MBTI

【16タイプ】周りの人の声が気になる性格タイプ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

評判が重要な人とそうではない人がいます。一部の人は、他人にどう見られているかに誇りを感じることを好み、コミュニティの貴重なメンバーになるために一生懸命に働きます。性格タイプに基づいて、評判があなたにとってどれほど重要かを見ていきましょう。

INFJ

INFJは、より価値のあるものに焦点を当てているため、評判を作り上げることをあまり気にしません。他人に自分を印象づけようとすることは、少し浅はかに感じることが多いので、INFJにとって本当に楽しいことではないのです。またINFJは自分の行動と自分の周りの世界において意味を見つけたいと思っています。ただしINFJは、愛する人がどのように見ているかを気にします。このため、ありのままに自分を受け入れてくれる人々を見つけたがります。INFJにとって、評判が重要または意味のあるものとなることはめったになく、評追いつくのに少し疲れるかもしれません。

ENFJ

ENFJは意味のあるものに焦点を当てることを好みますが、適切な評判を持っていることは、やはり重要であると感じるでしょう。他人にどのように見られているかは、特に自分が最も関心を持っているものに関しては、ENFJにとって現に重要なのです。ENFJは自分が誰であるか、そして他人をどれだけ気にかけているかを表す評判を得たいと思っています。ENFJは常に愛する人のために何かをしており、自分を取り巻く世界に力を発揮するために一生懸命働いているのです。

INFP

INFPが評判を気にすることはめったにありませんが、人々が常に自分を誤解していると、動揺することがあります。INFPにとって、評判を気にしすぎると、考えが浅くなり意味がなくなります。何があっても正しいことをしたいと望み、正しい道を進んで行きます。INFPは、誠実で正直だとわかっていることを行うのに重点を置いており、常に周囲の世界での意味を探しています。浅いものや、人々に好かれようとすることに焦点を当てたものは、少し嘘くさく感じるのです。

ENFP

ENFPは若いときは評判に焦点を当てることがあり、これを克服するのに苦労します。ENFPは他人を自分のようにしたいと思うかもしれないので、皆を代表するのにふさわしい正しい評判を持っていることを確認したいのです。誰かが自分を嫌いまたは誤解しているような感覚を嫌い、これを変えるために懸命に働きます。ENFPは年をとるにつれ、素晴らしい評判を得ようとする欲望から離れて、むしろ本心を隠している感覚なしに自分自身に焦点を当てるようになります。

INTJ

INTJは自分の生活に影響を与える可能性があることを認識しているため、ある程度評判を気にします。INTJは、周囲からの反応が適切であることを確認して、何らかの形で抑制されないようにします。INTJにはしばしば真剣な目標があり、可能な限り最善の方法でそれらを達成することが重要です。INTJが評判に価値を感じないのは、他人に好かれたいと望んでいるからではないのです。

ENTJ

ENTJは意欲的で目標志向の人であり、そのためENTJにとって評判は少し重要になっています。評判が人生で望むものを達成できるという点で邪魔にならないようにしたいのです。ENTJにとっては、他人が正しい方法でENFJのことを認識し、そのイメージが問題を引き起こさないようにすることが重要なのです。ENFJは好かれているかどうかを本当に気にしないので、正しい評判を得るという目標はより実用的なものについてなのです。

INTP

INTPは通常、評判の構築に焦点を当てていませんが、同時にその価値を理解しています。INTPにとっては、肯定的な注意を引くことに集中するよりも、他人の注意が及ばない方が良いことがよくあります。INTPは、正しい評判を得ることに集中しなければならないのが好きではなく、少々疲れ果ててしまうことに気づくでしょう。前向きな評判を持つことは価値があることに気づきはしますが、これを作り上げるためにエネルギーを費やす必要はないのです。むしろ自分自身の内面世界に焦点を当て、他人を自分のようにしようとするよりも自分の心を探求することを楽しみます。

ENTP

ENTPは、物事に集中しなければならない場合、少し疲れるように感じるため、正しい評判を作ることについてはあまり気にしません。ENTPは、誠実であり、周りの世界を探索することに重点を置き、残りの部分は成り行きに任せます。もし人々に嫌われたとしても、ENTPは自分の魅力を使って他人の心を変えることができるかもしれませんが、これが常に重要であるとは限りません。ENTPはむしろ自分の内面に集中し、自分の方法で自由に探究できることを楽しんでいるのです

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。