MBTI

【MBTI】INFPのトラウマとその克服法について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

心的外傷を経験した人は、誰もが自分なりの方法で対処し、克服しています。もちろん、他者からの助けが必要な場合もあります。また、重度の心的外傷の場合は、克服するために治療を必要とすることもあります。心的外傷には非常に多くの種類があり、時には、実際に心的外傷に近い経験をしても、とても微妙な症状のためにほとんど気づかないこともあります。

特に、自分自身の気分を落ち込ませている心的外傷にまだ引きずられている時は、気づくのが難しくなります。心的外傷は、長期にわたり行動にマイナスの影響を及ぼすことがあり、そのために特定の人格タイプの人は特に本来の人格とはかけ離れた振る舞いをする場合があります。従って、心的外傷が人柄を変えてしまったり行動を変えてしまう様々な原因を理解することがとても重要になります。

INFPの人々にとって、特に感情的な心的外傷以外のあらゆる種類の心的外傷は、克服するのが特に難しいことがあります。彼らは、彼ら自身の深層心理に潜むその原因を感じとり、過去の心的外傷を本当に理解して克服しようと苦労します。それでも、彼らは感情を素直に受け入れようと最善を尽くします。

INFPの人々は、物事を先延ばしにしたり、表面的イメージを取り繕うために何でもないふりをするのが好きではないのです。INFPの人々にとって、この心的外傷は様々な原因で生じる可能性があります。しばしば、彼らは、忍耐力に頼るところがあります。もし、彼らがそれに対処するのを受け入れるか、単に認めようとするならば、何か心的外傷的なものを忘れ去るでしょう。もし、心的外傷が適切に対処されないと、INFPの人々は、むしろ長期間さもなければ短期間の日常で、あたかも自分達の影の中に存在するかのように振る舞うようになります。これらの経験や過去の傷に対処しないと、最も個性的な人格が勝手気ままに振る舞ったり、誤った言動を引き起こすようになります。

INFP幼少期の心的外傷

幼少期の心的外傷に対処するのは、INFPの人々にとって本当に難しい場合があります。これは、彼らがこのことに対処しなければならないことを認識するのがより困難だからです。ただし、INFPの人々がすでに強い自己意識を身につけていると、心的外傷の体験を克服して前へ進むことが容易になります。

彼ら自身の考えや感覚に何年も慣れ親しんだ後に自分達がどんな存在なのかを知ることで、INFPの人々は、自分達が本来の姿ではない世界に存在することを受け入れる下地ができやすくなるからです。一方で、幼少期の心的外傷が実際にINFPの人々の性格や行動を変え、誤った言動を引き起こす可能性さえあります。彼らがどのような存在なのかという自意識や彼らの道徳観が形成される時期に生じた幼少期の心的外傷はINFPの人々を強く打ちのめします。そして、彼らは、自分自身の存在意義を本当に理解するのが難しくなります。それでも彼らは、少しでも解放された彼ら自身の理解者になることができます。

心的外傷がどのようにINFPの人々を変えるか

心的外傷は、彼らを彼らの影に追い込んで、ほとんど彼ら自身の異なる理解のもとで生き続けることで、INFPの人々に影響を加えます。INFPの人々は、事実やその詳細を探ろうとしたり要領よく生きようとして、残酷で批判的になることがあります。彼らは他人に対して批判的に見えるかもしれません。また、彼らが自分たちの人生においてどのように良く生きるかを絶えず自覚するかもしれません。

INFPの人々は、こうした理解で物事をそれほど平穏で前向きに見ているのではなく、他人がどのように改善する必要があるか、そしてどのように生活の効率性に欠けているかを見つめています。彼らは人々を不道徳だと見なし始めるかもしれませんが、これが何を意味するかについて歪められた見方をしているのかもしれません。これは、幼少期の心的外傷を経験したINFPの人々にとって、自分の道徳観が本来正しく養われていないことに気付くので、特殊なケースです。

INFPの人々は、外向的な人として振る舞いさえするかもしれません。そして、他の人から絶えず確認を求め、彼らの問題に対する答えを見つける方法を探しています。心的外傷に耐えると、彼らは本来備わっている支配的人格の機能よりも他の人格機能を生かすようになり、INFPの人々に混乱を及ぼす内なる要因を無視するために、その内向的感情(Fi)を脇に押し出します。これは、INFPの人々が多くの異なる理解で振る舞うこと引き起こします。そして、美しさと可能性に満ちた世界を見る人として、もの分かりがよく敏感なINFPの人々が真に理解されることはめったにありません。これは、INFPの人々がこのような人ではないという意味ではなく、彼らの心的外傷が彼らを保護のベールに包み込むことを意味します。

心的外傷に対処するINFPの人々

INFPの人々が心的外傷に対処する最良の方法は、それを認めた上で意識的に成長し進歩するため方法を見つけることです。INFPの人々は、世界に変化をもたらすことができるため、類似の経験を通じて他の人を助ける方法を見つけ出すことは、彼らにとっても極めて好ましい手段になります。

ひとたび彼らが、彼ら自身の心的外傷を克服するために十分な時間をかけて、自分という存在が何者かを自分自身に反映させると、癒しが始まります。この心的外傷を追体験し、自分自身を責めることなくそれを受け入れる方法を見つけることは誰にとっても容易ではなく、INFPの人々にとっては特に難しいことです。彼らはしばしば深刻な罪悪感を有し、過去にどんなことが起こったのかについて自分自身を責め続けます。

INFPの人々にとって、深刻な心的外傷が発生した後、(しばしば専門的な)他者に助けを求めることが重要です。彼らは、INFPの人々の経験を記録する時間を取るだけでなく、彼らを本当に助けます。彼らは時間を長くかけて、INFPの人々の性格を分析し、彼らの気持ちを理解するのに手馴れています。

一旦INFPの人々が過去の辛い体験をを悲しみ、受け入れる時間を持てれば、彼らはより思いやりがあって理解のある人に向かって前進し始めることができます。他人を助け、この心的外傷を利用して世界に変化をもたらすことは、正直なところ、INFPの人々を癒して前進させるための最良の方法の一つです。一度、彼らがこれを行うと、彼らは本当の自分を認識できるようになり、より安定して調和の取れた人格を形成することができます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。