MBTI

【MBTI】16タイプとモチベーションについて

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJは、特に必要な毎日のタスクに関しては、モチベーションを高めるのが容易なことがよくあります。反対に自分のコンフォートゾーンの外に自分自身を押し出すことになると、もっと苦労するかもしれません。ISTJは実践的な活動を楽しんでおり、しばしばスケジュールに集中し続けるため、通常の活動から遠く離れている何かをしなければならない場合には、やる気を出すために少し苦労するかもしれません。ISTJは知的な人であり、何かを行う必要があることを知っている場合、それを達成するために自分自身を後押しできることに驚いています。
ISTJが正しく評価されていない、努力が進歩していないように感じられると、自分のモチベーションを上げるのに失敗することがあります。単に自分がうまくやっていることを知っている必要があり、前進し続けるために十分な肯定的なフィードバックを得る必要があるのです。反対に批判を受けた場合にも、適切な変更を行うためには、それが建設的なものである必要があります。

ESTJ

ESTJは通常、非常にやる気のある人であり、前進する自然な動機があります。常に物事を成し遂げることを試みており、実際にタスクを達成することを楽しんでいます。ESTJは生来の供給者であり、家族や愛する人の実際的なニーズに対応するために必要なことは何でもします。
ESTJがやる気を感じていない場合は、おそらく努力が自分自身をどこにも導いていないためです。愛する人が感謝していないように感じた場合、時々落ち込でしまうでしょう。ESTJは本当に、誰かに背中を押してもらい、前向きなきっかけを与えて欲しいだけなのです。

ISFJ

ISFJは日常のタスクの遂行に優れており、実際に物事を成し遂げるのに優れています。特にこれを行うために情け容赦なくなる必要がある場合は特に、気力にあふれた人になるために自分自身をやる気にさせるのに苦労するかもしれません。ISFJは通常、人生の単純なことを本当に楽しんでいるので、自分にやる気を起こさせることを強制するのは魅力的ではありません。ISFJは家族や愛する人の周りにいることが大好きで、家族や最も近い人々のニーズに応えるために多くの時間を費やしています。
家族が何かを必要としているように感じさせることは、ISFJをやる気にさせるのに本当に役立ちます。ISFJはいくつかの内部のニーズや欲望よりも、他の人からインスピレーションを得ているのです。

ESFJ

ESFJは通常、特に愛する人を幸せにすることに関して、物事を成し遂げることに非常に優れています。ESFJは自分に最も近い人々のニーズに対処することを楽しみ、他の人を幸せにするためにどんなことでもします。ESFJは勤勉な人であり、周囲の人に印象づけるために多くのタスクを引き受けることがよくあります。
ESFJは、自分の努力が気づかれていないと感じた場合、苦労するかもしれず、自分自身の本当の最低点に達するかもしれません。感情的に圧倒されていると感じることは、しばらくするとESFJの重荷になるでしょう。ESFJが前進するために本当に必要なのは、愛する人のサポートを得ることです。ESFJは愛され、気にかけてもらっていると感じるために最も近い人々を必要とするのです。

ISTP

ISTPは、特にやりたくないことに関しては、モチベーションに苦労することがよくあります。ISTPは単に、本当は自分のものではない目標に向かって自分自身を後押しすることは、非常に無意味であることを発見します。ISTPはむしろ、趣味や楽しんでいるものに飛び込む時間を費やすことを望んでいます。モチベーションがないように見えるかもしれませんが、次の動きを理解するために一人で時間を費やすことを好むだけです。退屈な作業になると、ISTPは最後の瞬間まで物事が完了するのを待っていることに気づくでしょう。ギリギリであっても、タスクを十分に完了するように自分を後押しするため、通常はこれで問題ありません。
ISTPを強制しようとすることは、実際にモチベーションにとって最悪の方法です。ISTPは自分たちの決定が自分のものであり、周りの人々が自分にそうするように圧力をかけていないように感じる必要があります。気にかけている誰かにとってそれが重要であるならば、それはしばしばISTPのためのまともなモチベーションになるのです。

ESTP

ESTPは非常に勤勉な人々であり、成功するために自分を後押しします。しかし時々モチベーションに苦労し、最後の最後まで仕事を先送りにするかもしれません。しかし、ほとんどの場合、優れた基準で物事を成し遂げるでしょう。ESTPはしばしば非常に成功した人であり、目標を達成したいというこの願望はESTPの大きなモチベーションになるのです。
目標に向かって前進するために行うことが実際的なことであることを理解することは、全てのESTPにとって前進するために本当に必要なものです。感情的に圧倒されている場合、それは時にはESTPを苦しめることもあります。ESTPは、周囲の人々にサポートを示し、前進を支援することを要求するだけです。

ISFP

ISFPは比較的のんびりした人であり、そのためしばしばモチベーションと格闘します。ISTPは自分で多くの時間を費やし、音楽を読んだり聞いたりするなど、楽しんでいることに飛び込みます。ISFPは、それが本当に嫌いなものである場合は特に、毎日のタスクを実行するためにモチベーションを上げるのに苦労することがあります。
ISFPはむしろ楽しんで時間を費やすので、モチベーションを奮い立たせることができます。ただし他の人から批判されていると感じているなら、やる気を出すのに間違いなく苦労し、サポートや励ましを示してくれる愛する人がいるなら、最善を尽くします。

ESFP

ESFPは楽しいこと好きの人であり、幸せで前向きであり続けることを好みます。ESFPは興奮を楽しんでいるので、最後の最後までしばしば物事を先延ばしにするでしょう。またESFPは自分がしなければならないことに気づいたときに物事を成し遂げるでしょうが、途中でそれについて文句を言うかもしれません。
ESFPは、カリスマ性を使って物事から抜け出すのが得意な場合が多いので、しっかりと後押しすることで最もモチベーションが上がります。ESFPは自分の面白い個性に気を取られることなく、物事を成し遂げる手助けができる人を必要としています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。