受け入れます。ですから、ENFPは、緊張を感じることなくこれらの新しい体験に飛び込むことができるので、変化に適応する苦労は全く理解出来ないでしょう。

INTJ

INTJは必ずしも変化が好きなわけではないですが、それが人生の一部であることを認識しています。多くの場合、INTJは、あまり苦労せずに変化を受け入れて新しい環境に適応するのが得意です。これは効率を重視するINTJの能力の一つと言えるでしょう。変化を円滑かつ効果的に受け入れて適応することは、INTJにとって重要な要素です。INTJは、新しい環境に上手に適応して素晴らしいスタートを切るでしょう。

ENTJ

ENTJは、効率的に変化に適応するために最善を尽くします。なぜなら、ENTJは、人生には変化が避けられない事態が発生することを理解しているからです。ですから、できる限り円滑に変化を受け入れます。ENTJは、人生を前向きに捉えており、目標を達成するために常に進化するべきだと考えています。また、ENTJは、絶え間ない変化を好まなかったとしても、より良い環境を求めて変化に適応するように全体を制御するでしょう。

INTP

INTPは変化に対する不安をそれほど感じないので、変化を通じて新しい環境に移行することには抵抗がありません。ですから、変化に適応するために特別なことをする必要はありません。INTPは、新しい体験を楽しみにしています。そのため、例え急激な変化が起こったとしても苦労することなく順応できるでしょう。

ENTP

ENTPは変化に適応するのにそれほど時間を必要とはしません。特に、周囲の人々が時間をかけて変化を受け入れようとする場合はじれったく感じるかもしれません。なぜなら、ENTPは、新しいことを体験し、可能な限りいつでも自分自身に挑戦したいと考えているからです。ENTPにとって、変化は最悪のことではありません。同じような変化のない毎日に比べれば変化は良いものだと考えています。

ISTJ

ISTJはそれほど変化が好きではありません。全く準備期間がない状態で物事が変化すると、間違いなく不機嫌になります。それでも、ISTJは変化を円滑に受け入れたるために最善を尽くし、より効率的に行う方法を模索します。ですから、ISTJが変化に適応するための十分な時間を確保することは、大きな助けとなり、前進する力になるでしょう。

ESTJ

ESTJはできるだけ円滑に変化を受け入れようとします。変化に適応するための十分な時間と変更を処理するための適切な準備が整っていれば、変化はそれほど苦痛ではありません。ただし、ESTJは、変化への準備が出来なかったり、効率的に物事を進める時間がない状況では変化を嫌うかもしれません。

ISFJ

ISFJは変化に耐えられないというわけではないのですが、新しい環境になる場合には、十分な時間を必要とします。なぜなら、ISFJは、通常の業務においても、完璧なほど細部にこだわり、時間はかかりますが、常に予定通りに作業を完了させようとするからです。
ですから、十分な時間があれば、愛する人や周囲の人々が快適に暮らせることを目指して変化をより円滑に、より快適に受け入れるために最善を尽くすでしょう。

ESFJ

ESFJは、特に大きな変化に適応する場合には、できるだけ円滑かつ快適に順応できるように最善を尽くします。しかし、ESFJは、今後起こりうる変化に備えるための十分な時間を確保できない限りは、突然の変化を嫌います。なぜなら、ESFJは、社会秩序を確立するために多大なエネルギーを注ぎ、計画を練り上げようとします。ですから、十分な時間をかけて調和の取れた変化の適応を目指します。

ISTP

ISTPは変化を恐れないので、新しい環境への移行は比較的簡単です。ISTPは変化に順応するために多くの時間を必要とはしません。それよりも、それほど準備をせずに、わくわくして次の環境に飛び込みます。なぜなら、ISTPは新しい経験を楽しみ、同じことが繰り替えられる退屈な環境にいるのが好きではありません。ISTPにとって、変化はやりがいのある魅力的なものです。

ESTP

ESTPは変化に足を踏み入れることを全く怖いとは思いません。それよりも、新しい体験が待っていることを楽しみに感じています。ESTPは、準備に時間をかけずに変化に飛び込むことがよくあります。ESTPは環境を変えることが得意ですが、そのすぐ後に、さらなる変化を求めて新しい環境に飛び込むこともいとわないでしょう。

ISFP

ISFPは、新しい体験を楽しんでいるので、変化を比較的快適に簡単に処理してしまいます。ISFPにとって、同じ状況で行き詰まったり、停滞したりするのは、疲れ果ててしまいます。ISFPは、誰かに強制されたり制御されることなく、あらゆる変化を受け入れて人生を楽しみたいと思っています。

ESFP

ESFPは、何か新しいことに足を踏み入れる時に心配することは滅多にありません。それよりも、新しい環境に飛び込むのが好きです。ESFPは、初めてのことを体験し、感動した時に、最もやりがいを感じます。ESFPは、同じことの繰り返しの退屈な立場に停滞したり、立ち往生したりするのが好きではありません。常に変化することで、自分の自分の人生を自由と興奮の感覚で一杯にしたいと願っています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。