MBTI

INFJのリーダーの特徴とは?上司になったINFJのリーダーシップについて

INFJのリーダーは、人の気持ちを感じることもそして物事の合理性も両方のバランスの取れているタイプであり、自分たちのリーダーシップを通して他人の可能性を引き出そうとしている、好意的な周りの人を励ます力のある洞察力に特徴のある、優秀なリーダーになるでしょう。 

INFJはあまり周りの人から注目されることは苦手であり、できる限りスポットライトを浴びないようにするタイプですが、周りの人が自然と集まってくるカリスマ性を持っており、人として、必要に応じてリーダーシップを発揮するタイプです。

INFJのリーダーの特徴

INFJのリーダーシップ

INFJは理想主義的であり、その理想を完成させるために努力を行うタイプです。INFJは一般的に仕組み化や組織化、そしてスケジュールを計画することが得意なタイプであり、チームワークがうまく行われるように、適切な形で共有します。INFJは自身の世界観を発達させることに情熱的であり、例えば読書をしたり、勉強をすることで自分自身の世界観を成長させようと感じていることでしょう。

その一方でINFJは直感的にプロジェクトを始めてしまうタイプであり、ある意味興味関心が増えてしまうことから、あちこちにやることを作ってしまい疲弊することもしばしばあるでしょう。INFJは自分の参加しているプロジェクトをやり切る責任感を強く感じているのですが、燃え尽きやすいでしょう。

INFJのビジョン

INFJは理想主義的で未来をどのように築いていくか明確なビジョンを持っているタイプであり、自分自身の仕事を通してこのINFJが持っているビジョンを達成しようとしていることでしょう。 INFJがビジョンをチームメンバーに共有するときには、INFJは世界がより良くなることができると確信しており、そして組織の中でどのようにそのビジョンを実現できるか熱く語り、仲間を引きつけることでしょう。

しかし、INFJはしばしばこの自身のビジョンを自分の中で持ちすぎているために、疲弊してしまうことがあります。そしてまた、INFJが周りの人に共有したビジョンは複雑さを含んでいることも多いので、周りの人にうまく受け入れられないことも少なくないでしょう。INFJはこの、持っているビジョンを具体的かつ分かりやすいステップに分解することを学ぶ必要があるでしょう。

INFJのコミュニケーションとチームワーク

INFJのリーダーたちは人と人のつながりを最も強く確信しているタイプであり、そしてその確信は自身の仲間に対して信頼を生み出し、強く励ますことでしょう。INFJのリーダーは、チーム内のメンバー一人一人が成長できるように手助けし、職場で成長する機会を与えたいと考えています。そのような特徴を持っているINFJのリーダーは、非常に好感的で親しみやすくし、そして、職場で誠実で友好的な環境を作り出します。

しかし、INFJは意見を対立させて、避けたい現実の問題を議論することが非常に難しいと感じるかもしれません。INFJは対立や紛争を避ける傾向があり、そのような対立や紛争を避けるように曖昧にしてしまうことがあるでしょう。

INFJの目標達成について

INFJは目標達成に関して楽観的に考えていることでしょう。INFJは興味や目標をすぐに行動に移すことができるタイプで、他の人が見習うべきロールモデルとなることも少なくないでしょう。

INFJは戦略的なタイプであり、スケジュール能力も高いので、チームやプロジェクトの管理・運用にも優れていることでしょう。そして、人の気持ちも合理性も大切に思っているバランスの良いタイプであり、リソースの適材適所を強く理解していることでしょう。

しかしINFJは、確信がない仕事に取り組むことは難しい可能性が高いです。INFJは大きなアイディアを好むが、実際に行動に移すときには熱が冷めていることも多く、繰り返し作業やルーティンワークを不快に思うかもしれません。そして、自身が不快なタスクを人にも割り当てることを躊躇するタイプであることから、葛藤が生まれてしまうでしょう。

INFJのリーダーシップを育てる

INFJがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

アイデアを素早く共有する

INFJは問題を時間がかかっても自己解決することのできるタイプですが、それがチームワークとなると話は別です。じっくりと考えた後にチームと共有するINFJですが、情報が深く周りの人が追いつきにくいほどのアイデアになってしまうことも多いでしょう。そのため、INFJは、できる限り早めにアイデアを共有し、深めていく必要があるでしょう。その段階ではアイデアは不完全かもしれませんが、未完成のアイデアをチームに共有することで、違った視点を得ることもできるでしょうし、より良いアイデアを生み出すことができるでしょう。

対立を受け入れる

INFJは自身のチームメイトや周りのサポーターに対して、調和を強く意識していることから、対立や紛争が起こりうる議論を避けようとする傾向があるでしょう。しかし、テーマを持って論理的に議論を行うことは、実際には意味のある斬新な解決法を生み出す機会になることを理解しましょう。感情的な対立はINFJの思う通り無意味かもしれませんが、無条件に対立を避けるのは控えるようにするべきでしょう。

バランス感覚を身に着ける

INFJは常に仕事にも人間関係にも前向きなタイプであり、周りの人と協力することもできますし、勇気付けることもできます。チームにいると良い空気を生み出すでしょう。その一方で、INFJは基準を満たさないチームメイトには、親切心から手取り足取り教えるところがあり、疲弊しやすいでしょう。INFJにとっては期待値と教えるべきポイントのバランスを取ることが必要だと言えるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。