MBTI

【MBTI】16タイプ別の心を安らげる方法

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

個性別 周囲を落ち着かせることへの考え方
ある人は自分の周りに落ち着ける環境を作るのに長けています。
この人が作る環境は周囲を落ち着かせ、物事を調和させます。
それでは、個性別に周囲を落ち着かせる事への考え方を紹介しましょう。

INFJ

INFJの人は、周囲の人をリラックスさせ感情が昂ることを抑える事を得意とします。
彼らはいつも周りを安心させる適切な言葉を発し、周囲を安心させて協調させることができます。落ち着きを必要とする人がいれば、INFJの人は的確に動き、周囲を穏やかにさせます。このタイプの人は、他人が望むように的確に周囲を落ち着いた状況を継続させることができます。

ENFJ

ENFJの人はその場の雰囲気をなごやかにするのを得意とし、周囲を落ち着かせることができます。
もし不安を抱えた人がいれば、きちんと相手に関わることでたいていの場合相手を落ち着かせることができるでしょう。ENFJは人とのつながりを持ち、ストレスを緩和させて、相手をよりリラックスさせることができます。
彼らの温かい思いやりは周りを落ち着かせている状況を

INFP

INFPの人は自分の考える事と関係がない場合は、人を落ち着かせるのに向いていません。
彼らは、自分自身の経験に基づかない他人の感情の変化には鈍感です。
このタイプの人は強い自己アピールをしますが、自身の感情に基づかなければ他人を落ち着かせることができません。
INFPの人にとっては、「自分は他の人のことを思いやっている」と考えているので「人を落ち着かせることができない」とは思い至りません。

ENFP

ENFPの人は「周囲のため」に落ち着く環境を作るのを嫌います。
もし彼らが自分の感情を優先するため「自身がリラックスしていれば」周囲を落ち着かせることもできるでしょう。
しかしENFPの人は「他人のために」は率先して行動しないでしょう。

INTJ

INTJの人は普段から周囲をリラックスさせる事はなく、自分のやりたいことや好きなことを率先しているため、「他の人のために」何かを強いられるのを嫌います。
また、彼らは感情を内に秘めて行動するため、感情を外に発信する事はあまりありません。
周囲の環境を調和させるために、彼らは合理的、かつ理論的に物事を進めていこうと思います。彼らが周りの人を落ち着かせるために行うのは、感情のコントロールではなく実際に目の前にある問題点を解決していくことです。

ENTJ

このタイプの人は、自分や他人の感情に積極的には関与しないため感情のコントロールが苦手です。
ENTJは問題を解決するためできるだけ実用的なことをして周りを落ち着かせます。

INTP

INTPの人は自分の感情もよく把握していないので、他人の感情のコントロールをしなければいけないとは思い至りません。彼らは周りの人を思いやり、助けたいと思うのですが、そのアプローチする方法を知りません。
このタイプの人にとっては、問題を解決するために論理的な手段を考え、行動することが最善です。冷静に「その人に何が起こっているか」を把握して、感情を誘導するのが彼らにとっては難しいことなのです。

ENTP

ENTPの人は悩みを抱える人の感情をコントロールしたり、落ち着かせることではなく実際の問題点を論理的に考えることで解決しようとします。
彼らが周囲に調和することを強制しなければ実用的な手段で物事が解決するでしょう。

ISTJ

ISTJは問題を解決するのに非常に実践的な人々です。
彼らは実用的な方法で細かいケアをして、周囲を落ち着かせるのにベストを尽くそうとします。このタイプの人は共感したり感情に対応することが難しいので冷静には対処しません。

ESTJ

ESTJの人は「愛する人」の要求を満たすことで周囲を落ち着かせようとします。
彼らは選択ミスをして物事を悪化させるような事をしたくないため、安心感と快適さを感じられるように懸命に働きます。
このタイプの人は実践的に対処する方法を知らないので、他人の感情を落ち着かせるサポート役には向いていません。

ESFJ

ESFJの人は他人と共感するタイプなので、周囲を落ち着かせるのに適しています。
彼らは自身の環境の調和をし、周りの人全てに深く気を配ります。
このタイプの人は周囲が不安を抱えたり緊張していたりすると、自分も不安になるので周りを穏やかにすることを重要視します。

ISFJ

ISFJは相手をを落ち着かせ、その場の調和をはかることを非常に得意とします。
彼らは、自分の周りの人が安心できる環境を作るために最善を尽くそうとします。
ISFJは自分自身が不安を感じないようにも、一生懸命に働きます。
このタイプの人は、周囲の人々の感情やニーズを汲み取ることを得意とするので、そこから周囲が落ち着ける手段を見つけて実際に解決しようとします。

ISTP

ISTPは、自分が「周囲のために落ち着く環境」を作る事は不自然だと思っているため、周囲の環境を調和させることも難しいと感じてしまうでしょう。
感情的な面から周囲を落ち着かせるのではなく、まず事実を把握して、実践的、論理的に物事を解決しようとします。

ESTP

ESTPは稀に、他の人が安心することに気配りをして周囲を落ち着かせることもあります。
しかしこのタイプの人は、自分の感情にとらわれやすいので基本的に周囲を穏やかな気分にさせることは少し難しく感じるかもしれません。

ISFP

ISFPの人は、周りの人の感情の変化にとても敏感な人であるため、不自然に周囲を落ち着かせるために動く事はあまりありません。
このタイプの人は自分の中に強い拘りを持っていて、他人のために自分の感情を押さえつけてまで落ち着かせようとはしません。
自分の正直な気持ちを伝えて、周囲を落ち着けようとします。

ESFP

ESFPの人は、周囲を応援したいと思っていますが、あえて周囲を落ち着かせる環境を自分から作りだす事はありません。
彼らは「誠実な対応」で不安を抱える人のために行動します。このタイプの人は素のポテンシャルが高いため、自分が相手にとって誠実な対応をしていると考えています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。