MBTI

【16タイプ別】ブラインドデートに対する考え方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ブラインドデートが恐ろしくて扱いにくいものに感じる人もいますが、新しい人に会うためのエキサイティングな方法だと考える人もいます。性格タイプ別にブラインドデートに対する考え方を見ていきましょう。

INFJ

INFJにとって、ブラインドデートを行うのは非常に刺激的でやりがいのあるものではありません。INFJは出会い系コンテンツ全般が好きではありません。特に、知らない人と関係を築く場合はなおさらです。INFJにとっては、より深いレベルで誰かを知ることは重要であり、本当のつながりを作ることができない他人のために妥協したくはないのです。ブラインドデートは特別な人との出会いにつながる可能性がありますが、INFJにとっては、喜んでブラインドデートに同意することはあまりにも強制的で扱いにくいものと感じることがよくあります。INFJはどちらかと言えば、より自然に、またはそのような危機にさらされた状況にいることのリスクを最小限に抑えて、誰かと会うことを望むのです。

ENFJ

ENFJは多くの場合、人に会って自分でつながりを作ることを好みます。そのためブラインドデートは不自然に感じるでしょう。ENFJは誰かがブラインドデートを設定することを許可するかもしれませんが、少し不安になるでしょう。ただしENFJは社交的で友好的な人であるため、多くの場合、これらの新しい社会的状況をかなりうまく処理できます。ENFJはブラインドデートをナビゲートできるかもしれませんが、それでも少し不自然に感じるでしょう。ENFJは通常自分自身でうまく人と会うので、ほとんどの場合ブラインドデートは強制されていると感じてしまいます。ENFJは、愛する誰かのためにはブラインドデートに同意するかもしれませんが、通常、対処したいものではないのです。

INFP

INFPにとってブラインドデートはおそらく恐ろしく、正直に言ってひどいものです。INFPはつながりを作る能力があり、実際には非常に友好的な人になることができますが、ブラインドデートに追い込まれることは確かに不快に感じるでしょう。INFPは自然につながり、扱いにくさを感じない人々に会えるようになりたいと考えています。ブラインドデートはしばしばプレッシャーをかけすぎ、INFPにとって本当に不快で恐ろしいように感じるものなのです。このような社会的状況に巻き込まれることは、INFPが楽しむ可能性が高いことではありません。

ENFP

ENFPは社会的で外交的な人ですが、それはブラインドデートが魅力的だと思うことを意味しません。ENFPは自分の基準で物事を体験することを好み、むしろ自ら人に会いたいと思っています。ENFPにとっては、強制されているものだけでなく、誠実なつながりを作ることが重要なのです。とはいえENFPはブラインドデートに不安を感じるかもしれませんが、ほとんど誰とでも友達を作ることができるカリスマ的な人です。ブラインドデートはロマンチックなものにならないかもしれませんが、それはENFPがその過程で新しい友達を作ることを楽しんでいないことを意味しないのです。

INTJ

INTJはおそらく、ブラインドデートのアイデアは非論理的で疲れるものと考えています。INTJは厄介な社会的状況に強いられることを好まないので、ブラインドデートの申し出を断る可能性があります。INTJは、慣れ親しんでいて、交流することを強いられない人とデートしたいと考えています。INTJにとって、誰かがデートをセッティングすることを許すのは、あまりにも運任せのゲームのように見えるのです。INTJは他人にそれほど多くの信頼を置かないことが多いため、進んで自分自身を合わせられるほど誰かを信頼することは、ほとんどありません。INTJはしばしば、ブラインドデートのために十分に必死になる必要性を感じるのではなく、適切な人を待つ用意があります。

ENTJ

ENTJは通常、デートのお膳立てを楽しむことができないため、ブラインドデートは少し不合理に感じるかもしれません。深く信頼している人が、ENTJが本当に知りたいと思う誰かを知っていると表明した場合には、デートに同意するかもしれません。同時に、自分自身の基準で人々に会うことを好むので、これはENTJにとって少しばかげているように感じるかもしれません。ただしENTJは社交的で友好的な人なので、デートを楽しいものにしてくれるでしょう。ただ座ってぎくしゃくするだけでなく、礼儀正しく親切になるように最善を尽くします。ENTJは状況を改善するために最善を尽くしますが、ブラインドデートはENTJにとってあまり意味はありません。

INTP

INTPは、ブラインドデートを少し恐ろしいものと見なす可能性があります。INTPは厄介な社会的状況が好きではなく、ブラインドデートはINTPにとって非常に強制されていると感じる可能性があります。INTPは新しい人々と交流するように仕向けられているとき、特に自分が本当にその気になっていない場合、少し不快に感じるでしょう。十分な報酬が得られないため、INTPにとってあまりにも大きなプレッシャーのように感じることがあります。人々は思いやりからデートをセッティングするかもしれませんが、INTPは少し不快になるでしょう。INTPはこのように物事を強制するのではなく、自然につながる人を見つけたいと思っているのです。

ENTP

ENTPはブラインドデートを好まないかもしれませんが、それは試してみる気がないことを意味しません。ENTPは新しいことを体験することを楽しむ外向的な人であり、これを少しの挑戦とみなすかもしれません。ENTPの場合、ブラインドデートは選択肢を探し、会えなかったであろう誰かに会うための良い方法でしょう。将来の配偶者に会うことは信じていないかもしれませんが、それはENTPが新しい人を知るのに良い時間ではないという意味ではないのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。