エニアグラム

【エニアグラム】9つのタイプ別、子供を育てる方法

私たちのような親は、自分の持っている知恵を与えられるいい親になりたいものです。 子育てにはさまざまな方法があり、子供によってはうまくいくこともあります。 完璧な親というものはありません。 しかし、どんなタイプの親でも、健康的な感情をもっていれば、育児スキルは自然と向上します。

エニアグラムに基づいて、自分がどのタイプの親かを見ることができます。こうして当てはまるタイプと当てはまらないタイプがあることで、エニアグラム別の子育て法がわかります。これからする説明はいずれも形式に当てはめるためのものではなく、育児におけるさまざまな親のあり方に気づいていただくためのものです。どのタイプの親も長所と短所があり、完璧なものはありません。また自分がどのタイプでも、必ず自分のやり方でいい親になれます。

エニアグラム診断とは

今回紹介するエニアグラム性格診断は、あなたの性格を主に9種類に分類するテストで、トライタイプといった考え方を導入すると全部で27タイプまで分類することができるようになります。
この9タイプとはそれぞれの特性や個性を持ったタイプになります。それぞれのタイプを知ることでお互いの理解を深めることができ、また恋愛や仕事などの自己理解を深めることができるでしょう。

このようなエニアグラムはエニアグラム性格診断の診断サイトなどで、無料で診断することができます。

タイプ1 –完璧主義者

おもちゃがおもちゃ箱に戻されなかったり、部屋が片付けられなかったり、子供が泥だらけで学校から帰ってきたりすると、イライラしませんか。あるいは同じ規範意識を持っていなさそうな夫に腹を立てていませんか。タイプ1の親は完璧主義者で、もの事には道理があって、子供たちがその規範を守って当然と思っています。

タイプ1のいいところ

子供はしっかりとして、責任感をもって境界を守ります。あなたは一貫していて公平です。あなたはまた、善悪の感覚を教えます。「何よりもまず本当のことを言いなさい」とタイプ1のお母さんはよく言い、それは子供のためになります。

タイプ1の補うべきところ

たまには少しリラックスして、子供にあなたが楽しんでいるところを見せてみてはいかがでしょう。整理整頓は必要なことかもしれませんが、自発性と楽しい遊びがより大切な場合があります。また、「正しい」方法はひとつだけではなくて、あなたにとって正しいことも他の人にはそうじゃないこともあります。また、子供によく話しかけ、お説教ばかりならないようにしてください。

タイプ2-献身家

このタイプの親は温かく、愛情深く、思いやりがあります。 お弁当箱で特別扱いしたり、一日中ショートメールを送ったり、電話をかけたりします。ただ子供を助けたいだけの親にとっては、あまり面倒なことではありません 。

タイプ2のいいところ

子供は愛情深く育まれていると感じます。 あなたの思いやりで、子供は話を聞いてくれていると感じ、自分が大事にされていると感じます。子供のやりたいことに協力するよう簡単に説得されるでしょう。

タイプ2の補うべきこと

時々、このような愛情は、あるタイプの子供にとって息苦しく感じ、あなたが絶えず連絡をとってべたべたするところが鬱陶しく感じます。ですから、あなたの子供が適切な年齢で独り立ちできるように、うまく行かないことは支えながら、子供に任せてみてもいいかもしれません。

タイプ3 –達成者

タイプ3の親は楽観的で目標志向であるため、子育てに関しても成功を重視します。このタイプの親は人生で成功して欲しいという理由で、七歳児にテニス、バイオリン、その他のさまざまな習い事をさせます。タイプ3の親は勤勉なので、会議の合間に子供たちと過ごす時間を作ります。

タイプ3のいいところ

子供は頑張れば何でもできるという信念を持ちます。子供はまた、才能をのばす幅広い活動を経験し、あなたも子育てに集中するでしょう。子供はあなたを芯が通っていて信頼できるものと見ます。

タイプ3が補うべきもの

プレッシャーや達成感を楽しむ子供もいるでしょう。なかには親の熱意やスケジュールに疲れを感じたり、あなたの期待に応えられなかったために失敗したと感じたりします。時には両親とも子供を自由にさせて息抜きをしてもいいでしょう。

タイプ4 –芸術家

このタイプの親は、子供の創造性を刺激します。音楽、芸術、料理など、あらゆる形の自己表現に刺激されます。落ち込んでいる時でも、このタイプの親は上機嫌で楽しくなれます。親は愛情深く洞察力があり、子供の感受性を育みます。親はおそらく大きなグループで活動するのが好きじゃないでしょう。むしろ子供と一対一の活動を好みます。

タイプ4のいいところ

子供は芸術的なものすべてを愛し創造性を探求したいと思うでしょう。親は協力的に子供の独創性を伸ばすことができます。親は違う考え方別や子供なりのやり方を否定せず、自分自身に正直なところは良いお手本になります。

タイプ4が補うべきもの

時々親が落ち込んでいると、どういうわけか自分に責任があると子供が思ってしまうかもしれません。そんなとき、心強い言葉は大きな価値があるかもしれません。子供がいるところに合わせて、持ち味の感性を使ってみてください。

