MBTI

【16タイプ別】性格タイプに基づく在宅勤務の対応

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

彼らは物事を成し遂げることに関心をもつ有能な人です。自宅で仕事をすることになったとしても、特に問題なく仕事を出来るようです。彼らが働いているとき、自分の仕事に集中し、常に最善を尽くしているということを確認したいと考えています。彼らは安心するために一定の社会的相互作用を必要とせず、代わりに自分の時間を持つことを好みます。彼らが集中して仕事をやり終えたいと感じる場合、周りに人がいると消耗してしまう場合があります。

ESTJ

彼らは効率性と物事を成し遂げることに興味があるため、彼らが焦点を当てているものに、作業を集中して行うようです。彼らは何をするにしても、それが素晴らしいものであることに価値を置いています。そのため、自宅で仕事をしていても気になりません。彼らは仕事が終わった後に人と会話できるようになる必要があるだけでなく、彼らが検証したことについて、確認する必要があります。そのため、このような機会がなければ、彼らは孤立してしまいます。

ISFJ

彼らは他の人との繋がりを大切にしていますが、それと同時に自分自身の時間も楽しんでいます。自宅で仕事が出来ることは、彼らにとっていくらかの余裕を与えるため、彼らにとってはとてもやりがいがあります。彼らは内向的な性格であり、充電するには自分の時間を必要としますが、他の人を心配している場合、自分の時間を過ごせない場合があります。他の人とのやりとりを常に心配する必要はなく、自宅で仕事を終わらせることが出来るため、彼らは実行する必要がある課題に対して、より集中して行うことができます。

ESFJ

彼らは社交的な人ですが、これは彼らが在宅勤務が困難であるというわけではありません。時には他人を世話したり助けたいという欲求が周囲の人に気を取られてしまうことがよくあります。彼らが仕事をしているとき、他の人を助ける必要があるということで気が散るかもしれません。物事を成し遂げるために時間を過ごすことは彼らにとって、集中することに役立ちます。彼らが物事を成し遂げるために集中すると、気を散らすことなく自分の時間を楽しめるかもしれません。彼らは社交の時間を必要とするため、他の人と過ごす必要があります。

ISTP

彼らは自宅で仕事をすることを気にせず、実際にはその時間を楽しめるかもしれません。彼らは長い時間人と交流出来なければ疲れ果ててしまうことがあるため、他の人と関わる必要があることで、それが彼らを落ち込みさせます。彼らは多くの場合、干渉されていると感じずに自分の都合で物事を成し遂げるために自分のペースを好みます。他の人が相互作用せずに自分の仕事に集中出来ることは彼らにとって多くのメリットがあります。彼らは1人の時間を楽しんでおり、他の人の存在によって、常に検証されるのはいやなようです。

ESTP

彼らは在宅勤務を楽しむことができますが、人とやりとりすることを好みます。彼らは他の人と交流を楽しむ社交的な人間であり、そうでなければ彼らは不安になることがあります。彼らは実際には外とのつながりを感じる必要があり、あまりにも長く1人でいることに疲れてしまう可能性があります。しかし、彼らは仕事を成し遂げることに関心があり、必要な時に論理的かつ、効率的に最善を尽くします。周囲に人が多すぎず、仕事をしているときに気が散ることはありませんが、彼らは人との交流を求めているようです。

ISFP

彼らは自分の時間を持っていることを楽しんでおり、他の人のまわりにあまりにも長くいることに疲れてしまいます。自分の仕事を完了するために時間を過ごすことは、実際にはリラックス出来るようです。彼らは人を気にしながら検証されると感じ、それに伴って人と
社交する必要を感じないようです。彼らにとって自宅で仕事をする上で最悪のことはモチベーションを見いだすことです。なぜなら、彼らは様々なことに気が散るようです。

ESFP

彼らは社交的な人であり、他の人とのやりとりで繋がりを感じています。彼らの場合、実際には自宅で仕事をしなければいけない場合、少し苦労するようです。彼らは他の人を喜ばせ、自分の仕事を成し遂げることを大切にしていて社交的で、活発な人々です。彼らは他の人との繋がりを感じ、距離が長すぎると感情的に疲れしまう場合があります。彼ら他の人との繋がりを感じることができる職場を好むため、自宅での作業は彼らにとって少し難しいかもしれません。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。