MBTI

【MBTI】ST型の子供、ESTP・ISTP・ESTJ・ISTJの子供の特徴

ISTJの子供

ISTJの子供は、真面目で、思いやりがあります。記憶力が抜群で客観的かつ論理的です。日常生活では、計画に沿った規則正しい生活を好みます。日々のルーチンを確実にこなすことで精神が安定します。
そんなISTJの子供たちは、両親が子供を信頼し、尊重し、自分の思いや考えをありのままに表現する機会を与えられた時に、愛されていると感じます。また、両親の正直さと信頼できる態度を評価します。ですから、ISTJの両親は、約束を守り、全ての物事に対して忠実であり続けるように特に注意する必要があります。
学校では、ISTJの子供は大変良い成績をおさめるでしょう。特に、数学では素晴らしい能力を示す傾向があり、問題解決能力を果敢に試します。ISTJの子供は、教室内の規律正しい落ち着いた環境を好みます。質問に答えるための充分な時間と、問題を分析するためのしずかな場所が与えられないと混乱して実力が発揮できないかもしれません。特にグループ活動は彼らにとって苛立たしいものになる可能性があります。
ISTJの子供は、全ての機能を発達させていないので、優勢機能である内向的感覚を過度に使いすぎる傾向があります。その結果、過度に用心深く柔軟性がないように見えます。個人的な経験を通して自分が知っているか信頼していることにのみ固執してしまいます。そのため、新しい状況に怖気付いたり、大きな不安を感じます。また、あまりにも率直な言葉で、敏感な友達の感情を不注意に傷つてしまう傾向があります。ISTJの子供が友達と良好な関係を築けるように、上手な言葉の選び方を教えてあげましょう。

ESTJの子供

ESTJの子供は、外向的で、明るく活発です。決断力もあり、勤勉で周囲の人々から信頼されています。非常に論理的で客観的に考えてから結論を導き出します。決断を下すと、プロジェクトを完了するために時間を費やします。ESTJの子供は、具体的な事実や詳細を記憶するのが得意です。ですから、スポーツが大好きです。スポーツを通して他人と交流することを学びます。
ESTJの子供は、両親が自分を信頼し、尊重し、自立する機会を与えられている時に愛されていると感じます。また、両親のことを公正で信頼できると確信しれば、約束を果たそうと努力するでしょう。
学校では、ESTJの子供は非常に競争力があり、有能です。良い成績をおさめて、教室では、自分の意見をはっきりと主張します。特に、数学が得意で難解な問題を解決していきます。
ESTJの子供は、全ての機能を充分に発達させていないので、優先的な機能である外向的思考を使いすぎてしまう危険性があります。その結果、あらゆる詳細なデータを検討して熟考する充分な時間を割くことなく結論を急ぐ傾向があります。また、周囲の人々の非効率性や欠陥を悪気なく辛辣な言葉で指摘してしまうかもしれません。ESTJの両親は、徹底的に時間をかけて分析することへの価値、話す前によく考えて言葉を選ぶことの重要性、そして他の人々の視点を理解しすることを教えてあげると良いでしょう。

ISTPの子供

ISTPの子供は非常に独立心が旺盛で分析的に物事を考えるのが大好きです。ISTPの子供は、物事がどのように機能するかを理解し、分解した上で元に戻すためのコツを心得ています。そんなISTPの子供は、実践的な経験を通して世界を把握しようとします。自然を探求し、可能な限り自由に行動します。ISTPの子供は、順応性があり、大人しくて静かですが、胸の内には激しい情熱を秘めています。内向的思考が優勢機能であるISTPは、世界の存在理由や真実を捉えることに興味関心があります。学校では、数学または科学で抜群の才能を示します。

また、ISTPの子供は、自由で創造的なスタイルの教室を好みます。同じことを規則正しく繰り返すような環境を嫌います。ISTPの子供は、両親から、自立していて、論理的で、機知に富んでいるを認められて賞賛されるときに愛されていると感じます。充分な信頼関係を構築した上で自由に行動することを臨みます。ですから、子供を思い通りに支配しようとする両親を嫌うでしょう。

ISTPの子供は自分の内部で高い理想を抱きそれに近づく努力を惜しみません。しかし、他人の期待についてはあまり気にしません。自分のライバルは他人ではなく自分です。完璧な成績を取ることや先生に褒められることには関心がありません。

ISTPの子供は、全ての機能を発達させていないので、優勢な機能である内向的思考を使い過ぎる傾向があります。その結果、決断することが出来なくて、すべてのデータを調べて正しい答えを見つけるという努力の中で、時間がかかりすぎるかもしれません。また、相手の気持ちを察することが出来なくて、会話の中で悪気なく傷つけてしまうかもしれません。ISTPの両親は、より良い交友関係を育むために、適切な言葉を選ぶように教えてあげることが重要です。

ESTPの子供

ESTPの子供は、冒険が大好きです。周囲の世界への興奮と熱意にあふれています。ESTPの子供は、目の前にある世界の詳細な点に気づき、環境の変化に敏感に対応します。すべてに触れ、味わい、においを感じます。じっとしていることができず、立ち上がって探検したり、触れたり、登ったり、走り回ったり活発に動きます。

ESTPの子供は、勇敢で衝動的です。また、素早く効率的に問題を解決します。仕事を最短でやり遂げる方法を見つけるのが得意です。
ESTPの子供は、自分のやり方で限界まで物事を試す自由と独立を与えられたとき、両親から愛されていると感じます。ESTPの子供は、自信を持っている人、彼らを賞賛する人、そして彼らの能力を尊重する両親を望んでいます。

学校では、ESTPは問題解決能力と分析力に富んでいるので数学に優れている傾向があります。自分の手を動かして仕事をし、実験と試行錯誤を通して物事を学ぶことができる分野でうまくいきます。

ESTPの子供は、認知機能を充分に発達させていないので、優先的な機能である外向的感覚を使い過ぎる傾向があるかもしれません。これは、長期的な影響について考えずに新しいスリルを求めたりする結果になる可能性があります。ですから、ESTPの両親は、自分たちに挑戦するためは充分な安全を確保する必要があることを教えてあげましょう。

ESTPが直面する可能性があるもう1つの問題は、議論や議論の最中に、憤慨または傲慢に見えることです。ESTPは、討論と分析を「勝つ」ためのゲームと見なす傾向がありまず。時間が経つにつれて、これらの傾向は、Eその他の機能が発達するにつれて減少する傾向があります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。