MBTI

【MBTI】16タイプごとの敵意の受け止め方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

誰から敵意を感じたとき、あなたはどうする?
敵意や悪意に出会ってしまった時、どの様に解決する?
それぞれの性格別の対応を見ていきましょう。

周りの人からの敵意。
とても不快で、受け止めることも大きなストレスでもあります。
しかし、人それぞれに受け止め方があり、対処の仕方も違うのです。
性格別で対処の仕方はこんなにも違うのです。

INFJ

他人と距離を持って生きているこのタイプの人は、過度な敵意を感じるととても不安になります。
また、自分自身に敵意が向いているとわかった時、その不安は大きなものになってしまいます。
この敵意が自分自身の大切な人や、深い関わりを持つ人からのときは傷ついてしまうほどの大きなショックとなるのです。
しかし、誠実な部分を持ち合わせているので物事を良い方向へ進めていきたいと願っており敵意なく関係を修復しようとします。
また最愛の人が敵意の標的になった時には、愛する人を大切に守ろうとし、相手との対峙も辞さない強さを持っています。
不安を抱えずに生きることが日々の幸せだと思っているのです。

ENFJ

敵意が見えたとき、他人の感情にとっても敏感なこのタイプの人は慌てることなく、周りの人すら落ち着かせ冷静な判断をしていきます。
しかし、この様に相手の気持ちとうまく歩み寄りができないとき、1人取り残された様な気持ちになるです。
誰かからの敵意をとても不快に感じ、自分の人生に予期せぬ侵入者があったと感じるでしょう。
敵意から愛する人を守ることをとても大事な、使命とさえ捉える愛情深さを持っています。

INFP

ネガティブな人の感情を嫌っています。
敵意の種類に関わらず、敵意といった感情を嫌っています。
感情に関して敏感でもあるので、怒りや敵意を抑えられない人が周りにいるだけでとても悲しい気持ちになってしまいます。
また愛する人が敵意で苦しむ姿を見ることは、同じ様に苦しみと感じます。
この様なマイナスな気持ちが満ち溢れた日常が続くと、このタイプのひとはその場から去り、安らいだ場所へ向かっていきます。
敵意とは穏やかな日常には不必要なものなのです。
何より穏やかの日常を望んでいるのです。

ENFP

平和を求める部分のあるこのタイプは、敵対的な人と共に共存することを嫌い、その感情さえ受け止めることを避けています。
コミュニケーションがうまくとれなことを嫌い、言い争いや、敵と向かい合うことも嫌いなので、解決できなければ逃げ出してしまうかもしれません。
この様な敵意は、気持ちの上でも攻撃を受けている様な気分にさえなっていますが、こちらからアクションは起こさないでしょう。
人との穏やかな関わり合いを大切になるため、誰かからの敵意を感じたとき、遠くへ離れていくことになるでしょう。
争うことより、距離を置くことで平和を保とうとします。

INTJ

敵意を感じたとき、大きな動揺はせず冷静に受け止め対応していきます。
敵意を持った人を落ち着かせ、話し合い、関係の修復を試みるのです。
しかし、それがうまく行かなかったときには、持ち前の性格でもある切り替えの速さで、躊躇うことなく断ち切ってしまうことも。
良い関係が作られない、作り直すことができないと感じたとき、自分の人生には関わりが必要ないと判断をするのです。
これは表立って見えない内面の部分でその決断が下られます。
常にポジティブな思考のあるこのタイプの人ですが、感情に左右されすぎていることを敬遠するのです。
また愛する人が辛い思いをしたときは、その状況から守ることをします。

ENTJ

こちらのタイプは敵を感じたとき、すぐに断絶を選びます。
強い信念を持っているので、他人からの敵意に揺らぐことはないでのです。
自分自身が守りたいものや、必要ならば対立をすることもあると本能が察知しています。
強い敵意を感じることがある場合は、自分の考え伝えることで今起きている状況を良いものにしようと努力をし、敵意を取り除こうとします。
リーダーシップも取れるタイプですので、この様な状況が起きたとき改善への指示を出すこともできる人です。
相手から悪意や強い気持ちを感じると、やがて自分の人生からその人を追い出し、平和な日々を取り戻すでしょう。

INTP

誰かから敵意を受け、対立する様な状況は避けています。
論理的で知性に溢れるこのタイプなので、考えなく動いたり感情的になることを嫌います。
自分自身の感情のコントロールが得意なので、それができない人とは深い関係を築くことをしません。
感情的になる人や、状況の判断ができない人と話し合うことをしますが、建設的な話し合いを望みます。
しかし、相手の態度が改まらない時には、必要以上には歩み寄りはせず、対等な立場で話すをすることをあきらめ、距離を持った対応しているかもしれません。
悪意や敵意は感変え方や捉え方でコントロールか可能なものだと確信しているのです。

ENTP

どの様な状況にいても、どんな問題でも上手に対応しトラブルであっても楽しんで解決しているかの様なタイプです。
ネガティブな意見であっても耳をかた向け、相手の気持ちを聞き、向かい合うことで解決をしようと努力します。
状況を把握し、起きてしまったことを解決したり、良い方向へ向かわせる方法を本能で知っていて、その解決も楽しんでいる節があります。
新しいことへのチャレンジ、開拓者でもあるこのタイプは悪意のある状況も解決を解決できると信じています。
また恋人がその様な状況に陥ったときは、恋人を守り抜く強さを持っています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。