MBTI

ENTP(討論者)vsENTJ(司令官)の違い

ENTPとENTJの心理機能の違い

MBTIテストによっては、ENTPタイプと出たり、ENTJタイプと出たりすることがあると思います。確かにENTPタイプとENTJタイプには共通の性質を持っていたりする場合もありますが、一般的に意識して使う心理機能は全く異なる心理機能を使います。

その為、一見同じように分類されているようで、実は真逆の価値観を持っていることが多いです。

ENTJの心理機能

ENTJの心理機能は

  • 第一機能(主機能) – 外向的思考
  • 第二機能(補助機能) – 内向的直観
  • 第三機能 – 外向的感覚
  • 第四機能(劣勢機能) – 内向的感情

の順になります

ENTPの心理機能

一方でENTPの心理機能は

  • 第一機能(主機能) – 外向的直観
  • 第二機能(補助機能) – 内向的思考
  • 第三機能 – 外向的感情
  • 第四機能(劣勢機能) – 内向的感覚
  • の順となります。

これら、2タイプの場合には、具体例を挙げなければ理解することは難しいかもしれませんので、今回はそんなENTP・ENTJの違いを具体例を挙げながら説明したいと思います。

ENTPとENTJの違い

孤独についての違い

ENTPもENTJもどちらも独立思考をしており、孤独を感じる機会が多いと言えるでしょう。特に、ENTPは規律に弱く、ENTJよりも共感性に欠けることが多く、独立度合いで言えば、ENTPの方が孤独を経験することが多いと言えます。

ENTJはENTPよりも周りの人とコミュニケーションを取ることが好きであったり、社会的にリーダーとして行動を行うことが多いですが、ENTPはENTJほどの行動力や外向性がないことも多く、孤独の時間を多く必要とします。

知的好奇心についての違い

ENTPもENTJもどちらも知的好奇心が強いタイプです。しかし、ENTJは時間の有限性を悟っており、自分のできる限りの範囲の中で物事を考えます。一方で、ENTPは時間の有用性以上に好奇心を優先させており、自分が面白いと思うものを限りなく求めていく傾向があります。

その為、ENTPの方が誰も気づいていない真実を知っていることが多いですが、社会的に物事を実現することに関してはENTJの方が多いと言われています

野心についての違い

ENTPもENTJもどちらも野心家ですが、どちらかといえばENTJの方が実現性が高く、野心が強いことが多いです。ENTPは何かから逃れる為に施策を考えたり、抜け穴を上手く見出すようなトリックスターであるタイプです。

ENTPは、他人に対して共感を求めることに関心を持つというよりも、サプライズすることで誰かに楽しんでもらいたいという風に考えています。

一方で、ENTJは人をどこかに導いていきたいと考えており、どんどん仕事をしていきたいと考えています。ENTJにとって、仕事が生き甲斐でもあります。

意思決定についての違い

ENTPは意思決定に時間をかけます。全ての可能性を吟味し、思考に落とし込むまでに時間がかかります。一方でENTJはENTPよりも、意思決定するのが早いです。

ENTPは、アイデア出しや企画会議など、ブレインストーミングをするときなど不完全な定義や前提条件を疑うことを常日頃からしているので、そういったシーンでの脳の回転はピカイチですが、選択肢を持ちたいと考えているところから1つに絞り込むことが苦手と言えるでしょう。ENTJはその点、有限な領域で物事を考えているので、意思決定もENTPより速くなります。

自信の度合い

ENTPもENTJもどちらも自信家で、かなり自信を持っています。ENTPは自身の頭のキレの良さや人と違った発想力から、自身を特別に思っていることも多いでしょう。そして、ENTJも同様に、社会でリーダーを努めたり、建設的な思考ができることから自信を持っています。

遊び心の違い

ENTPは、選択肢を絞り込めない分、ユーモアをもったタイプと言えます。その為、ENTPは遊び心を持っている人とみられることが多いですが、ENTJは少し冷酷な人と見られることも多いでしょう。ENTPの闇は人から見えませんが、ENTJの闇は人に悟られやすい闇とかなんとか…

仕事に対する違い

ENTPに関しては、物事を同時並行で考えることができず、一点集中の思考を使います。その一方で、ENTJはマルチタスクを効率的に行うことができます。ENTPは気を散らすことも多いので、管理することが必要でもあるのに対して、ENTJは事前に計画を立て逆算して物事を進めていきます。

 

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。