MBTI

ENTPと他タイプの相性や人間関係

ENTPの人間関係

ENTPは頭の回転が早くユーモアの溢れる活力的なタイプです。ENTPが持っているアイデアは壮大なもので、そのような壮大なアイデアや未知なる可能性を含めた会話をします。ENTPは自身が認知する情報を紐付けたり、関連させることが得意であり、革新的な発想をすることが大好きです。ENTP自身は分析的で、論理的であるために、合理性の無いアイデアには鋭く批判を行います。

ENTPは会話があちらこちらに行くことも多く、周りの人が話についていけなくなてしまったり、詳細を説明することをしないために、理解されないことも多いタイプでしょう。

恋人や友達としてのENTP

恋人や友達の関係値になったENTPは、独創的で熱心そして主体性があるタイプでしょう。新しさを常に探していることから、常に目新しい体験を与えてくれたり、退屈しないことでしょう。

ENTPは他者に共感するよりも、他者を分析し理解し、その上でコミュニケーションをとることを行います。そして、コミュニケーションや人間関係についても一定の関心を持っており、個人的な問題が発生した場合も持ち前の独創的な発想から解決策を模索します。

ENTPは自身の野心を追求することを応援してくれる恋人や友達を求めていますが、時としてENTPと対立したり議論することがあるでしょう。ENTPは縛られることにかなり弱いタイプですので、ENTPに対する一定の理解があるタイプを必要とするでしょう。

ENTPは、将来的にどうなるかということよりも、直感に従い意思決定を行うことから周りの人から見ると、不信感を抱く可能性があります。また、ENTPは刺激的な活動を求めている分、日常生活においては不器用で、日常の家事などを放棄していることも多いでしょう。

ENTPの刺激的な活動を応援し、ENTPの絶えず変わっていく計画や興味、そして野心を暖かく応援できることが恋人や友達には求められているでしょう。

両親としてのENTP

両親としてのENTPは、子供を自立した思想家として育てたいと考えているでしょう。ENTPは子供の心を広げ、また生きていく上で役立つ経験や知恵を授けたいと考えています。子供に対しては身体的に強くなることよりも、知的に育ってほしい、知的に挑戦する子供になってほしいと考えています。

子供自体が社会に適応する中で、様々な興味を持つことでENTPの希望通りにはいかないことが多いでしょうが、ENTPの親は子供たちに成長の機会を与えることに喜びを感じるでしょう。

ENTPと他のタイプの相性

ENTPと相性のいいタイプ

ENTPと最も相性の良いタイプはINTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、情報の捉え方や、情報の判断は違ったとしても、本人の持っている価値観や哲学が近い可能性が高いタイプとなります。その為、一見近づきにくい印象を受けるかもしれませんが、親密な関係になる可能性が最も高いタイプと言えるでしょう。

ENTPであれば、ISFJは対極的なタイプであり、情報の捉え方も情報の判断も全く異なるので、近づきにくいように思うでしょう。しかし、一定の壁を越えることができれば相手から学ぶことが最も多く自身の価値観を豊かなものにすることができるでしょう。

ENTPと場合による関係のタイプ

ENTPと場合による関係性になるタイプは、ENFP、INFP、ESTJ、ISTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、考えている思想や哲学は近いのですが、情報の捉え方や見え方など厳密には少し異なる部分を持っているタイプと言えるでしょう。共通点が多い分、近づきやすいタイプと言えるでしょうが、異なる価値観も少しあるでしょう。共通点が多いので、異なる価値観を魅力として受け取ることができれば、親密な関係になることができるでしょう。ただ、異なる点から対立も起きる可能性を秘めていることでしょう。

ENTPと補完関係

ENTPと補完関係にあるタイプは、ESTP、ISTP、ENFJ、INFJの4タイプになります。

これらのタイプは、根本的に自身の考え方や価値観とは反対の立場にあることが多いでしょう。しかし、情報の見え方など、一定の共通点があるために相手のことを理解する可能性を提示してくれる、自身の視野を広げるきっかけになるタイプとも言えるでしょう。

思想・哲学の対立から衝突も起こりうる可能性を秘めていますが、これらのタイプを通して学ぶことができれば、価値観がより豊かになるでしょう。

ENTPと対立的な関係

ENTPと対立的なタイプは、ESFP、ISFP、ENTJ、INTJの4タイプになります。

これらのタイプは、自身の価値観や思考に対して全くの対極的な立場を取っている可能性が高いタイプとなります。対立関係にあるタイプは、基本的には自分が苦手としている価値観を使用しているので、とっつきにくさを感じることでしょう。

これらの4タイプは、基本的に自分とは全く異なる価値観を持っていることから、衝突を起こしやすいタイプと見ることもできますが、正反対の価値観から最も学ぶべき相手と言えるでしょう。

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。