MBTI

【MBTI】SF型の子供、ESFP・ISFP・ESFJ・ISFJの子供の特徴

ISFJの子供

ISFJの子供たちは、思いやりがあり、優しくて、他人が何を必要としているか常に気にかけています。また、質感、味、匂いを強く意識していて、そういった好みが非常にはっきりしています。一見、こだわりの強い面倒な子供に思われますが、主に内向的感覚が味覚を敏感にさせているからです。そして、ISFJの子供たちは批判にとても敏感です。批判を避けるために一生懸命働きます。ですから、信頼性があり、責任があり、安定しているように見えます。

ISFJの両親が子供を肯定し、安定した深い愛情を示した時に、愛されていると感じます。ISFJの子供は、自分の言葉を守り、重要な約束を守るために両親を頼りにします。日々の生活におけるルーチンはISFJの子供に安全と快適をもたらします。

ISFJの子供は、学校では通常、良い成績をおさめようと努力します。宿題を全て終わらせてから遊ぼうとする優等生です。秩序正しく整然とした教室で、決められたカリキュラムを順序通り学ぶことが好きです。また、科学や歴史が得意です。

ISFJの子供は、全ての機能を充分に開発していないので、優勢機能である内向的感覚を使いすぎてしまう危険性があります。その結果、柔軟性に欠け、変化を極端に怖がってしまうことがあります。ISFJの子供は、自分がやりたいことや欲しいものに時間をかけずに他の人たちを喜ばせるために一生懸命働いて他人から認められようとします。これは、憤りや欲求不満を溜め込んでしまう可能性があります。ISFJの親は、このような傾向を認識し、自分の要求に耳を傾ける習慣を身に付け、他の人からの無理な要求には断る勇気を持つ大切さを教えてあげましょう。

ESFJの子供

ESFJの子供は、表現力豊かで愛情深い子供たちで、他の人々の欲求に敏感に反応します。自然な親しみやすさと優しさを醸し出しています。そんなESFJの子供たちは自然のなかで、五感を駆使して、自由に遊びまわることが大好きです。また、ESFJの子供は、一貫性があり、秩序正しい状態を好むので、約束は必ず守ります。

ESFJの子供は、家族が愛情を示し、注意深く話に耳を傾け、価値あることを保証するときに愛されていると感じます。常に、両親からの励ましと信頼を必要としています。
ESFJの子供は、学校では成績が良く数学や音楽が大好きです。暗記も得意で、歴史の年表や単語の綴りなどを細かく正確に記憶する傾向があります。さらに、宿題を予定より早くするのが好きで、思い通りの良い成績を得られなかったり、混乱した状況では、多くの不安を経験することができます。

ESFJの子供は、全ての機能を充分に発達させておらず、優勢的な機能である外向的感情を使いすぎる危険性がありかす。その結果、憤慨し欲求不満になるほど他の人々の意見や要求に過度に気を遣ってしまうでしょう。この欲求不満は、ESFJの子供が、助けてあげた相手が自分を認めてくれなければ、ますます酷いものになるでしょう。この繰り返しが良くないことを理屈では理解していてもやめない傾向があります。
ESFJの両親は、自分と向き合い自分の要求に耳を傾けること、紛争や変化は人生の本質的な部分であり、恐れられる必要がないことを理解することの大切さを教えましょう。

ISFPの子供

ISFPの子供たちは、優しく、愛情があり、情熱的です。控えめに見えるかもしれませんが、内側には揺るぎない価値観と好奇心、そして冒険への渇望があります。ISFPの子供は、他の人に何をすれば良いか心得ています。紛争や批判がない調和の取れた環境を望みます。ISFPの子供は、順応性があり、様々な経験するのが好きです。

ISFPの両親は、子供を理解し、注意深く話に耳を傾け、愛情を示す時に、ISFPは愛されていると感じます。自分たちの価値観が尊重されていること、そして彼らが社会の期待に縛られずに自分を表現することを望んでいます。ISFPの子供は、創造的で芸術や科学のような科目が好きです。規則に縛られない創造的な環境を楽しむ傾向があります。

ISFPの子供は、全ての認知機能を充分に発達させていないので、優先的な機能である内向的感情を使い過ぎる傾向があるかもしれません。その結果、自分の価値観を理解していない人々に対して孤立的で攻撃的になる可能性があります。ISFPの両親は、批判を個人的に受け止めるのではなく、批判に対処する術を教えてあげましょう。穏やかな指導を通して、両親はISFPが安心感を保つのを手助けすることができます。

ESFPの子供

ESFPの子供は、周囲の人々を笑顔にして笑わせることを強く望んでいる、優しくて機知に富んだ子供たちです。また、驚くほど鋭い視覚と聴力を持っています。
ESFPの子供たちは、自分たちの価値観をとても大切にしています。自分自身に忠実であり偽りや真実とは異なる行動を素早く見つけることができます。そんなESFP は、他人を深く気にかけていて、とても忠実です。友達と共有するための経験や笑わせたり楽しませたりする方法を探すことで愛情を示します。

ESFPの子供は、両親から肯定されたときに愛されていると感じます。両親からの愛が無条件であり、社会的な期待にとらわれずに自分の人生を自由に発見できると確信させてあげる必要があります。

ESFPの子供は、創造的で実践的な分野や実践的な技術に優れています。美術が得意です。また、柔軟で適応性に富んでおり、規則正しい繰り返しのルーチンを嫌う傾向があります。
ESFPの子供は、全ての機能を充分に発達させていません。その為、優勢的な機能である外向的感覚に過度に頼るかもしれません。これは、ESFPの子供が、食べ物や遊びなど感覚的な楽しみに過度に熱中するかもしれません。また、長期的な影響を通して計画を立てることなく早急な判断をするでしょう。ESFPの両親は、無謀な挑戦をする前によく考えて、安全な環境で自分の限界を試すように教えてあげると良いでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。