MBTI

INTJの性格を理解するために

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

INTJとは、まさに仕事人という言葉が相応しいパーソナリティです。彼らは常に冷静沈着であり、少しのことではめげない強靭な精神の持ち主で、与えられたタスクを片付けることを何よりも好んでいます。いかに効率的に最良の仕事を果たすか、ということに命を懸けているともいえるでしょう。

孤独なINTJ

INTJは集団に迎合することなく、常に自立している状態にあることをベストだとしています。

それでいてINTJは、深い洞察眼の持ち主です。彼らはまだ抽象的な状態にある未完成のアイデアや概念の扱いに慣れていて、彼らはそこから将来のビジョンや可能性、そしてアイデアを見出し、人々に提供することを得意としています。

彼らは客観的で論理的な分析を用いて状況を考察して、今起きている問題に対する、「未来志向」の長期にわたる革新的な解決策を考え出すのです。

合理主義な軍師気質のINTJ

またINTJは、どこまでも合理的でストレートなパーソナリティです。彼らは何事も早急に終わらせることを好み、無駄を嫌います。ゆえに彼らの会話は必要最低限のものであることが多く、社交辞令や挨拶を無駄なものだと捉えて省く傾向にあるので、初対面では礼を欠いているという印象を与えてしまうかもしれません。

INTJとコミュニケーションを交わすとき

あなたがINTJと言葉を交わす機会があったとき。以下のことを心がけてみましょう。

INTJとは合理的に、計画的に会話・情報共有する

前述のようにINTJは、社交辞令や挨拶と言った「社会で求められる暗黙のマナー」のことを、面倒で厄介、且つ無駄なものだと考えています。彼らはその考えが正しいと思っていますし、事実それら暗黙のマナーはたしかに無駄なものであるといえるでしょう。

なので、あなたがINTJとコミュニケーションを取るとき。挨拶や前置きなどは省き、あなたがINTJとコミュニケーションを交わす必要性と、その目的を彼らに説明をして、なるべく速やかに本題へ入るようにしましょう。

何故ならば、INTJはあなたという人間に興味はなく、個人的な深い関係をあなたとの間に築かなくとも、仕事は達成できると考えている場合がほとんどであるからです。

実際にそのような深い関係性などがなくとも、INTJとの仕事は完遂することができるでしょう。それも素早く、とても効率的なやり方で終えることが出来ます。

冷たいように見えるINTJにも、意見を聞いてみる

INTJは話題を振られたり意見を求められたりしない限り、その重い口を自分から開くことはありません。しかし彼らがひとたび口を開けば、あなたは彼らが持つ深い洞察眼と鋭い指摘に驚くでしょうし、彼らの意見はあなたに新たな視点を提供してくれます。

しかしINTJは自ら喋り出すことは滅多にありません。なので積極的に彼らに話を振るようにし、意見を求めるようにしましょう。けれども、彼らが議題について熟考を重ねる時間を奪わないよう心がけましょう。

INTJは評論家気質であり、完璧主義者

INTJが何かを額面通りに受け止め、すぐに受け入れることは滅多にありません。彼らは、彼らが遭遇する全てのものを必ず疑ってかかり、最低でも一度は粗探しのような批評をすることでしょう。

けれども彼らは、気に入らないから攻撃をしている、というわけではありません。客観的に分析をし、見つけた問題点を挙げているだけなのです。

なのであなたがINTJの前で、何かしらの意見を述べるときには、彼らから批評が飛んでくることを覚悟しておきましょう。そしてその批評は、個人攻撃といった悪意のあるものでは決してなく、客観的な視点から導かれる正当な評価であることを理解しましょう。

INTJへ情報を提供する時は、論理的且つ客観的に

INTJは評価を行う際、客観的で論理的なプロセスを使用し、あくまでも客観的であることを重視します。つまり彼らは通常、感情的な要因を考慮しません。

なのであなたがINTJに対して何かしらの情報を提示したり、彼らを説得しようとしたりしているとき。「”私は”これが好き」や「”私は”これが正しいと思う」といった、主観的な要素や言葉の使用を控えてください。INTJと同じように、あらゆるデータを集め、データを基に論理的に考えて分析し、それを客観的に評価するようにしましょう。

