MBTI

ENFJと他タイプの相性や人間関係

ENFJの人間関係

ENFJは、周りの人々とアイデアを共有し一緒に何か取り組むことに対して熱心である、暖かく思いやりに溢れているタイプです。実は寂しがり屋である可能性が高いENFJですが、ENFJは自身の繊細な気持ちを持ちながらも、周りの人をしっかり見て周りの人が何を求めているか、何を感じているか分かる優しい人たちです。ENFJ自身、強い自分の価値観を持っているのですが、周りの人の気持ちを考えながら慎重に行動に写します。

ENFJは周りの人とつながることが得意であり、周りの人のニーズに答える解決法を提案することや、進んで自分から探しに行くことが得意であるために、組織の中でも活躍することが多いでしょう。ENFJは周りの人に道を作り、そして背中を押してくれるような主人公のようなタイプです。

恋人や友達としてのENFJ

恋人や友達としての関係では、ENFJは非常に熱心的に話を聞いてくれるタイプでしょう。ENFJは自身の相方やパートナーに対して、積極的に理解しようと行動し、そして相方やパートナーを喜ばせることができるように努力をします。周りの人の感情や反応に敏感なのです。

ENFJは周りの人を強く励ます環境を作ることができ、恋人や友達が挑戦しようとした際には積極的に背中を押してくれることでしょう。その中でENFJが協力できることであれば、喜んで協力してくれることでしょう。
ENFJはときには自分自身を犠牲にしてでも、周りとの調和を望んでいるように、周りが衝突することに対して、ENFJは悲観的に思っています。そして、自身もそういった衝突を避けようとしています。

ENFJは周りの人との衝突に敏感であることに加えて、そういった衝突を避けようとする傾向があります。自分の感情が傷ついてしまうと、感情のコントロールができなくなってしまい、感傷的になるでしょう。ENFJは素晴らしい計画性を持っており、物事を遂行することが得意であったり、プランを企画することが得意なので、引っ張ってくれるところもあります。

両親としてのENFJ

ENFJが両親になった場合には、ENFJは子供達が成長する中で、優しい子供に育つように積極的に熱心な教育をします。子供との距離をしっかり近づけて、子供に対して温かみや思いやりを教え、一般的な善や悪の概念をうまく教えることができるでしょう。

ENFJは子供に対して、明るい未来を想像し、期待します。子供の持っている可能性を熱心に考えており、子供の将来に興味津々でしょう。ENFJはしばしば、自分の価値観を子供に植えつけてしまうことをしてしまい、その期待を子供が裏切ってしまった場合には、強くがっかりしてしまうことでしょう。

ENFJと他のタイプの相性

ENFJと相性のいいタイプ

ENFJと最も相性の良いタイプはESTP、ISTP、ENFJ、INFJの4タイプになります。これらのタイプは情報の認知が違ったり、状況判断が異なったとしても、その人の根本的価値観や持っている哲学が近いことから、最終的に相性が良くなることも多いでしょう。ESTPとENFJ、ISTPとINFJのように対極的な性質だとしても、一定の距離を越えれば一気に距離を近づけることができるでしょう。

ENFJと場合による関係のタイプ

ENFJとの相性の中で、場合によるタイプはESTP、ISTP、ENTJ、INTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、価値観が全く同じわけではなく、異なる価値観をいくつか持っていることでしょう。しかし、他のタイプと比較すると共通点が多かったり、似ている価値観多々あることから、近づきやすく、お互いの違った価値観を魅力として受け取ることができる可能性が高いといえるでしょう。

お互いの違いを魅力として受け取ることができれば、一気に距離を近づけることができますが、違いを対立的に考えてしまうことも可能性としてはあり得るでしょう。

ENFJと補完関係のタイプ

ENFJと補完関係になるタイプは、INTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプになるでしょう。これらの4タイプはそれぞれ、価値観こそ異なる部分が多いのですが、自身の捉え方など似ている認知を行う部分もあります。そのため全く価値観は異なるかもしれませんが、相手の痛みを理解することが出来る可能性があるでしょう。

補完関係のタイプは基本的に哲学や考え方の面では異なる為に対立する可能性は高いですが、お互いの考え方を共有できる関係性になることができれば、学びの多い関係性になることができるでしょう。

ENFJと対立的な関係のタイプ

ENFJと対立的な関係になるタイプはENFP、INFP、ESTJ、ISTJの4タイプになります。これらの4タイプはそれぞれ、ほぼ対極的に物事を考えていることが考えられる集まりになります。相手が何を考えているかも少しわかりにくく、価値観が全く逆である為にトラブルになる可能性は最も高いです。

しかし、他者を理解する上で避けては通れないのがこれらの4タイプになってくるでしょう。自身の苦手な価値観をしっかりと使ってくるタイプですので、意識して学ぶようにすると良いでしょう。