MBTI

【MBTI診断】ENTP型の性格・特徴を解説!ENTP型のキャラや有名人、恋愛や相性は?

MBTI診断とは

MBTI診断テストは、4つのアルファベットであなたの性格を分析します。
4つの要素とは、内向的か外向的か、感覚的か直感的か、感情的か思考的か、知覚的か判断的かで分類しています。

MBTI診断は16TESTというサイトなどで、無料で診断することができます。

今回はそのMBTI診断の中でもENTP型の特徴を紹介していきます。

ENTP型の特徴

– 活力がある
– 人間的な魅力があり、人を巻き込む力がある
– 論理的な側面もあり、分析力がある
– 型にはまらない、自由気まま
– せっかちですぐに行動
– 頭の回転が早い
– 挑戦的で難しいことが好き

ENTP型は、理屈っぽいところもありますが、熱意や活力があり、チャレンジ精神が旺盛な良い意味で肉食動物なタイプです。多才な側面があり、洞察力に優れており、物事の本質を掴むのが得意で、頭の回転が早いです。

理屈っぽいところがありながらも、直感力をかなり重要視しており、感じること・インスピレーションを大事にしています。アイデアをたくさん生み出すのが得意なタイプですが、中でも革新的なことを考えることが得意で、爆発力があるのがこのタイプです。

難しいことに挑戦することが好きですが、それ以上の限界突破することに楽しみを感じており、
今までにないような「常識」をぶち壊すようなことに生きがいを感じています。

そんなENTP型ですが、コミュニケーション能力が高く、頭の回転が早い為に、ちょっとしたジョークを言うことで場を和ませたりします。その一方で、自分の興味・関心には正直で、刺激的な話を熱く語り始めることで多くの人を高まらせます。

自信も活力もあふれている性格で、何かアイデアが舞い降りてくるとすぐに手を動かさないと気が済まないタイプで、次々と新しいことを始めるので、周りの人にとっては落ち着きのない人・中途半端な人に見えることも多いでしょう。
自信過剰なところから、話が誇張されていたり、物事を考える柔軟性がない人、ダラダラ話す人に感情的になってしまうこともあるので、人間関係でもめることも多いでしょう。

合理主義者としてのENTP型

ENTP型の属している「NT」型は合理主義者の傾向を意味しています。
NT型は好奇心にあふれ、学習モンスターであることが多いです。
特にITをはじめとする、自然科学に強い興味を持っている傾向があります。
興味・関心には目がないので、かなりのインプットを行います。

NT型は、筋の通らない理論を受け入れることができない為に、徹底的に調べ上げ、矛盾点を認識する傾向があります。その一方で、知的なことには向上心があり、自分の知性を高めることを生きがいとしています。

知性が高いNT型ですが、一般人が理解するのが遅かったり、理解できなかったりした場合には、周りは無能だらけだ、と自分の殻にこもってしまうことがあります。また、人間関係をギクシャクさせる原因を作ってしまうこともあります。

理屈っぽさが目立つNT型ですが、理にかなったことであれば、あまり興味のないことにも取り組んだりするのも特徴でしょう。

NT型には実際に変な人が多いのですが、このタイプの人口は全体の10%と、かなり少ない傾向にあります。しかし、新しい物を生み出すようなNT型は、新しい事業や理論、学術などの領域でことを成し遂げることが多いです。

ENTP型の割合

ENTP型は、世界統計では全人口の3%程度だと言われています。全16種類に分類しているので、少ない方です。
一方で日本では、1%程度と、世界統計と比較しては1/3と少なく希少になっています。

ENTP型と予想されるキャラや有名人

– トーマスエジソン(発明家)
– トム・ハンクス(映画監督)
– レオナルド・ダ・ヴィンチ(芸術家)
– セル(ドラゴンボール)
– 出木杉くん(ドラえもん)
– ヒソカ(HUNTERxHUNTER)
– 加持リョウジ(エヴァンゲリオン)

ENTP型の適職、オススメの仕事

– 競争が激しく、挑戦的な仕事
政治家、発明家、起業家、営業、ベンチャーキャピタリスト、経営コンサル、企画、サービスプロデューサー、店舗オーナー、投資銀行など
– 難しいシステムを相手にする専門的な仕事
プログラマー、ソフトウェア開発者、WEBエンジニア、WEBデザイナー、システムエンジニア、大学教授など
– 斬新なアイデアを活かせるような仕事
フォトグラファー、アートディレクター、映画監督、アニメ監督、エンターテイナー、ディレクター、評論家など

ENTP型の恋愛

ENTP型は直感的に相手を決める傾向があり、直感的に魅力を感じた相手に魅力を感じます。特に外見や、肩書きを気にしたりはせずに、もっとも一目惚れをするタイプだと言えます。刺激中毒なENTP型は恋愛も、ジェットコースターで、熱しやすく冷めやすくもあるタイプです。

ENTP型と相性のいい型、ISFP型

ENTP型と相性のいい型は、ISFP型です。
認知するパターンが似ていることから、自然体で付き合うことができ、ストレスなく一緒にいることができます。ENTP型はISFP型の人の楽観的な性格と陽気なところに惹かれ、ISFP型の人はENTP型の洞察力と行動力に惹かれるでしょう。

ENTP型と相性の悪い型、ISFJ型

一方で、ENTP型と最も相性の悪い型は、ISFJ型です。
認知パターンが異なり、全く逆の価値観を持っていることから、初めは仲良くできていても、徐々に亀裂が入る傾向にあるでしょう。ENTP型の欠点はISFJ型の長所だったりすることもあり、ISFJ型に対して苦手意識を持ってしまいがちです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。