MBTI

【16タイプ別】会話の中断に対する性格タイプ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

会話の途中で、話が中断されてしまった時あなたはどうしますか?
ビジネスの時や食事会、それぞれのシチュエーションがあると思いますが、会話をどのように考えているかによって違ってくることでしょう。
会話が止まってしまった時のあなたの反応や対応は?
タイプ別に見ていきましょう。

INFJ

会話の中断をされることはとても嫌がります。
会話を楽しんでいたり集中している中で会話が中断されても、会話に夢中で気がつかないこともしばしばあります。
悪意を持って、途中に入ってきた会話を聞いていないのではなく、あくまで自分の話に夢中になっているのです。
その時にこのタイプの人は、無視をしていると思われてしまうのです。
自分が会話の中でリーダーシップを取りたいと思っているので誰かの話を中断した意図思ってしたわけではないのです。
同じように会話の主導権を握る人が他にいるときは、その会話に疲れてしまうことがあります。
会話の流れを理解したり、同じテンポで会話ができる人とストレスなく繋がっていたいと思っています。

ENFJ

会話を全ての人に理解をしてもらい、スムーズに進めていきたいと思います。
もし、会話の理解ができない人がいる時いは、進んでいた会話を中断してきちんと理解をしてもらいます。
特に何か目標を持って進めているプロジェクトなどについての会話は、しっかりとはないをしていくことがあります。
会話の中断は理解をしてもらうための大事なプロセスと思っているため、とちゅで遮られても気にすることはありません。
全ての人と、深い部分で理解し合うことが大事なことだと思い、常に友好的な穏やかな態度でいます。

INFP

会話を中断されることは、とても失礼な行いだと思っています。
会話が止まってしまう行動を取る人に対して、良い印象はありません。
しかし、会話の中から大事なことを見出してもっと深く掘り下げて話がしたいというようなことが起きたときは、とても喜んで会話を中断して話し込むこともあるでしょう。
会話を中断させることへの責任のない人にはストレスを感じます。
会話がスムーズに進むことを大事にしているので、もし、会話を途絶えさせる人がわかったときは意図的に中断させないようにすることもありますね。

ENFP

会話といつも中断させる人のことは好きではありません。
また、その行動を指摘することもありませんね。
必要なときは話をして会話の重要性をきちんと話のです。
しかし何かを人に押し付けることは良いことではないので、きちんと理解をしてもらおうと努力します。
自分のいるべき場所や立ち位置を理解して、空気を読みながら話をしていくのです。
積極的に話を分かち合おうと考えているので、周りの人も自然とこの人に好意的な態度になるのです。

INTJ

話の邪魔をする失礼な人を許すことはありません。
このタイプの人は会話の邪魔をされたと感じてしまい、苛立ちを感じることもあるのです。
会話の中断を何度もされてしまうと、そういう人とは関わりと持つことを考えてしまい、一線を引くようになります。
自分の感情がこのようになってしまうことはよくないと思っているので、我慢をしたりセーブしたりと努力をしています。
会話の中断には辛抱強く付き合ってくれる部分もあるのですが、いつも辛抱強いわけではなさそうです。
上手に付き合うのが大事なのかもしれませんね。

ENTJ

ENTJは、当然のことながら担当することができるので、会話を中断する人々に悩まされることはあまりありません。 ENTJが誰かが絶えず邪魔をしているように感じるとき、彼らは単に会話をナビゲートするために最善を尽くします。彼らは他の人々の行動を回避する方法をしばしば見つけることができる自然に社会的な人々です。特に誰かが何かを成し遂げようとしているときに、誰かが絶えずそれらを邪魔するならば、ENTJは結局イライラするでしょう。彼らはタイムリーに物事を成し遂げるために最善を尽くす効率的な人々であり、人々が邪魔をすると、間違いなく彼らを苛立たせます。

INTP

会話を邪魔されることで、このタイプの人はせっかちになることもあります。
自分にとって大事な時間にまで入り込まれる事を嫌い、自分だけのスペースを大事にしたいのです。
そのような行動をする人のことをとても悩んでいます。
忍耐力があるので、このようなことが起きてもきちんと向かい合います。
しかし、近づき過ぎてしまうと関係が厳しく、ちょっと直接的になってしまうので、少しだけ上手に付き合うことが大事なるでしょうね。

ENTP

物事をスムーズに進めることができない人や、話を中断使用する人がいるときには、その人がそのような行動を取らないようにと上手に誘導してくれます。
また、礼儀やマナーのない人がいるときはその人を会議やその会話がおこなられている場所から退室をお願いすることもあります。
自分が話をすることで、相手に気持ちを大事にできることと思っています。
話の中断や途中から入ってくるような出来事は、自分の生活の中でこのようなことが起こされると思っているので、警戒をすることがあります。
何度も同じようなことが起きていると、このタイプの人とは縁が遠くなってくと考えてください。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。