MBTI

【16タイプ別】元気になる秘訣

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

いつで前向き生きていて、物事を着実に進めていこうと思っています。
物事を成し遂げようと集中していて、口数が少なくなっている時もあります。
それは楽しんでいないのではなく、ただ集中してものごとを考えているからだと言えます。
このタイプの人は元気がないのではなく、自分らしく生きていようと思っています。
感情は自分を表すのものですので、節度を持った感情表現をすることが多いのです。
このタイプの人はの幸せは簡単に見えるものではないのです。
元気がないことが幸せではないことではなく、そう言えるだけなのです。

ESTJ

効率的に物事を進めるこの人は、あまり表現を表に出すことはありません。いかに効率的に物事を進めていくことが大事に思っているのです。
特にビジネスのセンスがあり、いつでも活動的な人です。
この人が元気な時は関わっているビジネスも、軌道に乗っている時なのかもしれませんね。
時々、無理して元気にしていることもあります。
そう気がついた時は、そっとしてあげるといいかもしれませんね。

ISFJ

何かに興味をもている時、とりわけ元気いっぱいです。
誰かと一緒にいる時など、特にその場の雰囲気を盛り上げたりそこにいる人に楽しんでもらいたいと思っています。
特に愛する人には強くその想いがあるようです。
自分に関わる全ての人に、楽しくワクワクした時間を体感して欲しいと思っています。
みんなが幸せであるために、平和であることは何よりも大切なこととか投げています。

ESFJ

とてもわかりやすい人で、何かに夢中になっていたり興奮している時はいつもからは考えられないほど元気な姿を見ることができます。
物事を常に前向きに考えてていて、不機嫌な人と関わりその感情をもらってしまうことや、その感情に巻き込まれてしまうことがないようにしています。
もし、家族にそのような感情も持っている人がいたならば、全力でしわせな明るさと元気を取り戻させようとします。
一緒にいることで、朗らかな空気のなかで生きて欲しいと思っているのです。
他人を幸せにしたり、元気にすることは自分自身も元気になることなので一緒に元気なろうとできる限りのことをするのです。

ISTP

自分の気持ちや思っていることを表現することが得意ではありません。
そんなこのタイプの人は、周りに人からは元気がない、覇気がないなどと思われがちです。
この人にとっては感情を表現することが得なことではなく、自分の思いをどのように伝えようかといつも考えています。
性格に自分の思いを伝えたいので、その方法を考えているのです。
いつもエネルギッシュなので、こう言った自分の気持ちを伝える時はよりパワフルになっていることもあります。

ESTP

見た感じでは、普段と変わらないのですが実は内面はとても興奮して元気なことがあるのです。
エネルギッシュなタイプなので、いつも何かが起きるその瞬間を楽しんでいるのです。
もともと元気に活動し続けるタイプではないので、元気な様子を見ることはあまりないのかもしれません。
元気に過ごすことに驚いていると、ユーモアや冗談で切り返してくるのです。
大事な人との一緒に新しいことや楽しいことを見つけたり探す事をとても大事にして言えるんです。

ISFP

ポジティブな人なので、どんなことでも前向きに考えているのです。
自分の直感を大切に、そしてそのインスピレーションを感じて自分のエネルギーになっています。
ただ自分の気持ちを伝えるのではなく、表現をしようとするのです。
ポジティブに何かを考えているときは、とても元気にしています。
内面の想いがその行動に現れているのです。

ESFP

前向きさは元気の源と言えることをこの人を見てると感じることができます。
ネガティブな考えにひきづられたり、引っ張られることがとても嫌なことだと思っています。
自分にとって幸せを逃してしまう行為だと思うのです。
自分を自合わせにするものを大事にし、それを手元に手繰り寄せようと思うのです。
自分が情熱を傾けることができることに夢中になり、自分自身の本質を見つけようとしているのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。