MBTI

ISFPと他タイプの相性や人間関係

ISFPの人間関係

ISFPは穏やかな性格であり、人とのコミュニケーションの中にも思いやりがあり、周りの人を受け入れる優しい聞き手タイプであることが多いでしょう。ISFPは協調性もあり、周りの人に協力的です。注目を浴びることはあまり得意ではなく、少し繊細なところを持っています。

しかし、ISFPは衝突や対立は好まずに、対立しそうになった場合には自分の意見を下げる傾向にあるでしょう。そのため、都合よく人に使われてしまうこともあるでしょう。

友達や恋人としてのISFP

ISFPが恋人や友達である場合には、ISFPは恋人や友達に対して忠実なタイプであり、我慢強いタイプながら、気楽なタイプでしょう。ISFPは周りの友達や恋人のニーズを敏感に嗅ぎわけることができる、思いやりを持っていることでしょう。表情が豊かなISFPですが、世話焼きなところもあります。

ISFPは周りの人と調和すること、協調性を重んじているので、対立や衝突に巻き込まれてしまうことには消極的なところがあります。ISFPは自己主張することは苦手ですので、自身の怒りを相手に伝えることは苦手かもしれません。ISFPは協力的なタイプですので、周りの人をサポートしたり、困っている人を助けるようなシーンで心強い味方になるでしょう。

ISFPは我慢強く、打たれ強さを持っており、どんな環境下でも柔軟に適応することができます。ISFPは周りの人と共に生き、周りの人と共に楽しむことが好きなタイプです。ISFPは自身の感情表現をするために、関係性を深めなければならないので、ISFPの友人や恋人は、ISFPの親切さ、器用さを評価する必要があるでしょう。

両親としてのISFP

両親としてのISFPは思いやりがあり、暖かく、そして子供や家族の求めているニーズに敏感な親になる可能性が高いでしょう。ISFPは、家庭が快適であり、安定的であることに対して喜びを感じていることでしょう。ISFPの親は子供の教育に対しても楽しんでいるのですが、子供に対してあれこれ世話をするおかげで、働きすぎになってしまったり、疲れ果ててしまうことがあるでしょう。

ISFPの両親は平穏であり、注意することが難しかったり複雑な問題に巻き込まれた際に対応できなくなる可能性があるでしょう。ISFPは目立つことはないですが、深く家族に対しても忠誠心を持っており、家族の絆を大切にしており、子供も熱心に育てるでしょう。

ISFPと他のタイプの相性

ISFPと相性のいいタイプ

ISFPと最も相性の良いタイプは、ESFP、ISFP、ENTJ、INTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、根本の価値観や思想が似てるので、最終的な結果が似ている傾向にあります。持っている世界観が近いことから、この4タイプは親密になる可能性が最も高いと言えます。ISFPにとって、ESFPやISFPは親近感を感じたり、一早く共通点を見つけることができます。

ISFPと反対のように思えるENTJやINTJは情報の受け取り方、情報の使い方が異なります。その為、対立関係にあるかと思えるでしょう。しかし、結果として、導かれる先が一致することから、共通点に気づくことができれば、一気に親密な関係へと導かれることでしょう。

ISFPと場合による関係のタイプ

ISFPと場合による関係のタイプは、ESTP、ISTP、ENFJ、INFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、根本的な価値観が似ていることが多いです。そのため、近づきやすさはあるでしょう。しかし、少しだけ価値観が異なる部分を持っており、その違いを魅力とするか、苦手と感じるかで、異なってくるでしょう。

持っている異なる部分から衝突を起こす可能性があるタイプですが、距離を近づけることが容易に感じるでしょう。異なる価値観をどう捉えるかが関係を分けるでしょう。

ISFPと補完関係

ISFPと補完関係にあるタイプは、ENFP、INFP、ESTJ、ISTJの4タイプになります。

この4タイプは、価値観や哲学的立場と対極的な立場です。距離を感じていたり、対立していることもあるタイプではありますが、その一方で、共通点もあります。ISFPは自身を主観的に考えますが、これらの4タイプも同様に自身の立場を主観的に考えます。

近い共通点を持ちながら、対極的な立場を取っているタイプのために、自身の価値観を広げてくれる素敵な関係にもなるでしょう。

ISFPと対立的な関係

ISFPと対立関係にあるタイプは、INTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、自身の価値観や考え方、思想が正反対であり、対立や衝突が起こる可能性の高いタイプです。正反対の価値観ともいえるこれらのタイプは、理解のしにくさを感じるでしょう。正反対ですので、学ぶことが多いタイプでもあります。豊かな価値観を形成する上では対立関係タイプから学ぶと良いかもしれません。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。