MBTI

【MBTI】16タイプのもう一つの感情

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

『内向的な感情』がとても強いのです。
過剰が強くても、他人に何かを言うことはありません。
事実がどう言うことであるのかをとても大事にして、考えています。
常識的なものの考え方をしているので、どんなん人とでも上手の会話ができるのです。
いつでも正しい判断と行いをしたいと思っており、この考えがあるから先へ進む行動に移すことができるのです。
元々の考え方がしっかりしているので、考え流必要はなく直感で正しい判断をしていくのです。

ESTJ

外向的な直感』によって多くの繋がりを作ります。
それは仕事だけではなく、プライベートでも同じです。
意思的に何かを考えたり、直感を感じようとする場合は当てになる直感は出てきません。
無意識であり、必要な時にだけこの直感を感じるのです。
また社交的な人ですので、多くの人から慕われ行為を寄せられることでしょうね。

ISFJ

『内向的な考え方』をする人なので、表面上この人の考えを読み取ることが難しいかもしれません。
大事な人たちと過ごすことを大事にしていて、何が大事になるのかを自分の潜在意識の中で見分けているのです。
みたり聞いたりできる物事の情報を内面に取り入れ、その上で物事を判断していきます。
どんな時でも論理的なものの考えが大事なると思っているので、どんなことでも自分の中で分析をして理解を深めます。
大事なことや人への思いを大事にしているので、内面で考え込んで突然違う意見を言うことがあるかもしれませんね。

ESFJ

『外向的な直感』を持っています。
この直感を働かせることができる感覚は、この人の人となりを表しています。
毎日の生活の中で、大事な人の気持ちや思い、考えを直感で読み取ろうと努力します。
この持って生まれたその人へ働く直感によって、言葉以上に理解が深くできるのです。
この直感により、会話もより良いものになって、円滑な関係が結ばれることが多くあります。

 ISTP

『内向的な直感』を持ち合わせてます。
今、この現在のことを大事にしています。
過去や未来を考え過ぎてしまう事で、現在の日々の生活がスムーズに進んで行かなくなると考えています。
何かを正確に判断し、正しいことをしたいと思っています。
大いなことである真実によって、行動が生まれるのです。
正しい行動によて自分自身も良い人間になれ、成長できると思っています。
どんなことでも理解をすることが大切で、その上で理解をして前へ進むことが大事になっています。
なかなか進まない時は精神的にストレスを感じてしまうこともあるようです。

ESTP

『外向的な感情』はこの人にとって、大事な人たちへ溢れるように表現されます。
自分の中で感じていることをそのまま表現しながら生活をしています。
様々なところで出会い遭遇する出来事も大事なことで、そのことで彼らは自分の感情を豊かにしています。
外から受ける刺激によって、自分の知識や内面を高めていけると思っています。
こう言うことから、誰か大切な人へのストレートな表現が生まれているのです。
大切な人にこそ、伝えることをしていきます。

ISFP

『内向的な直感』により、メンタルの部分を大事にしています。
周りの人と繋がっていることがとても心地よく、大事なことなのです。
この直感によって、自分の信じるものや関わっていくことを見つけることができるのです。
直感で感じた感情は従うべきものであると思っているので、とても大事に考えています。
直感で感じることができないことをしなくてはならない時にはストレスを感じてしまいます。

ESFP

『外向的な思考機能』、これは実生活の起きた出来事を心で理解すると言うことです。
記憶力がいいので、起きた出来事を自分の中で整理して今後の出来事に役立てていくのです。
しかし、自分自身で必要とする情報は多くはなく、必要としないものは自分の中で忘れて、消えていくこともあるのです。
生きていく上で必要なことを自然に自分で選択していることで、記憶に残していくのです。
うっかり何かを忘れていても、それは誰かを傷つけることでは無いので、身近な人にとっては慣れてしまう出来事です。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。