MBTI

【MBTI】社会的に隔離された16タイプの対応

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

様々な理由によって、社会から隔離を余儀なくされた場合は、過度なストレスに晒されます。他の人々を避けなければならず、一人で過ごすことになると強烈な不安感を抱く可能性があります。内向的な人にとっては簡単なことで、外向的な人は苦労するように思われますが、一概にそうとは言えません。例えば、内向的な人は自分一人の時間を何よりも愛していますが、一人でいることを強制された場合はそれを楽しむことは出来ないかもしれません。社会的な隔離状態に対処する方法は性格タイプによって異なります。

INFJ

INFJは自分一人で過ごす時間を楽しむことが出来るので、社会と距離を置くことはそれほど苦痛ではありません。なぜなら、INFJにとっては、一人の時間は、充電して再び自分らしさを感じる時間を持つことだからです。社会的な隔離状況に対して魅力的なのは、社会から距離を置くことに対して、罪悪感を感じたり言い訳をしたりする必要がないことです。これは、INFJに、平和と自由の感覚を与えてくれるでしょう。ただし、INFJはおそらく時間が過ぎるのを呆然と待つのではなく、本質的に心配性なので、世界の状況について事細かく思考を巡らせるかもしれません。

ENFJ

ENFJは、社会から距離を置くことは非常に困難です。なぜなら、ENFJは、社会的に達成すべき目標を常にたくさん持っています。ですから、一人で屋内にとどまり、他の人と対話することができない状態は耐え難いものです。ENFJは、周囲の人々とのつながりを常に求めています。ですから、このようなつながりを持てない状態で多くの時間を過ごすことは困難です。ENFJはまた、一度に多くのことを考えていて、達成しなければならないこともたくさんあります。社会的な距離を置くことで、計画の多くは停止を余儀なくされる可能性があり、多くの内部的なストレスを引き起こします。そのような状況下でもENFJは、全てを管理し、再編成して調整する方法を見つけようとしていますが、簡単にするものではありません。

INFP

INFPは、社会的な距離が生じる状態を初めは楽しむでしょう。なぜなら、INFPは、一人で時間を過ごす時間を大事にしているので、社交的な約束を断ることにも罪悪感を感じません。そうは言っても、INFPは、愛する人のことは大切に想っているので、自分の時間を必要とするときは、申し訳ないと思っています。ですから、INFPにとって社会的な隔離は、一人で多くの時間を必要とすることや、社会的な行事などを回避するための言い訳をする必要がないことを意味します。これは間違いなくINFPにとって、喜ばしいことです。しかし、INFPは世界の状況を心配し、他者に対して非常に強い責任感を持っています。ですから人々が様々困難に屈して道徳的出ない行動を余儀なくされたと知った時には、大きな打撃を与える可能性があります。それによって、INFPは疲れ果ててしまうかもしれません。

ENFP

ENFPは、非常に多くの理由から、社会的な隔離に対して圧倒されてしまうかもしれません。なぜなら、ENFPは、自由を愛しているので、行動を制限されることは本当に苛立たしく感じます。もちろん、ENFPはその背後にある理由を理解しているかもしれませんが、そうさせていることに対して制御不能であることにしつ失望するかもしれません。ENFPは自由でいたいと願っているので、家の中に閉じ込められているような感覚は嫌いです。ENFPは、活発に動き回って、感動するような体験をしたいと思っています。友人や愛する人との愛す人と時間を過ごすことができないことは、ENFPにとっては堪え難い苦痛となるでしょう。

INTJ

INTJは、一人の時間を楽しんでいるので、社会的な距離を置くこに対して魅力的に感じます。INTJは、全く苦痛を感じることなく自宅で仕事をすることを楽しむかもしれません。INTJの唯一の問題は、活動的に忙しく保つための機会ですが、これは。自宅で仕事ができる限り、これをかなりうまく維持できるでしょう。INTJは、時々、世界の状態を分析し、物事が進んでいる方向を理解したいと思っています。ですから、世界の情勢が制御不能になっていると気に入らず、ストレスを引き起こす可能性があります。

ENTJ

ENTJは、合理的かつ論理的な観点からすべてに取り組みます。ですから、緊張感が高まった状態だからと言って、感情に流されることを許しません。ただし、ENTJは世界状況が制御不能であり、自分にはなす術がないという状況に対してはストレスを感じます。それは、規制に従うことができないという意味ではありません。ENTJは、本来、外向的なので、社会的な距離が生じることは好みませんが、その状況における利点を確認し、何をすべきかを理解できる論理的に考え行動します。

INTP

INTPにとって、社会的な距離を余儀なくされることは、最初はかなり魅力的に感じられます。INTPは、自分で制御できない状態や特定の規則に従う必要があると辟易してしまいます。ですから、INTPは、他の人々の指図を受けない隔離された状況を楽しむでしょう。また、INTPは内向的なので、多くの一人の時間を楽しんでいますし、社会的距離を余儀なくされることで得られる隔離された場所を気に入っています。また、社会的な交流を断る際に罪悪感を感じなくて済むということは、喜びの感覚をもたらすものです。