衝突が起こってしまったとき

人間関係にはどうしても、意見や立場の衝突がつきまとうものです。

それでは、INTJとの衝突を引き起こす可能性があるポイントと、それを回避するための方法を見ていきましょう。

INTJの前では、合理的である必要がある

INTJは感情というものを嫌っています。彼らは自分自身の感情に振り回されることなどありませんし、それと同様に他者の感情に振り回されることを嫌います。

INTJは、同僚の愚痴を聞きたくないし、慰めを求められることを迷惑だと感じます。そしてINTJは怒りや悲しみなどの大きく揺れている感情と、その持ち主には近寄りたくないと感じるのです。

そんなINTJが他者の感情に振り回され、それにより自分の仕事を妨害されると、彼らは疲れを感じはじめ、次第に苛立ちが募っていきます。そうして遂に誰かの個人的な感情が議論の場に持ち込まれたとき、INTJの堪忍袋の緒が切れる可能性があります。

なのでINTJと共に仕事をする際には、できる限り「業務」と「個人的な感情」を分けて、感情を持ちださないよう心がけましょう。そうすることでINTJは、業務に感情を持ちださずにいてくれる同僚には、その配慮に感謝し、礼を持って接します。

INTJのいかなる決断も、尊重する

INTJの特技は、瞬間的に的確な決断を下すこと。彼らは何かの決定を下したり、タスクを手早く処理する際に、素早く情報を取捨選択する直感を持っています。

これは彼らが保有する優勢機能「内向的直感」に由来するものです。しかし決断を直感にのみ頼り、咄嗟に下しているため、INTJは決断に至った理由を訊ねられたときに言葉に詰まることが多々あります。

言葉に詰まってしまった際にINTJは深く反省し、熟考を重ねて、あとからその決断に至った合理的な理由を説明してくれるでしょう。しかしその行為は彼らにとって時間の無駄でしかなく、時間を浪費する原因となった「察しの悪い他者たち」へのフラストレーションが次第に募っていきます。

そしてINTJが下す直感的な決断に対し、周囲がその度に説明を求めるようになると、INTJは遂に怒りを爆発させ、周囲と対立するようになるでしょう。

もし、可能であるのであれば。INTJの決断を尊重し、彼らが直感的に行動することを許可しましょう。INTJの直感は即座に言語化することができないだけで、その裏には無意識のうちに行われている深い洞察と鋭い分析が隠れています。彼らの直感を信じれば、彼らはきっと期待以上の成果をもたらしてくれるでしょう。

INTJに人間関係の向上や、仲間意識を強要しない

INTJを簡単に言い表すに相応しい言葉は「有能で孤高」というものです。

INTJは複雑で混沌とした状況や概念を、その優れた洞察眼で瞬時に理解し、その場に則した行動を取ることが出来ます。必要であれば他者の助力を求めますが、大抵の場合、INTJはたった一人でその全てを支障なく行えるのです。

そのためINTJは、自分の足を引っ張る他者を嫌います。手際が悪かったり、頑固で融通が利かない人物が傍にいると、INTJは苛立ちを禁じ得ないでしょう。

ですので可能であれば、INTJには単独で行える仕事を回してください。もしくはINTJに対して、相手の言い分を聞き、折り合いをつける努力をするようにと諭しましょう。

コミュニケーションスキルの成長

もしあなたがINTJである場合、下記のものを成長のために必要な道として考え、改善していくよう心掛けていきましょう。

INTJは優しい話し方や、飲み会を通した交流を頑張ってみる

あなたが何かに疑問を呈し、批評することは、呼吸をすることと同じぐらい普通のこと。ですが一方で、誰もが「不安要素を討伐するための議論」を健全であると考えるわけではないことを理解しておきましょう。問題の解決よりも、その場の雰囲気が穏やかであることを重視する人々も世の中にはいるのです。

