MBTI

【MBTI】16タイプ別の労働倫理/働き方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJタイプは労働倫理を豊富に持っており、常に自分の仕事をより良くするために努力しています。
自分の職位で最高になるために自分を駆り立て、上司に印象づけたいと思っていますし、
単に懸命に働き、チームの貴重なメンバーであることが重要であると信じています。
怠惰であると見なされることを望んでおらず、本当に自分のキャリアで役立つことを望んでいます。
そのため職場で怠惰になることはめったになく、自分の仕事を非常に真剣に受け止めるでしょう。

ESTJ

ESTJタイプは間違いなく強い労働倫理を持ち、改善のためにできることをすることを正しいと思っています。
このタイプは肩書きが何であれ、自分が何をするにしても最高であると見なされることを望んでいるので、
しばしば自分自身を非常に強く駆り立て、成功するために多くのプレッシャーをかけます。
また、怠惰であると見なされることを望んでおらず、
コミュニティおよび作業チームの貴重なメンバーと見なされることを心から望んでいます。
このタイプは間違いなくリラックス時間を楽しんでいますが、働いているときは全てを捧げています。

ISFJ

ISFJタイプは、特に愛する人に提供したいので、一生懸命働くことを正しいと思っています。
ですので働くことに対する十分な感謝を受けていなくても、仕事で懸命に働き続けるでしょう。
このタイプは通常、すべてが確実に完了するために追加のタスクを実行する人です。
攻撃的ではないので、自分の努力を他の人に知ってもらおうとしないかもしれません。
また常に自分が本当に必要とする以上の仕事をしているので、
上司が重労働に注目する仕事のポジションで最善を尽くします。
このタイプは強い労働倫理を持ち、コミュニティの貴重なメンバーであると信じています。

ESFJ

ESFJタイプはまともな労働倫理を持ち、しばしば最善を尽くすことが正しいと思っています。
自分たちの仕事をうまくやり、チームの貴重なメンバーになるように自分に多くのプレッシャーをかけています。
また仕事で怠けることを良しとしませんし、しばしば自分自身を非常に強く駆り立てます。
ただし、このタイプは長い間周りの人からの感謝を感じないと苦しくなることがあり、
結局、自分自身をあまりにも頑張らせてしまう可能性もあります。
つまりこのタイプは勤勉ですが、感謝を欠かれると限界があるのです。

ISTP

ISTPタイプは怠惰な人ではありませんが、自由を行使するのと同じくらい、労働倫理を重視しません。
自分独自であることを望んでおり、非常に独立した人です。
このタイプは他の人たちが意味のない何かをするよう促している仕事において苦労するでしょうが、
ひらめきを与え、十分なスペースで独自のことを実行できるようにする職業において、積極的な労働倫理を持ちます。
ですので細かいところまで管理されていると、このタイプの労働倫理と忍耐力が確実に破壊されてしまいます。

ESTP

ESTPタイプは一生懸命働くことを正しいと思っていますが、同時に近道をするのが好きです。
このタイプは単に自分の経歴を前進させたいだけで、他の誰かの考えを改善する方法を見つけることにおいては気にもとめません。
またこのタイプは自分たちを前進させ、自分が行きたい場所にたどり着くために近道を取ることに反対していません。
確かに怠惰ではありませんが、独自の道徳的規範と、優れた労働倫理とは何かについての非常に個人的な考えを持っているので、
どんなことでも、自分の仕事で最高になる方法を見つけます。

ISFP

ISFPタイプは、自由になりたいという強い欲求を持っているため、
積極的な労働倫理を見つけるのに苦労するかもしれません。
このタイプは、自分独自のことをできるようになりたいので、自分が信念を持たない職業に追い込まれるのが嫌いです。
自分がやっていることは本当に何かを意味していると感じたいし、
道徳的に正しいと思えない仕事に就くことを嫌います。
そのため働いている会社または場所が道徳的に健全ではないと信じてしまうと、
間違いなく自分の労働倫理との葛藤がおこります。

ESFP

ESFPタイプの労働倫理は、完全に自分のキャリアとどれだけ楽しんでいるかにかかっているので、
幸せになれない立場にある場合に、非常に苛立ちます。
刺激を与えない何かを強制されることを嫌うので、おそらくその立場では非常に怠惰になるでしょう。
しかしこのタイプが自分の仕事に情熱を傾けているとしたら、他の誰よりも懸命に働くでしょう。
毎日仕事で幸せになりたいだけであり、このことは労働倫理に完全に影響します。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。