MBTI

【MBTI】NT型の子供、ENTP・INTP・ENTJ・INTJの子供の特徴

INTJの子供

INTJの子供は、常に人類の未来や世界の全体像について考えています。物事の全てに抽象的な意味があると考えてそれを常に探求しています。ですから、INTJの子供たちの質問は、年齢に比較して非常に難解である傾向があります。また、状況に合わせた複雑な単語を素早く見つけてそれを使いこなします。また、読書が大好きで深い洞察力を持っています。
さらに、INTJの子供は、非常に論理的なので、感情的な態度や客観的に根拠のないことは拒絶します。INTJの子供が持つ理想はあまりにも年齢と比較して高すぎるので、思い通りに計画が進まないとイライラしてしまいます。そんなINTJの子供は、斬新な理論やアイデアにも心を開くことをいとわない正直で率直な両親との相性がぴったりです。
INTJの子供は学校の授業では、科学や数学が得意です。理論的あるいは抽象的な科目が大好きです。しかし、同じ内容を頻繁に繰り返さなければならない場合はすぐに退屈するでしょう。
INTJの子供は、全ての認知機能を十分に使うことができません。その為、優先的な機能である内向的思考を使い過ぎるかもしれません。例えば、INTJの子供は、たった一人で自分の目標を達成しようとします。しかも、目標に対する完成度が高過ぎるあまり、その複雑さに悩まされるようになります。その結果、今現在、目の前で必要なことを見逃してしまいます。高い志を持つことは、けして、悪いことではないもですが、他人の欠陥や矛盾を厳しく追求するあまり相手を傷つけることがあります。INTJの親は、子供に十分な時間を与えて、今に焦点合わせる大切さを教えましょう。また、子供との関係がより円滑に進むように若さゆえの不完全さを認めて優しい言葉をかけてあげましょう。

ENTJの子供

ENTJの子供は、将来の可能性に目を向け、迅速に戦略的思考を行います。先を見通す力は抜群で判断能力にも優れています。そんなENTJの子供は、強い意志を持っており、素晴らしいことを成し遂げます。ENTJの子供は、組織的で計画的、そして勤勉です。何事においても最高の結果を出すためにベスト尽くします。さらに、自分が有能であることを証明しようと努力するので仲間の誰よりも早い年齢で独立を果たします。また、ENTJの子供は、新しい挑戦が大好きです。社会的規範や伝統を超えた独自の方法で物事を考えます。ですから、時代遅れで非論理的な校則などは議論の余地があると思っています。
ENTJの子供は、両親や先生から独自の視点と能力を尊重されることで愛されていると感じます。学校の授業では、英語と科学が得意科目です。統計的にENTJの子供は平均以上の成績を取得します。しかし、革新的な新しいアイデアを必要としない暗記がメインの科目には飽きてしまいます。
ENTJの子供はすべての認知機能を発達させていないので、優勢的な機能である外向的思考を使い過ぎるかもしれません。その為、他人に対して支配的で高圧的に見えるかもしれません。他人の感情的な言動に対して、突き離すような厳しい対応をする傾向があります。ENTJの両親は、感情に対する価値を教えることと、他人を傷つけないような言葉を選ぶ大切さを教えてあげましょう。

INTPの子供

INTPの子供は鋭い論理的思考と公正さで知られています。そんなINTPの子供たちは、論理的な原則に基づいていることを常に識別しようとしています。ですから、無条件に従わなければならない規則や伝統に対して、非論理的と考えられることを批判して議論することを恐れません。INTPの子供は、既存の枠を超えて考えること、独創的で独創的なアイデアを用いてさまざなことに挑戦します。多くのプロジェクトを同時に始めてしまうので終わらせるのに苦労するかもしれません。自由、精神的な挑戦、そしてアイデアや事実の絶え間ない探求を望んでいます。
INTPの子供たちは他の子供たちよりもプライベートを大切にします。自分の世界に入り込んで本を読み物事を考えてリラックスしているようにみえます。また、INTPの子供は、組織化されて多くの規則に従わなければならない環境は苦手です。そんなINTPの子供は、物をバラバラにしてそれらを元に戻すのが好きです。レゴからDVDプレーヤー、アイデアや理論に至るまで何でもあり得ます。分析を通してすべてがどのようにして起こるのかに興味を持っているからです。
INTPの子供は、両親や先生から自分の考え方の独創性を受け入れるときに愛されていると感じます。INTPの子供は、規則や伝統について議論する傾向があるため、ちょっと変わった子供と思われてしまいがちですが、常に両親の忠誠心と堅実な愛情を必要としています。
学校では、INTPの子供は良い成績を取る傾向があります。数学、芸術、そして科学が得意です。非常に創造的な問題解決能力を持っているので、難題に挑戦する授業ではそれらを刺激される傾向があります。
INTPの子供はまだ全ての認知機能を発達させていません。従って、優勢的な機能である内向的思考を使いすぎているかもしれません。具体的には、分析する過程で混乱します。例えデータ自体の一部が欠けていたとしても、過度に批判的になり、全員にに何か欠陥があるとみなしてしまうのです。外向的直観の出現は内向的な思考のバランスをとるのに役立ちますが、それは開発を始めたばかりなので比較的未熟です。ですから、INTPの子供がアイデアを探求し無限に分析を繰り返すので、仕事を終わらせるのに苦労するかもしれません。INTPの両親は、一区切り付けて終わらせること、周囲の人達に対して傷付けるような辛辣な言葉を避けること、議論したり批評したりしても大丈夫かどうかの判断を教えてあげると良いでしょう。

ENTPの子

ENTPの子供は、情熱があり無限のアイデアを持っています。壮大なエネルギーとカリスマ性を持っていて、可能性を探求するのが好きです。そして、非常に想像力豊かで刺激的です。そんなENTPの子供は、現在よりも未来に焦点を当てる傾向があります。また、新言葉の選択も上手なので、魅力的な会話で友達を楽しませるでしょう。
ENTPの子供は多くの興味を持っている傾向があり、たくさんの活動や創造的な追求に関わっています。数多くの友達を持ち、多様な背景を持つ人に会うのが好きです。なぜなら、同じようなタイプの子供たちからは大きな刺激は貰えないからです。新しい斬新なアイデア、人々、そして理論に常に魅了されます。
ENTPの子供は、両親や先生が自分の考えを奨励し、創造性、能力、および機知に気づくとき、ENTPは愛されていると感じます。独創的な考え方を聞いて尊重して欲しいと考えています。そして、その考えが社会的規範や伝統に反すると即座に注意するとENTPの子供は、失望するでしょう。
ENTPの子供は科学と芸術が得意です。創造的に考え、実験することができる分野だからです。精神的に刺激され挑戦したいと感じるならば、数学も得意になるでしょう。特に、高校の数学、代数、幾何学で採用されている、より概念的で抽象的な方法がENTPには向いています。しかし、学校の規則が厳しく授業も反復的な繰り返しであると感じた場合、勉強への熱意を失うかもしれません。
ENTPの子供はすべての認知機能を発達させていません。ですから、優勢的な機能である外向的直観を使い過ぎるかもしれません。年齢を重ねて他の機能が成熟するにつれて、この傾向は気にならなくなります。ENTPの両親は、物事には期限があることを視覚的に口頭で思い出させ、批判的思考を必要とするときに内向的思考を活用できるようにすることで助けてあげることが出来るでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。