MBTI

【MBTI】INFPが創造性を高めるための10のこと

INFPは創造的な人です。INFPは無限の想像力と、すべての時代の最も有名な作家を作りだしています。執筆の才能を持っています。INFPとなった人々には、ゴッホ、アルベール・カミュ、エドガー・アラン・ポー、カート・コバーンなどがいます。INFPは想像的な考え方、慣例に囚われない考え方、そして深い感情の世界を持っています。

ここからはINFPが創造性を高める10の方法を紹介していきます。

自然の中で時間を過ごす

自然環境の中で時間を過ごすとき、どのように時間の変化を見るかを知っていますか?
ある調査によると、人々が外に出ると、時間が拡大しているように感じることが分かりました。
プレッシャー、不安、急いでいるため時間が拡大しているように感じるのではありません。
創造性は、時間で圧迫されたり拘束されたりすることを嫌がります。
自然界にいることで脳の機能が向上し、心を落ち着かせ、気分を高め、創造的な空間を提供します。

INFP自身をあえて退屈にさせる

必要ではない、責任のあることなやめて、予定のない時間を作るようにしましょう。
何も計画を立てていない、時間を作ってください。
退屈な自分を作成してください。
退屈な時間を過ごした人は忙しい時間を過ごした人よりも良いアイデアが出たという結果がある調査から出ています。
退屈は創造性を発揮するのです。

読書の時間を増やす

読書は非常に良いもので頻繁に新しい視点や世界、そして驚きがあります。
読書はすればするほど、創造性が豊かになるでしょう。
1日のうちに30分は読書の時間を作るようにしてください。読書は、心の筋肉をほぐしてくれます。
偉大な作家はほとんどの人が素晴らしい本を読んでいます。

音楽を聞く

特にクラシック音楽を聞くと、記憶、認知、創造的思考が向上します。
あるINFPは、創造的な思考が出ないとき、本当の意味を理解したいと思い、曲を聴くこともあると語ったくらいです。

匂いに注意する

匂いには創造力を高めるものとそうでないものが存在します。
匂いに詳しいINFPはエッセンシャルオイルが創造力を刺激すると述べました。創造力を高めるものは乳香です。ストレスや不安を軽減することで創造性を高めてくれます。また、グレープフルーツもっと注意を喚起し、ユーカリは心をリフレッシュさせ、より創造力を強力にします。

日記を書く

INFPは独創的なアイデアの持ち主です。
アイデアはいつ思いつくのか分かりません。日記やノートなどは常に手元に置いて置くことをおすすめします。そうすることで忘れる前に書き留めることができるはずです。

悲しみを感じる

INFPはうつ病になる可能性があります。憂鬱にならないためにも情熱になれるものを見つけてください。
多くのINFPは、創造的に落ち込んてまいるとき、悲しい映画を見たり、悲しい歌を聞いたり、憂鬱な物語を読んだりします。自分の感情を呼び起こし、情熱的なものであるか再確認するようにしてください。

新しい場所に移動する

INFPが使用する外向的直観は、新しい環境や経験によって刺激されます。
INFPは今までに見たことのないどこかに行って、見たことのない風景を探していきましょう。INFPは、旅行やさまざまな働き方をすることが創造性を保つと述べています。

常に挑戦する

ある1つの研究によると、創造性に制限をかけると、実際にはより創造的な表現を作れることが分かりました。創造的な作品を作製するための、問題解決方法をたくさん考えてみてください。

見通しを捨てる

あるINFPのアーティストは、創造的な思考に行き詰ったとき、見通しや計画なしで描くと言いました。受け入れられるものを描こうとしません。自身の直観と感情を追いかけ、自身がどこに行くのかを見ているのです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。