MBTI

【MBTI】各タイプが最も不快に感じる状況

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ型

彼らは、新しい状況に直面することを嫌い、このことは時々彼らをとても不快に感じさせます。彼らは、自分達の身の上に起こり得るあらゆることに対処できるような心構えを持ち、自分達の任務を首尾よく遂行できるようにしたいのです。もし、ISTJ型の人々が予定された計画がすぐに破られたり、新しいことを学ばなければならない状況になったら、彼らは不快に感じるかも知れません。ISTJ型の人々は、何かに熟練するための時間を享受しており、大抵とても熟練した学習者ですが、全く新しいものを心地よいとは思いません。

ESTJ型

ESTJ型の人々は、他人が感情を明らかに過大に表現していると、不快になることがよくあります。彼らは、他人のことは気にかけますが、他人が悲しんでいる時に対処するのが不得手です。彼らは本能的に、問題の所在をすぐ明らかにしようとして、動揺している人に論理的な説明を要求します。ESTJ型の人々は、もし誰かが悩んでいることを表面上説明すると、状況を改善するための現実的な手段を適用できるように試みます。ESTJ型の人々は、もし誰かが傷や悲しみをただ表現している時は、しばしば対応方法が分からないことがあり、苛立つことがあります。

ISFJ型

人々が争いを止めることを拒む時、ISFJ型の人々は往々にして極めて不快に感じます。彼らは、本当に不和を軽蔑し、人々が状況を納められるように願っています。人々が争うと、ISFJ型の人々は極めて不幸になり、しばしば物事を改善する責任があると感じます。彼らは、自分達が気にかける人々が仲良くなり、周りに調和をもたらそうと努めています。不和が生じた時、ISFJ型の人々は物事をより良く、より平和にして安心させるために、可能なあらゆる手段を試みるでしょう。

ESFJ型

ESFJ型の人々は、その場にいる人々の前で何かしなければならない状況に不快感を抱きます。彼らは、自分だけでなく他人を幸福にすることを望んでいますが、彼らが気にかけている、または好きな人から何かをするように要求されると、不安を感じます。彼らは、他人を打ち負かすことを嫌い、他人を幸せにするために自ら多くの圧力をかけます。もし、彼らが周囲を失望させるような状況に直面すると、彼らは極度に不快で神経質になります。ESFJ型の人々は、どんな場合でも彼らが愛する人達を失望させかねない状況では、極度の不安になります。

ISTP型

ISTP型の人々は、彼らと会話をしようと強く緊張している人々がいると、不快になることがあります。人々が積極的に彼らを誘うと、それはとてもぎこちない状況になります。彼らはまた、正直でない人々と一緒にいると、とてもぎこちなく感じます。彼らは、信頼がおけない人と二人だけにはなりたくありません。また、ISTP型の人々は、感情を表現することを強いられると、極度に不安になる可能性があります。

ESTP型

ESTP型の人々は、不自然に心を開いて表わされた感情を不快に感じます。彼らは、他の誰かが動揺していても気にしないで、他人をきちんと慰めることができますが、これがあまりにも長く続くとすぐに飽きてしまいます。彼らは、他から強制される状況にいると不安を感じて、自分自身で決定できるように望みます。ESTP型の人々は、また、苦労して任務を遂行しなければならない状況を不快に感じます。彼らは、有能であると見なされたいし、任務を達成するのに滅多に苦労はしないとみなされたいと思っているので、そうできないことは彼らを苛立たせます。

ISFP型

ISFP型の人々は、自分達を理解していない人々に囲まれているように感じると、不快に感じます。彼らは、しばしばとても私的な人々であり、自分達が誰であるかを認識していない人々と自分達を一緒にされることを決して望みません。ISFP型の人々は、もし信頼できない人々に心を開くように強いられると、極めて不安に感じるでしょう。ISFP型の人々は、愛情を享受しますが、絶えず関心の的に置かれることを強いられる状況に追い込まれることを嫌います。

ESFP型

ESFP型の人々は、他人が激しい怒りを表現する時、不快に感じることがよくあります。彼らは、周囲を陽気で愉快に保ちたいと考えており、これを妨げる人々がいると、彼ら不幸になってしまいます。ESFP型の人々は、もし常に誰かの怒りや支配的な行動に耐えなければならなくなると、その環境に極度に不快に感じるでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。