MBTI

16タイプとお世辞について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJタイプは直接的で率直なので、お世辞を言うことには興味を持っていません。
むしろ自分の働きと知性に自分のことを語らせたいのです。
このタイプは、欲しいものを手に入れるために誰かにこびるのではなく、物事を成し遂げること、そして最高の仕事をすることに焦点を当てています。
このタイプはしばしば自分がやりたいことを手に入れるために、誰かにお世辞を言う必要があるよりもむしろ自分で何かをしたいと思っているのです。

ESTJ

ESTJタイプは、機転の利かない性格かもしれないため、お世辞を言いたいと思うことはあまりありません。
このタイプは誰かにこびる必要があると感じるよりも、むしろ直接的に要領を得たいのです。
また、このタイプは非常に独立した人であり、他人の助けを借りずに必要なものを手に入れるために無理をしすぎることを恐れません。
つまり目標を達成してそれを実現するために必要なことを行いたいと望んでいるのです。

ISFJ

ISFJタイプは、特に調和を維持することを好むため、お世辞を言うことができます。
特に感情が愛する人や環境に影響を与え、人々が動揺することが好きではないのです。
誰かが動揺したり怒ったりした場合、このタイプはしばしば相手を落ち着かせて幸せに感じさせようとします。
このタイプは思いやりの強い親切な人なので、誰にでもお世辞を言うのが得意であり、
人々を気分よくすることを楽しんでいるので、お世辞を言う行為はこのタイプを悩ませるものではありません。

ESFJ

ESFJタイプは多くの場合、特に相手がより良い気分でいる必要がある場合に、お世辞を言うのに優れています。
このタイプは、人々の感情が周囲を動揺させたり、環境の調和を混乱させたりすることを望んではいません。
また、特定の状況で最高の反応を得るために、相手にお世辞を言おうとする場合があります。
他人の感情を強く理解している思いやりのある人なので、お世辞を言うのが得意なことがよくあるのです。

ISTP

ISTPタイプは感情よりも事実に重点を置いているように見えますが、
だからといってお世辞を言えないわけではありません。
このタイプはしばしば性格に魅力的な面を持ち、自分に対してもう少し好印象に感じてもらえる方法を知っています。
また、問題を解決する必要があったり、誰かの気分をよくする方法を見つける必要がある場合、望んだ結果を得るために、少しお世辞を言うことができます。

ESTP

ESTPタイプは魅力的で社交的であるため、お世辞を言うのが得意です。
何かを望んでいるとき、何にも邪魔をされたくないので、実現するための最善の解決策を模索します。
時々これは誰かにお世辞を言い、望むものを得るために、自分の魅力を使う方法を見つける必要があることを意味します。
このタイプはお世辞について不誠実だとは感じておらず、
しばしばそれが目的のための有用な手段であると感じています。

ISFP

ISFPタイプは人々にお世辞を言うのが得意ですが、だからといって常にそうしているわけではありません。
このタイプは人々の気分を良くすることを楽しんでいるために、気分を高めるために親切な言葉を話すことがよくあります。
たいていの場合、この親切な言葉はお世辞ではなく、より利己的な理由によるものです。
つまり、人々に対して誠実で前向きであることを好むがゆえに、
やりたいことを達成するためにお世辞を言わなければならないと少し感じすぎているのです。

ESFP

ESFPタイプは非常に友好的で魅力的であり、お世辞を言うことに本当に優れている場合があります。
このタイプはしばしば誰かが本当に気分を良くするために言うべき正しい言葉を知っています。
またネガティブではなくポジティブな感情を広げることを好むため、実際にはほとんどの場合にお世辞を言うことを楽しんでいます。
このタイプが何かを望んでいるとき、しばしば少し頑固になり、望みを叶えるために持っているすべてのツールを使用するので、
時には、自分が求めている結果を得るためにお世辞を言わなければならないことを意味します。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。