MBTI

【16タイプ】それぞれの性格タイプ別、大袈裟な人・演劇っぽい人

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

むしろ演劇風なタイプがある一方、おとなしくしていることにより興味があるタイプもいます。大げさなことは実際には素晴らしいことであり、人々の興奮を生み出すのに役立ちます。性格タイプに基づいて、あなたが演劇風かみていきましょう。

INFJ

INFJは、少し控えめにしておくことを好むため、演劇風と見なされることはあまりありません。INFJはそれほど演劇風ではないように見えますが、愛する人たちと一緒にいるときにはまったく異なる場合があります。誰かと心地よく過ごしているとき、より大げさな面が出てくることがあり、ユーモアの感覚としては実際少しひょうきんになります。INFJはより気楽に自分らしくいられる素晴らしい人と一緒にいるとき、自分自身を表現でき、夢中になることができるのです。

ENFJ

ENFJは少し大げさで目立つので、時には少し演劇風になることがあります。ENFJは他人を助けることに関心がありますが、愛する人に強い印象を与えることも望んでいます。近い関係の人たちに強い印象を与えようとしているときや、単に自分に共感して欲しいときに、演劇風になることがあるのです。ENFJはこれをネガティブな場面で使ってみようとはしませんが、時には性格として演劇風になる側面があります。

INFP

INFPは少し静かで控えめに見えますが、性格には別の側面もあります。信頼し、愛する人と一緒にいるとき、INFPは極端に違った面を見せることがあるのです。INFPは、少し間抜けになることがあり、自分を心地よくしてくれる人たちの側にいると、演劇風であるかのように見えることさえあります。周りの人々を楽しませるために意図的に演劇風になることができ、この雰囲気のINFPは本当におもしろく、周りにいるのは楽しいでしょう。INFPは注目を集める方法を知っており、ユーモアのセンスが高いことがよくあるのです。

ENFP

ENFPは、時として間違いなく演劇風になり、他の人を楽しませることができます。ENFPはただおもしろくするためだけに、時々意図的に過度に劇的な行動をします。しばしば最終的には演技であることを認め、遊び心と楽しさのためだけに行います。より演劇風で、かなり演技の質の高いENFPは、実際に気まぐれで愛らしい人物なのです。ENFPは常に過度に深刻でストレスを感じるのではなく、物事を楽しくする方法を知っているでしょう。

INTJ

INTJは本当に演劇のタイプではなく、ほとんどの場合物事を控えめに保つことを好みます。また自分にとって重要な何かを表現するとき、しばしばこれを正確かつ事実に基づいて行うのです。INTJは物事を過度に劇的に表現するのではなく、落ち着いて冷静な方法で表現することを好みます。INTJは単に周りの人々を楽しませるのではなく、学び、成長できるときに最も幸せなので、通常演劇風な人ではないのです。

ENTJ

ENTJは、特に言いたいことをスムーズに伝えられる場合に、演劇風になることがあります。ENTJは何かを成し遂げる必要があるときに少し劇的になることを恐れていません。ENTJにとって最も重要なことは、効率的で推進力があることです。そのため、少し演劇風になることを恐れてはいません。ENTJは激しい人であり、時には望む方向に人々をやる気にさせるために、少し演劇風になる必要があるのです。つまりENTJは自分がなりたいときに確かに魅力的になり、楽しませることができる、力強い人なのです。

INTP

INTPは実際にはほとんどの場合演劇風ではなく、自分の考えや感情を内部に保つことを好みます。INTPの内面の思考は外の世界よりも面白いことが多く、過度に劇的である必要性を感じてはいませんし、しばしば、特に初対面の人と一緒にいるときには、より控えめに見えるかもしれません。INTPを刺激して性格のより激しい面を引き出すことができる誰かの側にいるときにのみ、演技風になる瞬間があるでしょう。

ENTP

ENTPは間違いなく演劇風な人であり、しばしば意図的に演技をします。ENTPは情熱を持って自分の人生を送ることを楽しんでおり、自分の意見を主張しようとするときは、時々大げさになるでしょう。ENTPは、このように自分自身を抑えることを好まないため、繊細であることは好きではありません。ENTPは、自分の限界とそれを取り巻く周囲の限界をテストするために、少し演劇風になる場合があります。また、周りの人々を楽しませることができることを好む非常に面白い人でもあります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。