MBTI

【16性格分類】それぞれのタイプにおける誤解について

MBTIにおいての性格のタイプについて見るとき、少し誤解をしていることがあるということがわかりました。人間は誤解することが多い生き物です。
ここからはそれぞれの性格のタイプがどのような誤解をされているのか詳しく見ていきましょう。

INFJは他のタイプと間違われる

INFJはよく他のタイプの人間と間違われることが多く、INFJとして見られることがあまりありません。そのためINFJのタイプとして説明される機会があまりないく、周りからは勘違いされることもよくあるでしょう。
INFJは自己探究心が強く、自己陶酔しやすいような性格です。いとも簡単に気づいてしまいます。
間違って他のタイプとして周りは認識していたりするため、性格を把握できていないということがよくあります。
本物のINFJは、常に他人からは理解されていたいという願望を持っています。

ENFJは偽物と呼ばれる

ENFJは周りからは最悪の人間であると誤解されている傾向にあります。ENFJは普通の人たちとはちょっと違った考え方をすることが多いです。嘘をつくことを得意としており、何かを知りたいときは得意の話術で人の心に入りこみ、その人を利用して物事を調べます。感情を読んだりするときも同じような方法を取るでしょう。そのため、周りからは偽物と呼ばれることが多いです。

INFPは泣き虫だと思われる

人間には極端に涙もろい人がいます。INFPは極度の泣き虫と言われます。
しかし、この涙は裏があると思われていることが多いです。敵に対して心を許しているフリをしているのではないかと誤解されています。

ENFP は活発な人だと思われている

ENFPは、社交的な生活で非常に活発な人だと思われています。しかし、それも勘違いです。実際には個人で行動をしたりすることが好きな内気な性格なのです。
ENFPは読書などが一人で出来ることが大好きです。一般的にあるような集団での行動は嫌いなのです。
周りの人たちがENFPに抱いているイメージとは大きく異なります。

INTJ は感情がないロボットのように見られる

INTJはあまり自分の意見を発言するようなことはしません。そのため、周りからはロボットのように感情がないように思われます。
しかし、心の奥底には常に譲れないような価値観を持っています。

ENTJ は冷たい性格で独裁者だと思われる

ENTJは、物事に対してさまざまな考え方を持っています。相手から相談されたときには直感で思ったことを告げるため、冷たい人だと思われます。また、自分の意見が絶対に正しいと思っている独裁者のようにも見られます。しかし、ENTJはただ自分が思ったことを伝えているだけなので悪気はありません。

INTPは怠けていると思われる

INTPは部屋などがとても汚い人が多く、怠けていると思われがちです。しかし、それは怠けているのではなく、ただ忙しいだけなのです。やる気と時間さえあればすぐに行動をすることができます。

ENTPはよく問題を発生させる人だと思われる

ENTPは疑問などがあればだまっておかずに必ず議論をしようとします。そのため、周りからはめんどくさいと思われることもよくあるでしょう。議論では問題がたくさんあがります。問題をよく発声させる人だと思われがちです。
ENTPが実際に行動をしたことによってトラブルメーカーとなることがあります。
しかし、トラブルを起こす気などは一切なく、議論をすることが好きなのです。

ISTJ は退屈な人間だと思われる

ISTJは素晴らしいセンスの持ち主でたくさんの魅力を持っています。しかし、どこかアイデアがなく、面白みがないため退屈な人間だと思われています。

ESTJ は感情がなく権威がある人が第一だと思われる

ESTJは権威のある人が指示を行ったとき、それがたとえおかしなことであっても従うことが多いです。
そのため、感情がない人間なのではないかとも思われます。
しかし、ESTJは物事を実行するときにはちゃんと効率の良さなども考えています。縁の下の力持ちということわざのような人間なのです。

ISFJは人を喜ばすことができる人間だと思われる

ISFJは誰かのために行動をすることが好きなため、人を喜ばすことができる人間だと思われます。しかし、それは人を喜ばせるために行われているわけではありません。ただISFJ自身が満足したいために行っている行動なのです。人を助けることにISFJは生きがいを感じています。

ESFJは他人を動かすことが上手だと思われる

ESFJは、他人の心や場の空気を読むことが上手で周りの人たちを動かす力があります。リーダーとに向いているような性格でしょう。しかし、本当は周りを動かすために心を読んでいるのではなく、一人ひとりが安心して暮らせる方法を探すために心を読もうとしています。その人のために心を読んでいるため自分の行動に利用しようというような気は一切ありません。

ISTPは人を憎んでいると思われる

ISTPは非常に自らにも他人にも完璧を求めるところがあります。他人がダラダラ行動をしていることを嫌がったりするため、そう見えるのです。しかし、実際にはISTPは人を嫌うようなことはほとんどありません。自らがちゃんとしているからこそ、そのレベルを他人に求めるあまり人を嫌っているように見えるのです。

ESTPはアドレナリンの中毒者だと思われる

ESTPはアドレナリンという言葉がとても好きなため、中毒者と思われることもあります。
しかし、アドレナリンが好きということは非常に良いことです。それだけ物事に熱心になっているということがわかるでしょう。

ISFPは耐えることができないと思われる

ISFPは我慢することがとても苦手な人間です。些細なことであっても耐えることができないこともあります。弱い人間なのです。
しかし、弱いながらにも静かな闘争心を持っています。自分の信念は貫き通すような人間です。

ESFPは浅い付き合いをするような人だと思われる

ESFPはたくさんの人と交流を持つ浅い付き合いしか行いません。そのため、親友と呼べるような人はいないでしょう。浅い付き合いしかできないと言うと悪いように聞こえますが社交性があると言えば良いように聞こえます。浅い付き合いしかできないという人は良い面と悪い面があるのです。
みなさんは性格のタイプを勘違いしていることはありませんでしたでしょうか?誤解することがないようにそれぞれの性格は詳しく見ておくようにしましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。