MBTI

【性格タイプ別】あなたは実験な人かどうか

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJタイプは実験的な人ではないことが多く、実験自体に少し不安を感じる可能性があります。このタイプは自分が知っていること、そして最も快適なことに固執することを好むので、このタイプにとって、特に準備をせずに、新しい状況や実験的な状況に追い込まれるのはかなり困難なことなのです。反対に、自分たちが直面していることを知って物事に足を踏み入れたいと思っており、自分の仕事の研究に時間を費やすことを好みます。このタイプは、効率と意識の感覚ですべてを操縦できるようにしたいだけなので、実験的であることはしばしば有益ではないのです。

ESTJ

ESTJは通常、非常に実験的な人ではなく、実際にはまったく逆の場合もあります。このタイプは何か新しいことに飛び込むのではなく、自分がよく理解していることに集中することを好みます。行動においてより効率的になるのを助けるため、可能な限り常に準備することが最善なのです。特に準備と事前調査を行う時間がない限り、何か新しいものに投げ込まれることは楽しまないでしょう。このタイプは自分が確信していることにより興味を持っているため、実験的な人ではありません。

ISFJ

ISFJタイプは通常、それほど実験的な人ではなく、新しい状況に投げ込まれるということによって疲れ果てることがあります。このタイプは自分たちが知っていることに集中することを好み、コンフォートゾーン内での生活をより幸せに感じます。これは、このタイプが新しいことに挑戦できないことを意味するのではなく、常にそうすることを好まないだけです。このタイプは自分自身の環境に調和の感覚を維持し、愛する人を大切にするために一生懸命働きます。常に新しい実験的な事柄や状況に飛び込むことは、実際に疲れ果てて圧倒されていると感じさせるものになるでしょう。

ESFJ

ESFJタイプは新しい経験を試してもかまいませんが、ほとんどの場合、自分のコンフォートゾーン内で生活することを好みます。このタイプは準備ができていないものに足を踏み入れるのが好きではなく、知らないものに投げ込まれたときにしばしば圧倒されてしまいます。また、特に愛する人を大事することに非常に集中しているため、人生の中で物事を準備していくのが好きです。愛する人のためにこれを行う必要がある場合、より実験的になりますが、それはこのタイプが好む生き方ではありません。

ISTP

ISTPタイプは、特に新しいことに挑戦することを楽しんでいるため、性格内に非常に実験的な側面があります。そのため同じような退屈なスケジュールのままになっていると、このタイプの負担が大きくなる可能性があります。このタイプは実際に自分を満たし、報酬を与えることができる新しいものと経験を探す必要があるのです。これは、しばしば少し実験的なことであり、恐怖を冒すことなく、真っ先に何かに飛び込もうとすることを意味します。

ESTP

ESTPは、わくわくするようなものを楽しむことができるので、間違いなく実験的な人でしょう。このタイプは停滞を嫌い、非常に長い間じっと留まることを好みません。実験的であることは、このタイプが新しい状況に身を投じることを意味し、本当に充実したものになる可能性があります。このタイプはまた、現在の瞬間を生きたいと思っており、与えられた状況がどんなものであろうと、自分がすべきこと、してはいけないことに夢中になりたくないのです。

ISFP

ISFPタイプは、特に新しいことに挑戦することを楽しむので、実験的な人間になることができます。このタイプは実際に情熱的で興奮できるものを明らかにするために、少しは実験するでしょう。また同じような退屈なことを繰り返すことで本当に疲れ果てしまうので、時々実験的である必要があります。このタイプは、何か新しいことに挑戦することに神経質になっていても、行き詰まったままではなく、自分自身を前進させたいと思うことがよくあるのです。

ESFP

ESFPは非常に実験的な人であることが多く、新しいことに挑戦するときに最も報われます。このタイプは自分たちの生活が情熱と興奮に満ちていることを望み、永遠に同じ場所に留まることを本当に嫌います。さらに、現在の瞬間を生きているため、開放性と冒険心を持って生きることを楽しむのです。このタイプは次のステップに少し恐怖を感じても気にしませんし、それに伴うスリルを求めることがよくあります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。