タイプ5 –研究者思想家

このタイプの親は、知的なタイプの人格です。「知識は力なり」が、子供を育てるモットーになるでしょう。常にプロジェクトや研究に忙しく、親は有能だと感じるのを好み、社交的なことはあまり好きではなく、時間の無駄とさえ思います。しかし、例えば原子がどのようにできているか子供が尋ねた場合、親は辛抱強くおそらく非常に詳細に答えるでしょう。親は親切ですが、子供の必要なものや感情的な爆発に対処できません。子供が非常に感情的である場合、このタイプの親は内気なものと感じるかもしれません。

タイプ5のいいところ

子供はバードウォッチングからゲーム、天体学習まで、幅広い分野の知識を得るでしょう。親は情報の整理が大好きです。赤ちゃんは良い例です。赤ちゃんは親にとって日常的に研究に値する時間を消費します。その結果、共通の興味をもつ年長の子供とよりよいコミュニケーションをとることができます。

タイプ5の補うべきところ

二歳児は言うことを聞かないものと割切りましょう。むしろ親らしい洞察力のある優しさで接してください。子供の記憶力や知的な力を誉めてあげてください。

タイプ6 –忠実な人

このタイプの親は忠実な性格で、情け深く面倒見のいい親になり、自分たちの視点だけでなく子供の視点でも物事を見ることができます。親は子供としっかりした境界を確立するのが難しいと感じるかもしれません。子供が怪我するかもしれないと心配していると、子供が自立しづらくします。 「深く入りすぎたり、行き過ぎたりしないように気をつけてください」とは、心配性なこの親への警告です。

タイプ6のいいところ

タイプ6の親は信頼され、勤勉で責任があります。温かくてとても面白く、主婦であることが多いです。親が心配性でも、子供に大きくて心強い勇気を示すことができます。

タイプ6の補うべきもの

子供に制限を設けるのは当然と思われるかもしれませんが、外向的で冒険心ある子供は、親が心配性なばかりに制限されていると感じ、世の中の人たちは信用できないという考え方になる恐れがあります。いつも最悪なことの心配ばかりしないで、心のうちに信頼してみる感覚を持ってみてください。

タイプ7 –愛好家

このタイプの親といたら、子供はジェットコースターに乗っているような感覚です。疲れますが。キリマンジャロに登った次の日はバンジージャンプ。このタイプの親はやるべきことのアイデアであふれかえって、あまり失敗を気にしません。親はおもしろいイベントをどんどん計画して、過密スケジュールが大好きです。子供は親にほとんどの時間を使われて、振り回されていると感じるかもしれません。

タイプ7のいいところ

素晴らしいストーリーテラーであり、しばしば子供を幻想的な物語に夢中にさせます。ピーターパンの世界では歳を取らないため子供といい関係を築きます。親はご褒美にリスクをとることを勧めたり刺激したりします。

タイプ7の補うべきこと

このタイプの親がいつも理解していないのは、じっとしていることが楽しい子供もいて、熱狂的な活動に疲れを感じていることです。親は宿題を見たり料理をしたりなどの日常的なものにあまり興味を持たないかもしれません。バランスよく静かな時間と活動を組み合わせてみてください。

タイプ8 –統率者・挑戦する人

このタイプの親はまっすぐ話し、子供も自分と同じようになって欲しいと思います。 「適者生存」が教えのモットーです。このタイプの親は心が広く愛情をはっきりと伝えます。親は子供が課題に直面してもタフであり、しつこく目標を追及することを望みます。親はしばしば突発的に怒りを爆発させますが、本人はすぐに忘れます。しかし周りの人はいつも忘れているわけではありません。その結果、このタイプの親は威圧的で怒りっぽいと感じる子供もいるでしょう。このタイプの親は、子どもの感受性を潜在的な強さではなく弱さとして見るかもしれません。

タイプ8のいいところ

親が強い力で守るので、子供は外から安全でいられると感じます。大きなクマのように、親は自分や愛するものに対するすべての脅威を破壊しようとします。親は子供を可愛がり、子供が世界で成功するのを助けるために何でもします。

タイプ8の補うべきところ

あなたは時々子供をちゃんと意思のある個人というより、自分自身の延長として見ているかもしれません。あなたの威厳があり過ぎるところが知らないうちに子供を怖がらせているかもしれません。子供が自分の気持ちを言いやすくしてください。

タイプ9 –平和をもたらす人

このタイプの親はほとんどがゆったりとした生活を送っています。
このタイプは優しくて、しばしば創造的でズレたユーモアのセンスで人々を温めます。しつけは、むしろ避けたいものであり、他のパートナーに任せます。パートナーが助けにならないと感じた場合、このタイプは頑固になって引きこもります。このタイプは一般的に人気があり、周りの人々を受け入れています。

タイプ9のいいところ

子供は受け入れられ、愛されているという真の感覚を持ちます。

タイプ9の補うべきところ

どんな犠牲を払っても平和でいたい欲求のため、矢面に立つようなことを避けたいと感じるかもしれませんが、子供はしっかりとした基礎教育やサポートが足りていないと感じています。子供は方向性を必要とするので、難しくてもしっかりした姿勢をとることがたまには必要です。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。