なので、もし何かの議論をする必要がある場合。あなたが発言をするときには、場の空気を乱さず、そして誰も傷つけない穏やかな言葉、それでいて懸念や意図を明確に伝えられる巧妙な言葉を選ぶようにしましょう。そして粗を探すような批判ばかりではなく、将来を見据えた前向きな視点で、仮説を組み立てることを学びましょう。

それに加えて、同僚たちに励ましや前向きなフィードバックを提供することを学びましょう。感謝を伝えるEメールを送ったり、昼食を共にして助言をしたり等、そういった簡単に出来る小さな優しさは、積み重ねることで強固な絆を生み、仕事をしていく上で大いにあなたの役に立つでしょう。

INTJの強い点をどんどん、周りの人に共有する

あなたの頭の中には、常に膨大な数のアイディアが詰まっていて、そしてあなたはそのアイディアを一人で粛々と実行していくことでしょう。単独で何かを行うということは、誰にも煩わされないというメリットがあります。しかしその反面、マイナスに働く要素があまりにも多いということを、理解しておきましょう。

あなたの中には常に、深い洞察から生み出された素晴らしいアイディアがあります。それでいてあなたは、少しシャイです。つまり、あなたの頭の中にだけアイディアがあって、それが他者に伝わることがないのです。そしてあなたがアイディアに従い、一人で行動をすれば、周囲の人々はあなたに対して思うでしょう。身勝手だし何を考えているのかが分からない人物だ、と。

単独行動はとても気楽ですが、その一方で周囲の反感を買いかねません。ですのであなたは、あなたの頭の中にあるアイディアを共有することを学ぶ必要があります。

あなたにとっては不本意なことかもしれませんが、それがたとえまだ未成熟なアイディアだったとしても、同僚たちには積極的に自分の考えていることを共有していく努力をしましょう。そして共有していく中で、そのアイディアを焼き固めていってください。

アイディアを固めていくそのプロセスに他者が入ることにより、あなたには新たな視点が与えられ、別の可能性が見えてくることもあるでしょう。そして他者がプロセスに介入していたほうが、アイディアはその後スムーズに、より多くの人々から承認を得られるようになります。

アイデアを共有する際には、具体的な証拠とデータを提示しましょう

あなたは多くのことを直感で決めてしまいがちですが、多くの人々はそうではありません。あなたの下した決定に対し、人々がその決定に至った理由や、その際に参考にした詳細なデータ、証拠の開示を求めるのは、ごく普通の反応です。

あなたのように察しの良い人物は、世の中にはあまり多くありません。なので他者から助力を得るには、まず彼らを納得させて彼らの理解を得る必要があります。

あなたにとって、直感に裏付けを取る行為は面倒以外の何物でもないでしょう。しかし、それは助力を得るためには必要なことであり、あなたが成功を収めるための最短ルートであるといえます。

INTJは不調な人や変人にも寛容になるべき

誰もがあなたのように優秀であるわけではありません。あなたのようなスピーディな思考を出来る人というのは限られていますし、あなたほど手際が良い人は稀ですし、誰もがあなたのように仕事と私生活を完璧に分けられるわけではありません。

あなたにとって、他者のペースに合わせるということは苦痛でしかないでしょう。ですがあなたは、それをする必要があります。その為には、苛立ちをグッと我慢する忍耐を身に着けなければなりません。

無駄とも思える同僚たちの世間話にも耳を貸して、協調する力を磨くとともに、忍耐力も鍛えましょう。

そして議論の場では結論を急がず、時間をかけて丁寧に話し合いましょう。誰もが自由に思ったことを回答できるような、ブレインストーミングを採用し、より多くの人々の異なる意見を共有できる環境も整えましょう。それはあなたの忍耐力を鍛えるとともに、あなたに新たな視点を与えてくれることになるかもしれません。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。