MBTI

ESTPと他タイプの相性や人間関係

ESTPの人間関係

ESTPは、最も積極的なタイプでコミュニケーション能力の高い活動的なタイプです。ESTPは周りの状況や現実をすぐに察知することができ、持ち前の観察力から、他の人々を積極的に行動的にさせることができます。ESTPは基本的にコミュニケーション能力こそ高いものの、感情を理解することは少し苦手なところがあります。

ESTPは何かしら魅力的な人物として評価されることが多く、最も効率的に物事を達成することができるように他者と交渉することに長けているタイプと言えるでしょう。

恋人や友達としてのESTP

恋人や友達になったESTPは、ドキドキさせられることも多く、面白く器用さを感じるタイプとなるでしょう。一方でESTPは少し快楽主義なところがあり、軽率な行動をとったり、相手をハラハラさせるような行動をとる可能性があるでしょう。

ESTPは物事をたくさん行動することで、経験をたくさん得たいと考えているその多動性から、議論や感情的な会話に関心を持たず、話を真面目に聞いていないことも多いと言われております。ESTPは感情に関する会話はあまり興味を持っておらず、苦手なことすら多いので、恋人や友達は理解してあげる必要があるでしょう。

ESTPは基本的に活動的な合理主義者であり、優秀な問題解決者であります。そういったESTPの特徴を理解してあげることで、ESTPの活動的さ・器用さ・意欲を暖かく見守ってあげること、そして自由を認めてあげることがポイントになってくるでしょう。

両親としてのESTP

両親としてのESTPは、外での経験や主体的な行動に対して子供たちを評価し、子供とつながることでしょう。ESTPは子供と同じように好奇心が強く、活発であるために、子供たちにも同様にあらゆる体験をするべきだ、リスクをとるべきだと考えています。

ESTPの両親は、子供の臆病さや繊細な気質に対する理解が無いので、子供が繊細なタイプである場合には、子供をタフな子供にしたいと考えてしまい、子供に対する理解が薄く軽い判断になってしまうことがあるかもしれません。

ESTPは基本的に人の感情に関する話題は苦手ですので、子供に対して何かしら競技や競争での経験などの子供もの成長を楽しみ、そして自身もコーチのように熱狂的になる可能性があるでしょう。

ESTPと他のタイプの相性

ESTPと相性のいいタイプ

ESTPと最も相性の良いタイプはESTP、ISTP、ENFJ、INFJの4タイプになります。

この4タイプは情報の受け取り方が異なっている可能性や状況判断が異なっている可能性はありますが、根本的には考えていること・見えてる世界が近いことが多いので、最終的に相性が良いなと感じる可能性が最も高いタイプと言えるでしょう。

ESTPでは、INFJと対極的で全く異なるように見えますが、一定の距離を越えることができれば、近い価値観・哲学に気付き、かなり親密に付き合いをすることができるでしょう。

ESTPと場合による関係のタイプ

ESTPとの相性で、場合によるタイプはESTP、ISTP、ENTJ、INTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、共通している部分もありますが、世界に対する見え方が少しだけ異なっている可能性が高いタイプになります。共通する部分も多いので、距離を近づけることは容易であるものの、異なる部分の捉え方が鍵となります。価値観が近い分、お互いの違った価値観を魅力として受け取ることができる可能性は高いので、良い関係である友人にも一定数居ることでしょう。

お互いの違いを魅力として受け取ることができれば、一気に距離を近づけることができますが、対立する可能性も少なからず残しています。

ESTPと補完関係

ESTPと補完関係になるタイプは、INTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプになるでしょう。

これらの4タイプはそれぞれ、基本的な哲学的立場は異なり、考え方も異なることが多いでしょう。しかし、世界の見え方など似ている認知など、共通している可能性が高い部分もあります。

全く価値観は異なるかもしれませんが、相手の痛みを少しばかり理解することが出来る可能性があるでしょう。補完関係のタイプは何か意思決定する場合、対極的な意見から対立する可能性は高いですが、その分学びを得る可能性を秘めている関係とも言えるでしょう。

ESTPと対立的な関係

ESTPと対立的な関係になるタイプはENFP、INFP、ESTJ、ISTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、物事を考えるときにほぼ対極的な立場を取る可能性が高く、更には相手が根本的に何を考えているのか掴みづらい関係性です。その分、自身が苦手だったり持っていない価値観を多く持っているタイプとなりますので、最も学ぶべき、自分を磨くために必要な資質を持っているタイプになるでしょう

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。