MBTI

16タイプと調査・検閲について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

検閲という言葉では難しく感じますが、何かを取り締まられるような状況はどんな人でも楽しいものもとは思いません。
検閲のようなことを受ける時にどのように感じますか?
不快な気分になる人も多くいるのかもしれません。
それぞれのタイプが感じる検閲について見ていきましょう。

INFJ

個人として何かの調べを受けることはとても不快に感じています。
自分の中で正しいことがなんであるのかをモラルとして持っているからです。
個人を大事にするべきだとの考えがあるのです、検閲のようなことは必要ないと考えているかもしれませんね。
人にはそれぞれの考えや思いがあるので検閲という方法でそれを縛ってしまうことがとても良くないと思っているからです。
他人に自分自身を含めた一個人か管理され、コントロールをされることを望んでいません。

ENFJ

検閲が必要なものだとは思っていません。
自由に情報を共有したり、考えを持つことが大事なことになるからです。
人々は発言も思想も自由であるべきだと思っています。
何かを制限されながら生きていくことはとても不自由なことになるのです。
検閲は人の一部分しか見ることができないものなので、それはとても不公平で危険な行為になると思っているのです。
道徳的な考えを持っているので、検閲の仕方に対しても人の権利にとても敏感に感じるようです。

INFP

検閲に対して、とても反対しています。
芸術などの部分において、自由な発想や考えはとても大事なものであるからです。
また本や映画などのカルチャーにおいても、検閲を設けてしまうことで伝えたい大事なことや物語を正しく伝えることができないことが起きてしまうからです。
一部の人にとっては快く思わない事かもしれないと良くわかっています。
検閲をしても物事を全て、完全に警告したり排除してしまうことがない状況を作るkとが望ましいと考えています。

ENFP

繊細な心と感情を持つ人で、物事は自由に発信していくことが大事だと思っています。
検閲をすることで、一定の決まった情報しか手にしれことができなくなることはとてもバランスの悪いことだからです。
検閲など必要とせずにそれぞれの想いを発信できる世の中が良い世の中になると思っています。
道徳的な人なので、検閲という方法は間違っていることだと感じているようです。

INTJ

芸術や情報は検閲など必要とせずに表現の自由を大事にすべきだと考えています。
情報は人々に大切なものであるので、特別な人の管理のもとで操作をすることは必要ではないと考えています。
多くの人がいてそれぞれの捉え方があるので、人によっては情報に不満を感じることがあるかもしれませんが、故意に情報を変えてしまうことは良いことではないと思っています。
物事を変えるのではなく、本来のストーリーや本質を見てみたいと、そしてそれを見せる必要があると思っています。

ENTJ

検閲のルールや決まりを知りあたいと思うことがあるようです。
何かを縛られるようなことは良いこととは思えないのです。
情報を受け取る側としては、本当に知りたいことがしれないのはとてもつまらないことになるからです。
情報を受け取るためには知識が必要になると思っているので、情報は全て伝えて欲しいと思っています。

INTP

物事をよく理解するために、色々な方向から見ています。
検閲などで情報が帰られたり、部分的になってしまうことは疑問を持つことになるのです。
この疑問はいずれ、不満となってしまうので、とてもよくないことだと思っています。
特に文学や芸術に関しては、検閲など行わず全ての情報を知りたいと思うのです。
検閲によって変えられてしまう情報こそ、大事なものであると考えています。

ENTP

探究心のある人なので、検閲のように情報が変わってしまうことを楽しむことができません。いつもアンテナを張っているタイプなので、アート、芸術などの情報はとても大事に考えています。検閲されることで重要な部分がなくなってしまうので、情報としては不十分になるのです。
検閲の今ある考え方を良いものと考えることができないのです。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。