MBTI

【MBTI】16タイプごとの「無駄」について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ型

ISTJ型の人々は、とりわけ特にしばしば倹約家なので、無駄なことは決して許しません。彼らは、自分の言動を認識していて、そのつもりがなく何かをすることはありません。ISTJ型の人々にとって、無駄であることは度々失礼にあたり、人間的に責任感が乏しいように思われます。彼らは、物事を効率良く処理できると自負していて、単にそうするのが必要でない時に無駄が生じることはないでしょう。ISTJ型の人々は、自分達に何が大切なのかに注目することが大切です。

ESTJ型

ESTJ型の人々は、明らかに無駄なことに反対しており、自分達の行動についてはくれぐれもできる限り効率的に片づけようと気を付けています。無駄を見つけると、ESTJ型の人々は、しばしばこれを失礼で自分勝手だと判断することがあります。彼らは、大抵同様にとても倹約家で、無駄なことにはどれほどの労力や費用がかかるのかをを十分承知しています。ESTJ型の人々は、効率が良いことは大事で、多くの場合無駄が多く、できる限り全てを活かし切れていないことも、非常に効率が悪いと見なします。

ISFJ型

ISFJ型の人々は、決して無駄とは無縁と言えそうですが、度々かなり気を動転させられることに気づきます。彼らは、自分の行動を明確にすることを気遣い、また他人にどのように影響を与えるかも分からないことを心配しています。ISFJ型の人々にとって、とりわけ他人に接する時は、無駄を見せて失礼にならないように配慮します。彼らは、無駄をなくすように、周りの人々の要望に応えようと最善を尽くします。ISFJ型の人々は、また、無駄は往々にして何らかの形で人から時間を奪うことになるのを理解しているので、そうすることを好みません。

ESFJ型

ESFJ型の人々は、無駄をなくすために最善を尽くし、度々本当に動揺し、やや自分本位過ぎるようにも感じられます。彼らは、いつも自分達の行動を意識していることを信じ、周りの人を気遣うよう心掛けます。ESFJ型の人々は、無駄は往々にして他人への気遣いや自分達の行動がどう影響を与えるかを無視することと定義します。彼らは、他人から遠ざかったり自己の人生がより厳しくなることを望ます、無駄はこれに含まれます。

ISTP型

ISTP型の人々は、無駄をなくそうと努力するかも知れませんが、様々なことに夢中になるのに気づくことがあります。彼らの現在に生きたいという思いが、あることに集中するのを邪魔することがあります。ISTP型の人々は、非常に自主的な人々で、普段、無駄をなくそうと心掛けています。もし、ISTP型の人々が無駄に対してあまり気にかけなければ、心配する必要はほとんどないでしょう。

ESTP型

ESTP型の人々は、無駄のないように気を配っていますが、また容易に気をそらしやすいところがあります。彼らが従来のものに興味を失ったり、違う対象に注目を向けたりすることが稀にあり、これは明らかに彼らに無駄を生じさせる恐れがあります。ESTP型の人々は、彼らの心を満たし、興奮させるものを捜し求めるのに夢中になり、時たま無駄を生じることがあります。彼らは、意識してそうするのではなく、ただ他にもっと面白いものを見つけたいだけで、いつも注意を払っているとは限りません。

ISFP型

ISFP型の人々は、時たま無駄が多い人々になる恐れがありますが、それは彼らの気が散っているからだけなのです。ISFP型の人々は、自分の興味に熱中して、新しいものを捜し求めるようになり、古くなったものを浪費するようになるかも知れません。ISFP型の人々にとって、喜びを感じられるものを捜し求めることは大切で、そして、これは、あるものを置き去りにすることを意味します。彼らは、自分達が導くかも知れない所にどこでも夢中になれるものを追い求めます、幾つかの事例では、彼らがもはや人生で望まないものを少し無駄なものとして捨て去ることを意味します。

ESFP型

ESFP型の人々は、とても夢中になっているからとはいえ、無駄を生じさせる瞬間があります。彼らは、自分自身を楽しみたいと望み、そして愉快になりたいと望んでおり、彼らがすでに必要なくなったものを無駄に使用したりするのを強いられるように感じるのは本意ではありません。これは、ESFP型の人々が馴染みのものに興味を失い、何か新しいことにより興奮する時に、少し無駄をします。彼らはまた、絶えず新しいことを試みようと自覚します。時には、実際には好きでないものを発見することもありますが。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。