MBTI

【MBTI】16タイプとおもてなしについて

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

一部の人は自然に友好的で親しみやすいので、良いもてなしの主催者になり、
初対面の人同士でさえ、人々を歓迎することを楽しみます。
もてなし上手な人にとって、客人と関わり、客人が快適に感じるのを助けるのは素晴らしいことです。
あなたの性格タイプに基づいて、あなたがいかにもてなし上手か見ていきましょう。

INFJ

INFJは、特に客人を楽しませるような状況では、もてなし上手な人になることを目指しています。このタイプはあまりにも多くの社会的相互作用で疲れ切ってしまいますが、それは友好的ではないという意味ではありません。このタイプは、目の前にいる他人が心地よく感じるように最善を尽くして、くつろげるようにしますし、新しい人々に会う時は、しばしばとてももてなし上手で歓迎的です。ただし感情的および精神的なエネルギーがすでに消耗している場合には、少し異なる動きをする可能性があり、このような状況では、おもてなしするためのエネルギーがありません。

ENFJ

ENFJは間違いなくもてなし上手で友好的な人々であり、目の前にいる他人を心地よく感じさせるのを楽しみます。このタイプは、客人をもてなすのが得意で、初対面の人に対しても友好的でもてなし上手です。また、知人や愛する人といるとより心地よい一方、初対面の人に対しても親切で友好的にすることも得意です。このタイプは目の前の人々を当たり前にもてなし、歓迎されていると感じさせるのが得意なのです。

INFP

INFPは親切で友好的であるため、他者に対しても上手にもてなせるように最善を尽くします。このタイプは優しさを示すのは得意ですが、初対面の人を楽しませるのは必ずしも気楽なことではありません。このタイプはまた、あまりにも多くの社会的相互作用によって疲れ切ってしまうため、一人での時間が必要だと感じている場合には、初対面の人に同じように心を開くのは難しいことがあります。このタイプは確かにもてなそうとする気持ちはあるのですが、他の人の存在に圧倒されていると感じるときがあるだけなので、人混みや見知らぬ人から離れる必要があるのです。

ENFP

ENFPは友好的で、新しい人々と知り合うのが得意なので、よりもてなし上手だと思われています。このタイプは他人との交流を楽しみ、できる限り新しい友達を作りたいと思っているので、新しい人々と出会い、知り合うために最善を尽くすとき、確かにもてなし上手になります。このタイプは他人に心地よく感じてもらいたいと思っていますが、しかし同時にグループのもてなしの主催者であることに熱心ではありません。

INTJ

INTJは必要なときにもてなし上手になるように最善を尽くしますが、ほとんどの場合、ひとりでいることを好みます。このタイプは人と関わりすぎると疲れ切ってしまうので、いつも人をもてなす気分になるとは限りません。このタイプが何かに焦点を合わせているとき、または自分の心の中に入り込んでいるときには、本当に他人に気をつかうことを強いらていると感じたくないので、このような時間の間はそれほどもてなし上手ではありません。このタイプは、初対面の人に対しては、もてなし上手で温かいというよりも心を込めて尊重するのです。

ENTJ

ENTJは他の人をうまくおもてなしできるように最善を尽くしますが、このような状況に強制されることに熱心ではありません。このタイプは新しい関係を尊重し誠実であることは得意ですが、それは完全にもてなし上手であるという意味ではありません。このタイプは人々に心を開いてもらえるように最善を尽くし、確かに友達を作るのが得意ですが、時々一人でいることを好みます。このタイプは物事を成し遂げることに集中するのを楽しみ、非常に勤勉な人だからです。

INTP

INTPは新しい人々に出会うという義務感があるので、当たり前にもてなし上手ではありません。このタイプが主催者なり、見知らぬ人を楽しませていると、不安になる可能性があります。このタイプは、知り合いや信頼する人の側にいることがより快適であり、このような人々を歓迎し、受け入れることにはるかに優れています。しかし自分の心にとらわれてしまうので、本当におもてなしに集中することが困難になってしまうのです。

ENTP

ENTPは友好的な人々であり、必要があれば、もてなし上手になることができます。特に新しい友達から何かを学ぶことができる場合は、人々との出会いや交流を楽しみます。このタイプは、1つの考え方にとらわれているような気分が好きではないので、自己紹介を受け入れ、見知らぬ人に対してより多くもてなすことを喜んでするでしょう。またこのタイプは、簡単に気が散ってしまうという理由だけで、むしろ素早く他の誰かに引き寄せられるかもしれません。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。