MBTI

【MBTI】16タイプごとの支配されているコトについて

MBTIの結果においてはさまざまな質問が寄せられます。その中でも多くの質問がでるのが各性格タイプがどれだけ、支配的.断定的であるかということです。人にはそれぞれタイプがあります。ここでは各タイプの支配的な部分について見ていきましょう。

ISTJの支配部分

ISTJは、非常に用心深く、とても静かで、主導権を握ることをためらう性格にあります。内気な性格でISTJは自分の感情についてはあまり周りには話しをしません。プライベートを大切にするような人です。ISTJは周りの人からは静かな人だと思われることが多いです。また、常に整然で慎重に動いているため、周りからは頑固な人だと思われることがあります。
ISTJは、はじめての状況に入る前には頑事実と詳細を知ろうとします。いきなり行動を起こすわけではないので周りから見れば先導して動きたくないのではないかと見えるかもしれません。
しかし、頭の中で考えてから動くことが優先なのです。ISTJは衝動的に動くようなタイプではありません。

ISTJは何かに対して行動する準備ができており、また、明確な考えを持っていると、とても指示を出すことが上手です。

ISFJの支配部分

ISFJは、ISTJと同様に、ISFJは慎重なタイプの人間です。何かに行動する前に、すべての事実と詳細を知りたいと考えています。
内気な性格であるISFJは、控えめで静かです。自分の考えを曖昧にしたり、目立とうと周りの人たちの注意を引くような
行動はほとんど行いません。
周りからは引っ張っていくようなタイプだとは思われません。しかし、それは衝動的に行動をしたくないからです。まずは行動してから困らないために詳細や手順を知りたいのです。指示を完璧に出す前に衝動的に何かを始めるのはこのタイプの人間としてありえないことです。

ESTJと支配部分

ESTJは非常に支配的なタイプの人間です。常に昔から周りを引っ張っていく傾向にあり、周りの人たちをまとめることが得意です。自信や自己主張がとても強く、指示も良く出します。しかし、ESTJ自身は非常に怠け者です。また、自分には将来にはあまり目を向けない傾向にあります。
ESTJはいつも自分に自信があり、周りの人たちが見えていない傾向にあります。そのため、周りの人が失敗をしたとして責任を負うことはありません。

ESFJと支配部分

ESFJは、自分に自信を持っていますが、
人に指示を出すことが非常に多い傾向にあります。ESFJは何かを始める時にはすぐに行動を始めて周りの人たちに指示を出します。そして予定よりも早く完成させようとします。ESFJはコミュニケーション能力に長けています。支配的な性格というよりかは周りと一緒に行動を起こすタイプの人間です。

ISTPの支配的部分

ISTPは誰かに指示を出すして作業を押し付けるよりも自分一人で作業をすることを好みます。物静かに1人で作業を行うのです。
ISTPはしゃべることも少なく、自分の考えは心の中に秘めています。言葉よりも
行動で周りに影響を与えたいと考えています。周りの人からはやる気があまりないのではないかと思われることが良くあります。

ISFPの支配部分

ISFPは、自分の考え方を他人に知られることをこばみます。個人的に動くことが好きなため、支配的な立場になれば全員
が自分の居場所を持てるようにすることが最優先だと考えています。また、ISFP
は比較的静かな人たちと一緒にいることが多いです。言葉で自分を表現するよりも行動で自分自身を表現しています。
リーダーになった時には全員の個性と自由を大切にします。そのため、積極的にリーダーとして行動するタイプの人間よりも慕われることがよくあります。

ESTPの支配部分

ESTPは非常に支配的な性格です。ESTPは常に挑戦することが好きです。新しいことに挑戦してみたいと感じるとすぐに行動することが可能です。周りの人に勇気をもたらし、行動させることができます。
ESTPは社交的な性格であるため、周りにすごく影響をもたらします。

ESFPの支配部分

ESFPは、新しいことに挑戦する機会があればすぐに飛び込んでしまうタイプの人間です。自分の行動にも自信を持っています。しかし、ESTPはとても用心深くいため、あまりにも危険なことは代わりに他人に任せます。
ESFPは通常、自由な精神を持っています。

INTJの支配部分

INTJは、誰かに仕事を任せたり、指導をすることが非常に得意なタイプの人間です。、自分自身が行動をするときには効率が良く自分のペースで仕事をすることが可能です。
INTJは内気な性格であるため、静かな人たちと一緒にいる傾向にあります。そのため先導することは周りからは苦手だと思われています。しかし、INTJはあらゆる視点から物事を捉えることができます。決定や行動には時間がかかるもののの、行動で周囲の人たちを先導していることがあります。

INFJの支配部分

INFJは慎重に動くタイプで行動をする前には一度頭の中で物事を整理します。
INFJは静かな人たちと一緒にいる傾向にあり、1人で行動することが大好きです。
グループで行動することは非常に苦手です。
指示を出したりして支配するよりもチームの人間として役に立ちたいと考えて射ます。INFJは内気な性格なため先導は苦手なように見えますが、行動で周囲を引っ張っていく可能性もあります。

ENTJの支配的部分

ENTJは、常に自分自身が先導していきたいと考えているリーダー気質のある人間です。物事の効率が悪いと思えばすぐに行動に移します。指示を出すことがとても得意な人物です。
ENTJは物事が停滞したり時間を無駄にすることが本当に嫌いです。そのような人物がいるととても不機嫌になります。

ENFJの支配的部分

ENFJは非常に支配的なタイプの人間です。とても優しい性格のため、周りからは共感されることが非常に多いです。積極的に行動をすることが多く、常に周りを引っ張っていってくれます。また、前向きな発言が多く周りを和やかにしてくれます。
ENFJは指示を出す傾向にあるため、自分自身が黙々と作業を取り組むようなタイプではありません。
ENFJは積極的、思いやりのある人間ですのでリーダーに非常に向いている人間です。

INTPの支配的部分

INTPは支配するよりも成果に向けて自分が作業に取り組む方が好きなタイプの人間です。常に衝動的行動をして目立っているような人を嫌う傾向にあります。目標のために静かに動くことを好んでいます。INTPは、静かな人たちと一緒ににいる傾向があります。
INTPは、自分と同じような考え方を持っていない限り、他の人とは力を合わせたくありません。

INFPの支配的部分

INFPは1人で動くことが好きで、個人の自由を大切にしたいと考えています。
他人の意志に同意することを嫌っています。常に自分の中の信念を貫き通したいと考えています。
INFPは個人主義的な性格を持っているため、指示を出す時には常に的確に出したいと思っています。周りからは自己中心的と思われることが良くあります。

ENTPの支配的部分

ENTPは自分の考えやアイデアを積極的に
周りに伝えます。
ENTPは社交的で衝動的に行動をするような人間です。新しいアイデアや可能性を見つけることにとても熱心になります。
ENTPは新しい状況が非常に好きです。
ENTPは先導することがとても早く夢を実現させることもよくあります。
他の人が何を望み、何を望んでいるかを感知することも非常に得意なため周囲からは好かれることが多いです。

ENFPの支配的部分

ENFPは、非常に支配的なタイプの人間です。社交的で直感的なタイプで常に新しいことに挑戦したいと考えを持っています。
ENFPは周りに非常に影響を与えると思われており、社会的信頼が高いです。もし、否定されているようなことでもENFPが話すことで容認されることがあるくらいです。
ENFPに目標があり努力をしている場合、止めることはできません。多くの可能性を秘めているからです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。