MBTI

【MBTI】16タイプ別話の伝え方について(外向型編)

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

心理学者で活字学者のリンダ・ベレンスによると、それぞれの性格は、対話型の4つの集まりのうちの1つに属するそうです。これらの対話型の「集まり」は、私たちがどうやって自然に組織化され、どのように支援するかを指導してくれます。これらの4つの集まりを以下のようなものになります。

内密に物事を進める対話型(INFP、INTP、ISFJ、ISFPから成る)
進路の計画を立てる対話型(INFJ、INTJ、ISTJ、ISTPから成る)

物事を進める対話型(ENFP、ESFP、ENTP、ESFJから成る)
物事を担当する対話型(ENFJ、ENTJ、ESTJ、ESTPから成る)

ENFJ、ENTJ、ESTJ、ESTPとの対話

ENFJ、ENTJ、ESTJ、ESTPは、「物事を担当する」対話型に属します。この集まりの人々は活動力があり、物事を操作している存在です。「物事を担当する」対話型は、物事を成し遂げ、達成可能な目標を好みます。この対話型の人々は、自分自身や他人の仕事、行動の準備をします。彼らは目当てを成し遂げるための指南、実行、資源に人を動員します。彼らは効率が良くない方法を知り、望む結果の妨げになる問題を修正します。

ENFJとの対話

温厚で先見の明があるENFJは、4つの「物事を担当する」性格の型の中で一番他人を優先します。彼らは人々に行動させ、個人の成長と可能性を議論します。彼らは現在や過去より未来に集中しています。

ENTJとの対話

決断力と洞察力のあるENTJは、目当てを成し遂げるために懸命に働きます。彼らは比喩を使って話すことがあり、独創的に考え、野心を持つ性質の人が好きです。彼らは現在や過去よりも未来に集中します。

ESTJとの対話

現実的なESTJは、事実に注目し、順を追って物事を話し合います。彼らは細かな部分に着目する傾向があり、注意深い性質を持っています。彼らは過去が現在と未来にどう影響を及ぼすかに注目しています。

ESTPとの対話

知性があり、自信家のESTPは、運命を左右するような状況で臨機応変に対応できるかを重要視しています。彼らは組織を率いて、活動し、周囲の状況に従います。おしゃべりと洒落が好きで、冗談も楽しんでいます。4つの「物事を担当する」の性格の型の中で、ESTPは現在の状況に一番上手く順応しています。

これらの4つの性格の型との対話のための手掛かり

「こんにちは」と言うときは、心を込めて言ってください。
まっすぐ目を合わせるようにします。
自信を持って話しかけてください。
あなたの望みとあなたがなぜこの場にいるのかを述べてください。
情報を得るときは、事務的に話してください。
物事を解説するときは、目標に着目してください。
提案や着想を話すときは、理由も述べてください。
あなたの考えを伝えるときは、重要な部分だけを話すようにしてください。
共同で仕事をしているときは、効率的に行ってください。
この対話型の人からの質問で、答えが不明な場合は、すぐに答えを得られると伝えて安心させてください。
主題と無関係な話をしゃべり続けないでください。
彼らの言葉の真意が分かる場合には、他の意味を推測したり、曲解したりしないでください。彼らにとって、それは時間の無駄です。
話が漠然としていたり、優柔不断な態度をとったり、物事を延長したりしないでください。
これらの型の人は、重圧がかかると威勢が良い性格になることを分かってください。物事がきちんと進行していることを確かめ、明るい気分にするために洒落を言います。
あなたが「さようなら」と言うとき、彼らの時間を重んじて、不快な気分にさせないでください。職場で親しくなった場合は、仕事は順調に進むものだと教えてください。
ENFJは、「さようなら」と言うとき、温厚な口調になります。

ENFP、ENTP、ESFJ、ESFPとの会話

ENFP、ENTP、ESFJ、ESFPには、「物事を進める」という対話型があります。これは、人々を説き伏せ、体験させることです。彼らは活動力があり、会話を楽しんでいます。彼らは豊かな表現力で会話に参加し、着想と計画の入れ換えをします。彼らは、人々に対し、行動して可能性や選択肢を探すように促します。意思決定のために、全員が声を上げることを願い、全員が積極的に楽しむことを望んでいます。この対話型の人は、他の人が欲しているものが分かります。彼らは質問して、他人の欲しいものを明らかにするのが得意です。彼らは、変動が激しい人生を学びのための体験だと思っています。

ENFPとの対話

これらの型の人は、物事を仮定し、推測を立て、あることをひらめくことができます。彼らはいつも心を開いた状態で、抽象的な会話や話題を楽しんでいます。彼らは無作為な順番で過去、現在、未来に集中しています。

ESFPとの対話

これらの型の人は、周囲の世界を実際に経験し、探求し、周りの人と対話するのが好きです。彼らは、物事に参加することを楽しむ「行為者」です。彼らは、活動的な話と信憑性のある話を楽しんでいます。そして、未来や過去より現在に集中しています。

ENTPとの対話

これらの型の人は、「未来はどうなりますか?」と尋ね、未来の可能性について予測するのを好みます。彼らは、他の3つの型より、論理と客観的な基準に注目して結論を出す可能性が高いです。彼らは考えを分解し、あらゆる可能性を探求します。これらの型の人は、無作為な順番で過去、現在、未来に集中します。

ESFJとの対話

これらの型は温厚で世話好きです。彼らは集まりの全員が世話をされ、参加することを確かめたいのです。彼らは他の3つの型より、組織的になります。彼らの型は、伝統的で役立つ情報を知っています。これらの型は、過去と現在をどう発展させるかを考えるために、その情報を使い、最初に過去に集中します。

これらの4つの性格の型との対話の手掛かり

挨拶するときは微笑を浮かべ、目を合わせます。
身振り手振りを加え、親しみやすく、積極的な態度で会話をするようにします。
自由に答えられる質問をして、返ってきた答えに対して、こちらも返事をします。
ENTPとENFPを使い、友好的な討論をするようにしてください。その討論を当てつけと思わないでください。
事柄を解説するときは、重要な点を教え、質問に時間をたくさんかけます。
共同で事業をしている場合は、雰囲気を良くし、あなたが気になっていることを伝えるために、共通の趣味を話題にしてください。
質問に答えたり、反応をもらったりするときは、彼らが話を逸らしても大目に見てあげてください。そして、「口に出して考える」ようにしてください。
事柄を解説するときに、個人の事例を話してください。
物事を決めるように圧力をかける前に、彼らに選択肢を考えさせます。
あなたが彼らを説き伏せようとするなら、興味深い要素を示して納得させてください。
あなたが「さよなら」と言うときは、優しく告げてください。温厚さを見せるようにしてください。
この性質を持つ人々は緊張しているとき、緊張をやわらげるために洒落を言うことがあります。
これらの型の人に圧力がかかると、声量が大きくなり、さまざまな表情をする傾向があります。あまりに圧力がかかると、完全に心を閉ざしてしまいます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。