MBTI

【MBTIとユングの心理機能】外向的感情(Fe)の特徴

外向的感情(Fe)とは、自分の外の世界に対して感じること、自分の受け取ることを基準として意思決定を行うような真理機能になります。

外向的感情は、外交性とも相関しており、外交的感情が優れていると、多くの人と接することを得意とし、いち早く周りの人の感情変化に気づくことができ、そして友達になったり親密な関係になることを得意とします。

外向的感情に優れていると、周りの人の感情と自分の感情の区別が薄く、容易に相手に対して共感することができます。そのため、他人の痛みがわかる感情移入しやすい性格となります。

外向的感情を成長させると、人に気配りを行なったり、人に対してリラックスさせるような行動を取ることができます。コミュニケーション能力でもあり、時には雑談を時にはエモい話をすることで、相手を和ませることができるでしょう。

外向的感情は、仲間はずれにすることを嫌い、多くの人と調和することを望んでいます。どんな人でも平等に権利があると考えており、そして大切にすることができます。外向的感情にとっては、多様な価値観を共有し認め合うことが大切だということです。

外向的感情は言葉にすることは難しいですが、「人間」に関する洞察力を自然と発揮することのできる心理機能でもあります。周りの人のそれぞれの長所、得意なことなどをすぐに気づくことができるでしょう。その特徴は時に、マネージャーとして活動した際に才能を最大限に発揮できるように采配することができることを意味しています。

外向的感情は、一般的に周りの人の気持ちを汲みとるような共感能力に優れていますが、自分自身の感情問題を一人で解決することが困難である特徴を持っています。友達が多いにも関わらず、孤独感を感じてしまうことも多いでしょう。多くの場合、人に話を聞いてもらうことで、解決します。

外向的感情が興味関心の対象としているのは、「人」もしくは「人類」であるために、この点ではしっかりとした主張をし、周りの人に伝達し、人を動かすことでしょう。思考型が、「何を伝えるか」に集中することに対して、外向的感情は、相手にどのように伝わるか、受け取るかにも意識を集中します。

感情を主観的なものとして捉えている人にとっては外向的感情の理解は難しい。何故ならば、外向的感情は主観的な要因からはかけ離れており、対象の影響に完全な従属をしているのだ。カール・ユング

ユングによると外向的感情は、主観的なものとして「理解する」という姿勢は難しく困難で有るといしています。

外向的感情(Fe)を持つ人の特徴

外向的感情をよく使うタイプのうち、第一機能として持っているパーソナリティはESFJとENFJ、第二機能として持っているパーソナリティはISFJとINFJの2タイプになります。

外向的感情タイプの人々の特徴は、周りの環境に調和をもたらすことのできる選択や行動に意思決定の重点を置いていることです。例えば、その意思決定がどの程度、周りの人に影響を与えるのか、といったことを考慮に入れた上で決定します。

外向的感情タイプの人々は、周りの人の要求やニーズに対して敏感であり、それと同時に他者の価値観を理解することに優れています。特に成長している外向的感情では、相手に対しても寛容なタイプであり、かなり共感的です。

外向的感情タイプの人々は、自分と他人の境界線が薄いために、共感性が高く、相手の痛みを強く感じることから、自分自身よりも他の人のために発言することが少なくないでしょう。

そして外向的感情タイプの人々は、自分の周りの人間の価値観から大きな影響を受ける説も提唱されています。もし、不健全な価値観や人間関係の元で成長する場合には、自分自身の間違った価値観に気づくことができない短所があります。そのために、自分が間違っていると理解できずに、人を動かし、間違った価値観を周りの人に押し付けます。そうならないためにも外向的感情タイプの子供達には広い社会、様々な価値観に触れさせる必要があるでしょう。

外向的感情タイプの人々は、周りの人への共感能力に限らず、感情に訴えかける能力が高いために、政治力・組織のリーダーとして活躍することができるでしょう。時にはカリスマとも言われます。

外向的感情を第一機能・第二機能に持っているタイプ

第一機能に持っているタイプ: ESFJ、ENFJ

第二機能に持っているタイプ: ISFJ、INFJ

外向的感情の特徴

  • コミュニケーション能力が高い
  • 人間関係の構築がうまい
  • 多様な価値観を受け入れる
  • 様々な感情表現を得意とする
  • 洗練されたマナーを持っている
  • 共感能力が高い
  • 相手に伝えることがうまいカリスマ性
  • 他者との区別が薄い
  • 相手の痛みを強く感じることができる
  • 周りの人の感情変化に敏感である
  • 傷つきやすい

外向的感情を表すキーワード

共感能力、集団行動、調和、マナー、社交的、友好的、優しい、思いやりがある、感性、教育、傷つきやすい、コミュニケーション能力、礼儀正しい、愛情、伝え方、協力的、親、人間関係、人、人類、感情表現、表情豊か、面倒見がいい、聞き手

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。