MBTI

【16タイプ別】一人暮らしへの考え方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

一人暮らしが好きな人もいますが、実際に経験してみると苦労もあります。
ここでは、各性格タイプが一人暮らしをどのように扱うか、
どのようによりうまく対処できるかについて説明していきます。

INFJ

INFJタイプのほとんどは、特に経済的に対処できる場合には、実際に自分で一人暮らしをするのを楽しみます。
経済的なストレスに圧倒されない限り、このタイプはこの自由を持つことを楽しみますし、
楽しいことを行うために多くの時間を費やすことができることは、このタイプにとって素晴らしいことです。
このタイプが長い夜に孤独を感じないようにするためには、ある種のペットを飼うのが最善です。
寄り添ってくれる動物のぬくもりがある限り、独りでいても非常に幸せになるでしょう。
また、友達と連絡を取り合うように最善を尽くしますが、
自分が望むときに友人に会うために連絡をとることは、このタイプにとって本当に有益なのです。
悲しいことを考えすぎている場合に親しい友人に電話をかけることができることは、
このタイプが一人暮らしに対処するのに役立ちます。

ENFJ

ENFJタイプは、一人暮らしをするという考えを好むことがよくありますが、通常は考えているほどいいものではありません。
このタイプは社会的な交流を楽しんでおり、一人でいる時間が長すぎると不安になるうえに、
自分一人で時間を過ごすことを楽しんではいますが、あまりにも多くの時間があると実際には圧倒されてしまいます。
愛する人とのつながりはこのタイプにとって非常に重要であり、一緒に暮らしている場合には精一杯努力します。
しかし、神経質にさせたり、私的領域を与えない人と一緒に暮らすことはこれとはまったく異なります。
このタイプは信頼して深く気遣える人と一緒に暮らせるならば、最善を尽くせるのです。

INFP

INFPタイプが一人暮らしについて本当に好きなことがいくつかあります。
このタイプは自分で好きなことをするためにたくさんの時間を過ごすことを楽しんでいますが、しばらくすると孤独が押し寄せてくるでしょう。
1人暮らしのこのタイプが外の世界とのつながりを維持することは重要であり、
1人でいることが許されない、実際の人と人とのつながりを維持する手助けをする仕事をしている場合には、がんばることができます。
これにより、このタイプが1日の仕事を終えた後、1人で過ごす時間をよりポジティブに感じることができます。
しかし、かなり活発な精神を持っているので、1人でいるとき、悲しいことについて考えすぎてしまうかもしれません。
たくさんの時間を一緒に過ごすことができる人たち、そして頻繁に訪れてくれる人たちがいるなら、このタイプは最善を尽くすでしょう。

ENFP

ENFPタイプはかなり独立しているため、1人暮らしに伴う自由を愛することがよくあります。
このタイプは同居人に迷惑をかけているように感じることなく、好きなだけ騒々しいことができることを楽しみます。
また、自分で選択する能力を楽しんでおり、きまぐれに家中で踊ったり、好きな音楽に合わせて歌ったりしています。
自分の好きなことをするだけという単純な能力は、このタイプにとって1人暮らしを本当に楽しいものにしてくれます。
ただし自分自身を楽しませ続けるために十分なものを持っていることを楽しまなければ、
退屈してネガティブなことについて考えすぎてしまうでしょう。
このタイプは、頻繁に訪問してくれる友人や愛する人がいる場合において1人暮らしに適しているのです。

INTJ

INTJタイプは、1人暮らしが可能にする独立性を楽しむため、たいてい1人暮らしが好きです。
他人からのプレッシャーを感じることなく、好きなことができることは、このタイプにとって正直に素晴らしいことなのです。
とにかく、ほとんどの時間を一人で過ごすことを好み、物事を考えるのに何時間も費やすことができるとより元気が出ます。
ただし、自分の心にとらわれすぎる可能性があり、独りでいる時間が長すぎると特定の身体に関することを忘れることがあります。
さらに外の世界につながっていることを確信している限り、自分ひとりでとても上手に生活できるうえに、
社交性を強いられる仕事をしている場合は、仕事の後に1人で十分な時間を過ごすことから本当に利益を得ることができます。
また、食事に関するある種のスケジュールを維持するために最善を尽くすので、健康を害することを防ぐことができます。

ENTJ

ENTJタイプは、1人暮らしに伴う自由を享受しますが、実際には特定のレベルの孤独と闘う可能性があります。
このタイプは社会的な交流を楽しんでおり、一緒に時間を過ごせる人を持つことを好んでいます。
1人暮らしのこのタイプは、活動や何らかの外部刺激に参加し続けるのが最もよいのです。
いつでもやって来て、交流を続けるのを楽しむ友人がいることは、このタイプが1人暮らしに対処するのに役立ちます。
このタイプはある程度の自立を楽しんではいますが、周りの人々と議論したり、
物事を進めたりすることも好みますし、生来のリーダーなので、他の人が同じ家に住んでいても気になりません。

INTP

INTPタイプは自分の物理的な存在を忘れる傾向があり、1人暮らしをしている場合は少し危険です。
このタイプは自分の内部の世界に巻き込まれすぎるため、周囲で何が起こっているかについていけなくなる可能性があります。
また多くの場合、自分自身で十分な時間を過ごすことを楽しんでおり、特に、自由に自分で選択できる能力を持っています。
単に自分の考えにおいてあまり迷わないようにし、
実際に自分自身を養い続け、身体的な健康をケアし続けることを確実にする方法を見つけなければなりません。
このタイプは、十分な私的領域を提供してくれるのに加え、周囲の世界との接続を維持できる同居人がいる場合に、実際に精一杯努力できます。
さらに1人暮らしのこのタイプが様々な趣味で活動を続けている限りにおいては心配無用です。

ENTP

ENTPタイプは非常に独立した人ですが、1人暮らしという考えに苦労することがよくあります。
このタイプは非常に活発な心を持っており、1人でいる時間が長すぎると不安な感情を引き起こすことがありますが、
常に仕事関係の人々と闘っているので、このことが1人暮らしをしたいと思わせてくれます。
一人暮らしに苦労するこのタイプの最善の解決策は、単に忙しくしておくことであり、趣味や外部からの刺激が豊富な場合に最適化します。
自分の考えを豊かにするだけで一日中家に座っているのではなく、
外の世界とのつながりを維持するために活動的になる必要があります。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。