MBTI

【MBTI/ソシオニクス】ESTPの意識的な心理機能について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ESTPに関するほとんどの記事は、ESTPが情報をどのように処理するかの表面に触れるだけです。そして、ESTPが主な4つの認知機能をどのように利用しているかについてのみ取り上げています。この記事では隠れた機能ではなく、意識的な4つの機能を追加してさらに詳しく説明します。

8つの機能モデルとは何か?

MBTIの性格タイプは、主に4つのタイプに焦点を当てます。ESTPの場合は、文字通りE–外向性、S−感覚、T–思考、P–知覚です。多くの人はそこで性格タイプの探求をやめてしまうでしょう。それだけで十分な情報だからです。しかし、さらに深く掘り下げて、自分のタイプの認知機能を調べる人もいるでしょう。ESTPの場合、これらの関数は次のようになります。

  • 優勢機能:外向的感覚
  • 補助機能:内向的思考
  • 第三関数:外向的感情
  • 劣等機能:内向的直観

では、ESTPが情報を処理し決定を下す際に最も意識的に頼りにする4つの精神過程について説明します。ESTPは主に外向的感覚を介して情報を処理しますが内向的直観からの支援はそれほど多くありません。

ESTPは、主に内向的思考を用いて意思決定を行うので、外向的感情の支援が弱いといえます。ESTPが直観と感覚を深く理解する瞬間があるかもしれません。さらに、ESTP精神構造を掘り下げます。

ESTPにはさらに4つの機能があり、日常的に使用されていますが、これらの機能はあまり意識されておらず、しばしばESTPとは無関係と見なされます。これらの機能を使用していることに気付かず、この領域における弱点を見落としている可能性があります。また、この機能が配置されているために、他人について不公正な予測を行うリスクもあります。これらの関数は、隠れた機能と呼ばれます。

ESTPの隠れた機能

反対の役割:内向的感覚
批判的な機能:外向的思考
悪戯な機能:内向的感情
悪魔な機能:外向的直観

確かに、これらすべてのタイトルは不吉で、その名前がちょっと不思議なものに感じるでしょう。隠れた機能がこれらの特定のタイトルを持っている理由はすぐに理解できるでしょう。最初に述べた4つの主要な機能は、ESTPが自我として受け入れるものです。ESTPは、外向的感覚、内向的思考、外向的感情、及び内向的直観を使用します。

ESTPはこれらの機能を自分自身の一部とみなし,それらをある程度理解し、多くの状況で上手に利用すりでしょう。これとは対照的に、隠れた機能は、ESTPをつまずかせているように見えます。通常は、隠れた機能とは関わりを持っていませんし、それらを大切にし、簡単に使える人たちと関わるのにとても苦労します。

隠れたの機能は、他人からの不公平な評価の原因となる傾向があります。しかし、それらはすべて悪いものではありません。これらの機能を認識することで、より賢明な決定を下すことができます。

ESTPの4つの主要な認知機能の概要

優勢機能:外向的感覚(Se)

ESTPは外部の現実をしっかりと把握出来ており、常に万全の準備をしているので比較的優雅に暮らしています。ESTPは、周囲の官能的で、刺激的で、変化を続ける現実の世界を楽しんでいます。ESTPは、衝動的であることを好み、予期しない新鮮な状況に適応するのに非常に優れています。実際、人生が予定調和で代わり映えしない時は、退屈しています。外向的感覚に優れているので、奇妙な新しい場所を素早く見つけることができ、不意の出来事にも瞬時に反応します。そして、空間把握能力も抜群です。そんなESTPの高い警戒心と細部への気配りは、緊急時の救援やスポーツにおいて重宝されます。

補助機能:内向的思考(Ti)

ESTPは、内向的思考を使用して他人や自分を守り育てます。内向的思考はESTPに、現時点における正確で論理的な決定を下す分析力を提供します。この機能によって、ESTPは、現実の感覚をしっかりと保持します。ESTPは、精神的に情報を評価し、情報をふるいにかけて、不正確なデータを取り除きます。論理的な一貫性を切望し、データを分類して、それが物事の壮大な計画のどこに収まるかを楽しんで検証します。内向的思考を重視しているので、社会的規範、伝統や規則を気にしない傾向があります。例えば、誰も来ないのに、赤信号で停止したままになることはほとんどありません。ESTPにとって、現時点で理にかなっているかどうかが重要だからです。そんなESTPは内向的思考を駆使して問題を解決します。意味をなさない慣習には背を向けます。この内向的思考によって、情報を分析または整理する新しい方法を見つけるのが得意で、関心のある人々と議論して問題を解決します。

第3機能:外向的感情(Fe)

ESTPが落ち着いて、遊び心に満ちている時は、外向的感情と関わっています。外向的感情は、周囲の感情的な雰囲気に影響を与えることに焦点を当てた意思決定プロセスです。この外向的感情は、ESTPが他の人々が必要としていることや価値観を判断する際に役に立ちます。他人の気分が変化したときに気づき、行動のパターンを理解するのに役立ちます。ESTPは、周囲の人々からの肯定的な反応を嬉しく思います。友好的な冗談、ユーモア、そして調和のとれた楽しい環境にいることが大好きです。ESTPは、大切な人が傷ついていることを素早く察知して、優しく気遣うことができます。とはいえ、この機能は内向的思考ほど開発されていません。短期間のうちに、ESTPは外向的感情に非常に敏感になる時もるのですが、他の人の感情を犠牲にして、驚くほど無神経な態度を見せる時もあるようです。内向的思考は事実と論理に焦点を合わせます。一方、外向的感情は、他人の感情的な反応を過度に気にします。不健康な状態に陥ったESTPは、たとえ否定的であっても、感情的な反応を得るために他の人を支配しようとするかもしれません。

劣勢機能:内向的直観(Ni)

ESTPの場合、内向的直観は使いやすいと感じていますが、実際には上手に使いこなしてはいません。ESTPが他の人に一般的に賞賛される優勢機能は外向的感覚です。ですから、劣勢機能である内向的直観は外向的感覚の正反対のように感じられます。外向的感覚が現実、事実、今何が起きているのかに目を向けるのに対して、内向的直観は無意識、抽象、そして将来起こりうることに目を向けます。ESTPは時折抽象的な会話や空想を楽しむかもしれませんが、内向的直観の熟考は時間の無駄だと一般的には無視しています。象徴的な隠された意味を熟考することは、それらに意味をなさないか無関係であると感じることがあります。同時に、ESTPは、内向的直観に優れたNJタイプの弱さを自然に感じます。また、NJタイプが持つ才能が自身にもあることを密かに望んでもいるので、ここでNJタイプのバランス感覚を参考にします。そして、より成熟したESTPは、内向的直観を受け入れるようになります。それによって、より正確な予測と、物事の根底にある意味の深い感覚を持つようになります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。