MBTI

【16タイプ別】それぞれの性格タイプの家事への考え方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

家事も快くやる人です。
特にやらなくてはならない家事に関しては、気にすることもありません。
家事も仕事も一生懸命に取り組んでくれるので、効率よく進めてくれます。
他の人にとって退屈で、つまらない様な家事でも楽しんでくれるので、一緒に暮らす人は楽をできるかも知れませんね。
自分がしなくてはならない家事でも仕事でも、責任感を持ってやり遂げてくれます。

ESTJ

物事の達成感を感じることが好きなので、家事にも当てはまる様です。
しかし、仕事なの何か集中して取り組んでいることがある時は、家事へ気が回らなくなることもしばしばあるそうです。
そんな時は期待せずに、できる人がやるほうが効率的だと思います。
今タイプの人は効率よく物事を進めるのが好きなので、自分自身も家事をするときは効率よく進めていきます。
また、家事にも目標の様なものを持っているので、しっかりと取り組んでくれるのです。
退屈な雑用でも、達成感を味わうために予想以上にしっかりと家事に取り組んでくれる頼もしい人ですね。

ISFJ

家族や人の役に立つことを嬉しいと思っています。
家事でもそれは同じですね。
家族の手に負えない家事でも頼まれると、必要とされていると感じるので引き受けてくれます。
自分がこなす事で、亜属みんなが心地よく暮らせることが何よりもの幸せと思っています。
家事は家族で、できる人ができるときに率先してやることが望ましいと考えていますね。

ESFJ

お世話すきなこの人は、家事だけではなく愛する人のお世話もしたいのです。
そして、他の人が嫌がる様な家事でさえ快く愛する人のためにやってくれるのです。
その時にこのタイプの人は達成感と幸福感を感じます。
家族のお世話ができる環境をとても大切に思っているので、家事も当然だと思っています。
自分で、家族が暮らしやすい環境を作れることはこの人にとっても幸せなことなのです。

ISTP

家事は嫌いです。
しかし、この人の周りにはなぜか、家事をしてくれる人が集まってくるのです。
人望なのでしょうか。
ですので、誰かが必ず家事をしてくれるので、家事をすることはなく自由気ままに暮らしているのです。
もし、家事をする様なことがあれば、息苦しく身動きが取れないと感じるかも知れません。
この人には家事を求めず、自由を味わわせてあげることが家族の平和となると思います。
大切なことは、家族が幸せな空間で暮らすことかも知れませんね。

ESTP

どうしても家事はしたくないので、家事をしなくていい方法を見つけ出します。
回避する方法を探すのです。
きれい好きでもあるので、掃除は不可欠なのですが自分ですることは苦手なのです。
自分の興味があるときはとや、新しい何かのために時間をかけるのですが、家事に時間をかけるという考えはない様です。
もし、しなくてはならなくなっても、上手にしないで要状態を作ります。
この人へは家事をしてもらうことは考えず、家族で分担したほうが家事はスムーズにすすことでしょう。

ISFP

家事にワクワクすることはないので、家事は好きではなりません。
ワクワクしたり楽しんで過ごすことが大好きなので、家事は苦痛でしかないかも知れませんね。
自分の情熱を注げるものを探していますが、家事はそれには当てはまらない様です。
家事をせざるを得ない時、きっとしてくれるます。
しかし、進んで始める事ではないので、少し時間がかかりそうです。
その時間を待つ間に、家族がこなしてしまうことが早い時もあるかも知れませんね。
家事にワクワクしてもらうことは、なかなか難しいことの様です。

ESFP

家事はしてくれます。でも実は家事は嫌いなのです。
家族のためなら、家事をこなすのですが、本心では気が進まないことなのです。
実際に家事をしても、気が乗らないので他の気が散ってしまいがちになり、家事は進みません。
もっと、自分の心から楽しめることをしたいと思っているからです。
気が進まない家事は終わりが見えず、家族が苛立つことがあるでしょうね。
仕方ありません、少し気長に見てあげてください。
やらないわけではなく、時間がかかるのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。