ENTP

ENTPは他の人々から距離を置くことを余儀なくされることは深刻な問題となる可能性があります。なぜなら、ENTPは、外向的なので、新しいことを体験し、新しい人々に会うことが大好きです。好きな時に好きな友達に会えないことは、恐らく多くのストレスと不安を引き起こします。ENTPの場合、最も大きな問題は、自由な行動を制限されることです。従って、隔離状態にに追い込まれることはとても不安になる可能性があり、それを受け入れるのは困難です。

ISTJ

ISTJは、社会的な距離を余儀なくされることで、自分自身のために多くの時間を費やすことができます。ISTJは、大規模な集団での付き合いはそれほど好きではありませんが、親しい友達とつながることができることを楽しんでいます。ですから、連絡を取り合い、コミュニケーションをとることは、隔離された状況下あっても、ISTJを助ける可能性が高いと言えます。ISTJは、様々な注意を必要とする人と一緒に住んでいる場合においては、少々疲れる可能性がありますが、多くの場合、自分一人で思考する時間を楽しむでしょう。

ESTJ

ESTJは、他の人々との交流を何よりも楽しみにしています。ですから、社会的距離を余儀なくされ、交流ができない状況は、大きな打撃を与える可能性があります。ESTJは、集団におけるとつながりの感覚を大切にしています。ESTJが隔離を余儀なくされると、人生そのものが混乱しているように感じてしまいます。ESTJは、自分の計画を守ることを楽しんでおり、達成したい重要なことがたくさんあります。ですから、目標に向けて作業を続けることができないと本当にストレスになります。自宅で仕事ができない場合、ESTJは他の方法で自分の生活を忙しくする必要があります。そうしないと、社会的距離を置かれた状況に圧倒されてしまいます。

ISFJ

ISFJは確かに社会的距離を余儀なくされることを喜びます。なぜなら、ほとんどの場合、ISFJは一人で過ごすろいう贅沢を自分に与えていないからです。なぜなら、ISFJは、日々、他の人々の世話に非常に集中しているので、本当に必要としているだけの一人の時間を実際には持てないからです。この時間を自分自身に与えることは、ISFJにとって本当に活気を与えることができ、自分に集中する機会を与えます。社会的な距離を余儀なくされることで、ISFJが最も問題視するのは、愛する人たちを心配することです。ISFJは、愛する人達を保護したり助けたりするために何もできないと感じたときに失望します。

ESFJ

ESFJは最初は自分の時間を楽しむかもしれませんが、最終的に少し気が狂うようになってしまう可能性があります。なぜなら、ESFJは、愛する人のことを気にかけているので、物理的に離れていると、縁が途切れてしまったようで寂しく感じるかもしれません。また、ESFJにとって最大の問題は、計画に集中できなくなることです。ESFJは、計画と生活を自ら制御している感覚を失うと、人生が変わってしまたように感じてしまいます。

ISTP

ISTPは、周囲に人がいるとすぐに疲れ果ててしまう可能性があるため、社会的距離を余儀なくされることはそれほど悪いことではないと考えるでしょう。世界とのつながりを断ち、自分の考えに時間を費やすことができるので、最初は楽しむことが出来ます。しかし、しばらくすると、自分の家の中にいることを強制されている感覚は、ISTPに負担となります。なぜなら、ISTPは、新しいことを経験して、好きなように自由に行動できることを楽しみたいからです。そのような時は、可能であれば外を一人で散歩するなどで不満を解消すると良いでしょう。

ESTP

彼らは他の人々との交流うを楽しんでいるので、社会的距離を余儀なくされることはESTPにとって疲弊してしまう可能性があります。ESTPは自由に世界を動き回って体験できることを楽しんでいます。そのため、家に閉じこもると疲れ果ててしまします。ですから、ペットと遊んだり、外に出てしばらくの間自然の中にいると良いでしょう。また、家の中で好きな映画を見るのもお勧めです。

ISFP

ISFPは、好きな人とコミュニケーションが取れるのであれば、物理的な距離はそれほど気になりません。ISFPは、自分一人で時間を過ごすことを楽しむので、他の人々と交流するために、常に外出する必要もありません。ISFPにとって最もストレスの多いことは、他の人や世界全体の状態を心配することです。人々がお互いに残酷になり、平和が維持できない状況は、ISFPを圧倒します。また、人々が自分を守るために道徳的な感覚を放棄していることは耐えがたいと感じます。

ESFP

ESFPは、他の人々との交流を何よりも大切にするので、家の中に閉じ込められて、外に出て世界を体験することができないとき、狂ったように家の中を動き回る可能性が高いです。ESFPは、周囲の人々の幸せのために最善を尽くすので、一人で生活している場合はとても苦労するでしょう。ESFPは、行き詰まった場合に気を散らす方法を見つける必要があります。忙しい状態を維持できるさまざまなゲームや活動を見つけることが大切です。ただ家の中に篭って座っているだけではストレスを感じ、不安が高まるからです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。